クレーターの種類と治療法と難易度ランキング!アイスピック型<ボックスカー型<<<ローリング型の凹凸

クレーターの種類と治療法と難易度ランキング!アイスピック型<ボックスカー型<<<ローリング型の凹凸

クレーターの種類と、それぞれに対する治療方法をご紹介します。

クレーター肌を治療する前に大事なのは、自分にはどんなクレーターのタイプがあるかを理解することです。

クレーター肌にも、形状によって種類がありますし、種類によって治療方法が違うのです。効果がないことにお金をかけても無駄になるだけなので、注意してください。

この記事では、2年以上クレーター治療をしてきたわたしが考える「クレーターの種類と治療について」を掘り下げて話していこうと思います。

Youtubeでも紹介しています↓(少し前の動画です。情報自体は、ブログの方が新しいです)

凹凸クレーター(ニキビ跡)の種類とは?アイスピック型・ローリング型・ボックスカー型の定義

美容皮膚科のホームページを見ている方は馴染みがあるかもしれませんが、クレーターの種類は主にこちらの3つです。

  • アイスピック型
  • ボックスカー型
  • ローリング型

です。

クレーター(ニキビ跡)は、数の分だけ形状が違います。しかし、こういう風に大まかにですが形状で分けられます。

それでは、クレーターの種類を画像を通してみていきます。

アイスピック型クレーターとは?

面積が狭く、広くて深い毛穴みたいなクレーター。細くて深い、奥行きがあるようなクレーターです。

勘違いされがちなのは、アイスピック型は本当に細い傷跡のことを指します。これが、もう少し幅のあるものになるとボックスカー型と呼ばれます。

TCA CROSSなどで効果があるといわれていますが、実際にわたしが試して効果があったのは、本当に細い凹凸だけでした。あとで、詳しく説明します。

アイスピック型クレーター

アイスピック型クレーター

MEMO
上の写真のように、細かいニキビ跡の凹凸をアイスピック型クレーターと呼びます。

ボックスカー型クレーターとは?

ボックスカー型のクレーターとは、アイスピック型の集合体といわれ、広くて深いクレーターのことです。

広くて深いものなので、クレーター肌の中でも最悪と思われがちですが、レーザーやダーマペンでもある程度治療可能です。

下の写真の左下にあるような凹凸が、ボックスカー型です。アイスピック型がさらに幅広になった凹凸です。

ボックスカー型クレーター

ボックスカー型クレーター

ローリング型クレーターとは?

ローリング型クレーターとは、皮膚の表面が波打っているようなクレーター。見え方としてはニコッと笑った時に、皮膚が引っ張られるような感じです。

画像であるように、べこっと全体的に凹んでいるような、肌のボリュームが消失しているようなものがローリング型クレーターです。

ローリング型クレーター

ローリング型クレーター

初めに、言っておきます。このローリング型クレーターが一番治療するには難しいクレーターです。

アイスピック型やボックスカー型は、ローリング型と比べてそこまで深くないものが多いです。それこそ、ダーマペンやフラクショナルレーザーでも改善します。

しかし、ローリング型クレーターはレーザーやダーマペンでは治すのは困難です。サブシジョンなど、外科的な手術が必要になります。

アイスピック型クレーター肌治療にはTCA CROSSが効果的?

一般的に、海外でもアイスピック型のクレーターに一番効くと言われているのはTCA CROSSです。

色素沈着の肌

TCA CROSSによるかさぶた

TCA CROSSを使うのであれば、ほんとに少量だけを爪楊枝でピンポイントに塗る必要があります。

美容皮膚科でもセルフでも使うのは、同じ液体であり、使うのも爪楊枝です。(注射針を使う医師もいる)なので、セルフでも一応可能な方法ではあります。

しかし、セルフで行うとなると、量の調整が難しいのと、そもそもどの凹みがアイスピック型なのかわからないのが実情です。

また、アジア人の肌には強く色素沈着が残るので、美容皮膚科でもTCA CROSSを使わない医師もいるそうです。個人輸入で購入はできますが、オススメはしません。

注意
TCA CROSSは色素沈着ができるといった「副作用が非常に強い劇薬」なので、わたし自身はあまり推奨することはできません。

Youtubeチャンネルでも以前、実践して紹介しました↓


アイスピック型のクレーター肌にTCA CROSSを試すのもひとつの選択肢ではありますが、アジア人にとって色素沈着が残りやすいこともあり、代わりの方法としてはダーマペンやレーザー治療があげられます。

