トリアの激痛がラクサールクリームで軽くなった!髭脱毛で麻酔クリームと保冷剤の効果的な使い方とは?

レーザー脱毛器トリアに麻酔クリームは絶対必要!ヒゲ脱毛成功者が効果的な塗り方とコツを教えます。

トリアレーザー脱毛器で、ヒゲ脱毛を始めて10回目近くになりました。

1日2回剃っていたヒゲも今では、毎朝剃らなくなりました。トリアは、痛みは強いですが、セルフでもヒゲ脱毛ができる唯一の家庭用脱毛器です。

逆に言えば、痛みさえ抑えることができれば、クリニックで何十万とかかるお金を低予算で自宅でセルフでヒゲ脱毛が可能になります。

この記事では、トリアレーザー脱毛器レベル5でヒゲ脱毛を繰り返してきた私が、麻酔クリームの効果や使い方について解説します。

YouTubeでも麻酔クリームを塗った後のトリアでのセルフヒゲ脱毛の動画をアップロードしています。リアルな施術風景も見てみてください!

キヨキヨ


トリアのヒゲ脱毛で麻酔クリームは必要か?

レーザー脱毛器トリアでセルフ脱毛するにあたって、麻酔クリームはあったほうがいいです。

麻酔クリームはなくても、氷や保冷剤を使ってトリアを使うこともできます。また、トリアレーザー脱毛器はレベルを1から5まで変更可能なので、レベルを下げれば麻酔クリームなしでも施術することもできます。

しかし、ヒゲ脱毛は1回のレーザー脱毛で終わるわけではありません。何回も回数を重ねることで、徐々にヒゲが薄くなっていき、次第に髭剃りを行う回数も減っていきます。

なので、トリアレーザー脱毛器もできれば最大強度であるレベル5で行うことがオススメです。レベル強度が高ければ高いほど脱毛効果も高いので、施術回数も減るし、時間も節約できます。

レーザー脱毛器で麻酔クリームが必要なのは、1回での脱毛効果を高めることができるからです。威力が強いほど、脱毛が終わるまでも早いです。

正直、レベルを下げれば麻酔クリームなしでも耐えられます。

しかし、ヒゲ脱毛はダルさとの闘いでもあります。短期間に効果を最大化させるためにも麻酔クリームはオススメです。

キヨキヨ

トリアヒゲ脱毛での麻酔クリームの塗り方(使い方)とコツ

では、トリアレーザー脱毛器を使う前に麻酔クリームの塗り方を解説します。

順序としては、

  1. 麻酔クリームをたっぷり塗る
  2. クリームの上をラップをする
  3. 30分以上待つ
  4. 水で麻酔クリームを洗い流す

です。

ヒゲ脱毛前に麻酔クリームをたっぷり塗る

私は、セルフダーマペンでも麻酔クリームを使っていますが、はっきりってトリアのヒゲ脱毛の方が全然痛いです。

ダーマペンで顔中血だらけになるよりも、トリアのレベル5でヒゲ脱毛する方が痛みが強いです。(痛みが、施術後には残りませんが)

なので、ヒゲ脱毛する前は麻酔クリームをたっぷり塗りましょう。気持ち多めに塗ってください。

麻酔クリームはラップした方がいい

麻酔クリームを塗った後は、より麻酔の効果を高めるためにラップをします。

小さく切ったラップを貼ってあげるだけでも、だいぶ麻酔効き具合が違うので、ぜひ使ってほしいです。

ラップを使ったほうがより痛みを軽減できるので、サランラップでもクレラップでもダイソーのラップでも良いので使ってみてください。

トリア前に麻酔クリームをラップする

トリア前に麻酔クリームでラップする

トリアでヒゲ脱毛前に麻酔クリームは洗い流す?

麻酔クリームは、実際にヒゲ脱毛する前に洗い流したほうがいいと言われています。

理由として、麻酔クリームはその効果が強い分、副作用もあります。ずっと放置しておくと副作用の症状が出る可能性も高まります。

麻酔クリームを今まで何本も消費してきていますが、特に副作用を感じた事はありませんし、他のコメントや口コミでも何か副作用が出たと言う報告は聞いていません。

ただ、情報発信してる側として、安全性を考慮して水で洗い流すことを推奨しなくては行けない立場なのです。(ご了承ください)

私自身はというと・・・正直、トリアでヒゲ脱毛する時は麻酔クリームを水で流さずにそのまま施術しています。

ダーマペンの時は、皮膚の中に針が入るので、水で洗い流すことを強く勧めていますし私自身もそうしています。

しかし、トリアヒゲ脱毛の痛みは尋常ではないです。気持ちとしては、できれば麻酔の効果は持続させたいですよね。

あくまでも個人の意見なので、自分が安全だと思う方法を選択してください。

もちろん、脱毛後にはしっかりと麻酔クリームを水で洗い流しています。

キヨキヨ

トリアのヒゲ脱毛は氷(保冷剤)+麻酔クリームがベスト

トリアでヒゲ脱毛を成功させるには、とにかく痛みを抑えることが大事です。痛みさえなければ、やる気も起きるし、継続できます。

レベル5(MAX)でヒゲ脱毛をしていることもあり、氷・保冷剤と麻酔クリームを併用して痛みを極力抑えています。

保冷剤・氷と麻酔クリームを両方使うことで、かなり痛みを軽減できます。どちらかだけでなく、両方一緒に使うことがオススメです。

ちなみに、私は保冷剤ではなく氷派です。理由は、保冷剤は次第に冷却力が落ちてくるからです

氷の方が冷たいので、肌につけるのは辛いかもしれませんが、何とか耐えながらセルフ脱毛を頑張っています。(麻酔クリームが効いていると、氷の冷たさも和らげることができるます)

氷を直接手で触れるとかなり冷たいので、このようにタオルで氷を抑えながら肌を冷やしています。氷+麻酔クリームでヒゲ脱毛対策バッチリです。

トリアは氷を当てながら脱毛

氷や保冷剤は、トリアでヒゲ脱毛をするときは絶対に使った方がいいです。初めてトリアでヒゲ脱毛をしたときに、毛嚢炎や炎症が酷かったからです。

初めてトリアでヒゲ脱毛をした後の毛嚢炎

初めてトリアでヒゲ脱毛をした後の毛嚢炎

肌が慣れていないということもありますが、氷を使い始めてから脱毛後の炎症がずっと少なくなりました。

(上の画像ほど炎症が酷いのは、初めてトリアでヒゲ脱毛をしたときです。2回目からは、肌が慣れたのと氷のおかげでほぼなくなりました。)

脱毛器は熱を当てて毛根を破壊する仕組みなので、脱毛後には火傷のような炎症が起こってしまうこともあります。

なので、火傷した時と同じように氷で冷やしてあげると、脱毛後の炎症をずっと抑えることができるのです。

痛みを抑えると言う理由だけではなく、炎症抑えると言う点でも氷や保冷剤を脱毛中に使うのはオススメです。

キヨキヨ

麻酔クリームの保存方法

麻酔クリームの保存方法として、「凍結を避け、室温(30度以下)で保存」と記載してあります。

冷蔵庫に冷やしておくと言う意見も聞いたことがありますが、暗所に置いておけば室内保管で問題ありません。

もし使う前に、何か変色や違和感を感じた時は、そのクリームは使用せずに新しいものと交換しましょう。

キヨキヨ

トリアヒゲ脱毛で使っている麻酔クリーム『ラクサール』

 

セルフダーマペンにおける麻酔クリームの使い方も紹介しています!使っている麻酔クリームは同じものです。

セルフダーマペンで麻酔クリームを絶対に使うべき3つの理由!効果的な塗り方と注意点をシェアします。セルフダーマペンで麻酔クリーム (ラクサールクリーム) の効果的な使い方!+使用上の注意点について。

公式:トリアレーザー脱毛器

注意
公式HPで買うと製品保証が2年になるのでオススメです!(他で買うと1年)

トリアは公式の方が得点が付きますが楽天市場でも購入可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です