実際に、アイスピック型のクレーター肌は範囲が狭いので、わりと治りやすい凹凸でもあります。深い毛穴と捉えることもできます。

ダーマペンやレーザーを数回重ねれば、徐々に改善できるものだと思います。ニキビ跡による小さなぽつぽつは、セルフダーマペンなどで治療可能です。

アイスピック型クレーター肌

ボックスカー型クレーターの治療方法

ボックスカー型クレーター肌は、大きくて幅広なクレーター肌なので治療が困難だと思われがちです。

しかし、ボックスカー型はダーマペンやレーザーで治療できますし、逆にダーマペンやレーザーがもっとも効果的だといわれています。

アイスピック型のクレーター肌に有効だといわれるTCA CROSSも、ボックスカー型に効果的です。

しかし、クレーターの幅が広いと、量が増えてしまうので色素沈着が残りやすくなります。長くて、半年ほど色素沈着したこともあります。

ボックスカー型のクレーター肌には外科的な手術もほとんど必要ではありません。ダーマペンやレーザーで回数を重ねて徐々に治していくことができます。

ボックスカー型のクレーター肌

つまり、アイスピック型やボックスカー型のクレーター肌はダーマペンやフラクショナルレーザーだけでも治療が可能なのです。

実際に試してみないとわからないのも事実ではありますが、アイスピック型やボックスカー型のクレーター肌まではダーマペンを使ってセルフでも治療可能なのです。

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンで凸凹ニキビ跡が治った!? 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

ローリング型クレーター肌の治療は難しい

しかし、もっとも深さのある凹凸=ローリング型クレーターはなかなかダーマペンでも治りが見られませんでした。そこで、サブシジョンをして凹凸の謎が解けました。

ローリング型のクレーター肌というのは、ニキビ跡により生まれた繊維が凹みを下に引っ張っている状態です。

「レーザーでもダーマペンなど、どんな治療をしてもなかなかクレーターがよくならない」というのは、それは繊維によって引っ張られているからです。

そこで、ローリング型クレーター肌には、サブシジョンなどの外科手術が必要になります。繊維を切らないことには凹みは治りません。

サブシジョンでクレーター肌を治す

サブシジョンでクレーター肌を治す

サブシジョンをすることで凹みは改善できますが、表面の傷は治りません。なので、外科手術の後もレーザーやダーマペンで傷跡をキレイにする必要があります。

実際に海外のYouTubeなどで見ていると、ローリング型のクレーター肌は、まずサブシジョンでグサッと切った後、さらにダーマペンやレーザーで治療しています。

ここで気を付けてほしいのは、

  • 真皮層のさらに奥、皮下組織まで傷跡が深いとサブシジョンでも治らない
  • ローリング型以外のクレーター肌にサブシジョンをすると、逆に肌を傷つけることになる

です。

真皮層のさらに下には、皮下組織があります。ここまでニキビ跡が深いと、もうサブシジョンなどの外科手術でも治りません。

ヒアルロン酸注射や皮膚移植など、さらに踏み込んだ処置が必要となります。ここまでいくと、副作用もさらに大きいことが予想される+金額も高くなるでしょう。

また、サブシジョンも副作用があります。ダーマペンやレーザーと比べて、皮膚の中まで針を通す作業なので、副作用も強いです。肌の内部に、しこりができます。

なので、ローリング型以外のクレーター、アイスピック型やボックスカー型の凹凸には、サブシジョンはしてはいけません。改善もされなければ、副作用だけが残ります。

しかし、自分の肌にあるものがどんな種類のクレーターなのかわかりにくいです。

なので、ダーマペンやレーザーなど比較的安価で副作用の弱いものから試していくことをオススメします。

まずはダーマペンやレーザーなどで表面のクレーターをキレイにすることです。回数を重ねていけば、徐々によくなっていくでしょう。

それでも、治らないクレーターが出てきたら、クリニックで相談してみてください。わたしでよければ、ブログのコメント欄にてどんな治療法がいいか回答します。

2 Comments

ちい

はじめまして。
軽度ですがクレーターが気になり人前ですっぴんで過ごせず悩んでいます。数年前からキヨキヨさんのYouTubeを拝見させて頂いております。

家に居る時間が増えたため、念願のダーマペンを始めようと考えておりますが、MyMとDr.penのどちらが良いか悩んでいます、、針で刺す際に極力肌へのダメージが少なく、改善効果の高い物を教えて頂けませんでしょうか。
よろしくお願いします。

返信する
kiyo2blog

mymもdr.penの一種なんです。なので、mymとdr.penのどちらがいいか・・・と言われても両方ともdr.penなんです!
mymでも十分に効果があります。ダーマペンによって、そこまで大きく差はない、というのがぼくの意見です。
また、初期dr.penであればmymのほうがいいです。おそらく、ちいさんが言っているのは初期dr.penのことだと思います。
ただ、最新のdr.penが手に入るなら、そっちのがいいです!海外から最新ダーマペンを輸入するのはとても難しいことですので。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です