セルフでハーブピーリングする方法と使い方!セルフピーリングの効果とメリット・デメリット

セルフでハーブピーリングする方法!セルフピーリングの効果とメリット・デメリット

近年、自然由来の成分を使った美容法が注目を集めており、その中でも「セルフハーブピーリング」は人気を獲得しています。

ハーブピーリングは、天然由来の植物やハーブを使用して、肌の古い角質や汚れを取り除く美容法の一つです。

ケミカルピーリングよりも肌への負担が少なく、SNSを中心にエステサロンでのハーブピーリングが流行っています。

さらに、セルフでもできるハーブピーリングもできるようになりました。セルフハーブピーリングは、エステサロンに通わず、自宅でも手軽に行えるのが魅力の一つです。

セルフハーブピーリングを行うためには、正しい手順と注意点、使用後のスキンケア方法まで把握することが大切です。

この記事では、セルフハーブピーリングの基本的な使い方から、美容効果、メリット・デメリットまでを詳しく解説します。自宅で気軽に取り組める美容法を身につけ、健康で美しい肌を手に入れましょう。

わたしが使っているのは、ボタニカルピーリングパウダーのレベル7です。

セルフでのハーブピーリングの中では最も代表的で美容効果も高いです。無難に、こちらを使ってみることをおすすめします!

キヨキヨ

Youtubeでも体験レビューを紹介しました。

ハーブピーリングの美容効果とは?

まず、ハーブピーリングの美容効果について簡単に説明します。

美容効果は以下の通りです。

  1. ターンオーバー促進:古い角質を取り除くことで、新しい細胞の生成を促進し、肌の再生をサポートします。
  2. 皮脂バランスの調整:過剰な皮脂分泌を抑制し、皮脂バランスを整えることで、脂性肌やニキビの改善に効果的です。
  3. 色素沈着の軽減:メラニンの生成を抑制し、シミやくすみを軽減する効果があります。
  4. 保湿効果:植物由来の成分が肌に潤いを与え、乾燥肌を改善します。
  5. シワ・たるみの改善:コラーゲンやエラスチンの生成を促進し、シワやたるみを軽減する効果があります。
  6. 毛穴の引き締め:皮脂や汚れを取り除くことで、毛穴を引き締め、肌のテクスチャーを改善します。
  7. 炎症の緩和:抗炎症作用により、肌の炎症を和らげ、ニキビや赤みを軽減します。
  8. 透明感の向上:肌のターンオーバーを正常化することで、透明感のある明るい肌を促進します。
  9. 毛穴の詰まりの解消:皮脂や角質の詰まりを取り除くことで、毛穴のトラブルを改善します。
  10. 血行促進:ハーブの成分が血行を促進し、肌の血色を良くする効果があります。

このように、ハーブピーリングは万能的な美肌効果があるので人気が高いです。

肌に合う方は、ぜひ1回は試してほしい美容法です。毛穴も小さくなるし、肌全体のトーンアップにもつながります。

MEMO
ハーブピーリングは肌に刺激を与えずに古い角質を取り除くため、一般的なケミカルピーリングよりも肌への負担が少ないとされています。ケミカルピーリングよりも肌に優しいため、敏感肌の方にも適しています。

セルフハーブピーリングのメリット・デメリット

では、「セルフハーブピーリングのメリット・デメリット」について詳しく解説します。

セルフハーブピーリングのメリット

  1. 自宅で手軽に行える… セルフハーブピーリングは、専門家の施術が不要なため、自宅で手軽に行うことができます。美容サロンに行く必要がなく、忙しい人にも適しています。
  2. 値段が安くできる…セルフハーブピーリングの1番のメリットは価格です。エステサロンで行えばキャンペーンでも数万円はします。セルフピーリングは1つ5000円もしません。
  3. セルフハーブピーリング剤は様々な種類があり、肌の状態や目的に合わせて選ぶことができます。自分に合ったピーリング剤を選ぶことで、より効果的なケアが可能です。
やはり、一番の大きなメリットは値段です。実際に、先ほど紹介したボタニカルピーリングを使っているサロンも多いです。

Amazonや楽天では5000円しませんが、施術料として同じものでも数倍の値段になります。店舗の家賃代、原価費、人件費などもかかるからです。

キヨキヨ

セルフハーブピーリングのデメリット

  1. 注意が必要な成分もある… ハーブピーリングにも肌に合わない成分が含まれることがあります。特に敏感肌の方は注意が必要であり、事前にアレルギー反応のテストを行うことをおすすめします。
  2. 誤った方法で行うと肌トラブルの原因になる…セルフハーブピーリングの手順や頻度を誤ると、肌トラブルの原因になることがあります。過度な刺激や頻繁な使用は避け、適切な順番で正しく行うことが重要です。

ハーブピーリングのデメリットは、セルフで行う手間と使い方を間違えるリスクです。

しかし、ハーブピーリングを行うのは医療クリニックではなくエステサロンなので、専門家に任せたからと言って大きく安全を担保できるわけではありません。

仮に、何か肌に異変があっても、最終的に必要なのはエステティシャンの助言ではなく、皮膚科医の診察だからです。

説明書をきちんと読んで使い方さえ間違えなければ、セルフハーブピーリングでも問題ないと思います。事前に肌に合うかどうかのパッチテストは欠かさずしてください。

キヨキヨ

メラケアフォルテクリーム経過報告

ハーブピーリングのビフォーアフター

セルフハーブピーリングの使い方と順番

では、セルフハーブピーリングの使い方と順番を解説します。

今回紹介するのは、一番代表的であるボタニカルピーリングパウダーのレベル7です。

使い方は、

  1. 洗顔し肌を清潔な状態にします。
  2. 小皿などにボタニカルベースジェルとボタニカルピーリングパウダーを入れ、ペースト状になるまで混ぜます。
  3. ペーストを肌に塗布し、 5分ほどやさしく擦り込みます。
  4. 軽く洗い流し、よく保湿してください。
  5.  使用後、 数日は肌が乾燥しやすいのでよく保湿と紫外線対策をしてください。

と、記載があります。

ボタニカルベースジェルとボタニカルピーリングパウダーを混ぜますが、そこまで大変な作業ではありません。混ぜるだけなので、失敗するリスクもほとんどありません。

セルフハーブピーリング

混ぜると亀の水槽みたいな臭いがする

 それを満遍なく顔に塗ります。保存はできないので、1回で全て使い切ってください。わたしは首にも塗っています。

セルフハーブピーリング

ハーブを顔に満遍なく塗る

大切なのは、

  • 事前に洗顔で肌を清潔にしておくこと
  • ボタニカルピーリングパウダーをしっかりと洗い流すこと
  • 使用後に保湿と紫外線対策をすること

です。

セルフハーブピーリングは決して難しいものではありません。その後の保湿・紫外線対策をより重点的に行なってください。

動画でもっとわかりやすく見たい方は、冒頭のYoutube動画をご覧ください。

セルフハーブピーリングの使い方と順番

セルフハーブピーリングの使い方と順番

セルフハーブピーリング後のスキンケア方法

最後に、ハーブピーリング使用後のスキンケアは徹底するようにしてください!

ケミカルピーリングは美容効果は高いものの、肌の表面を破壊する行為でもあります。肌が傷つきやすい状態になっています。

逆に、スキンケアさえ徹底すればハーブピーリングの美容効果を存分にできます。ピーリングとその後のスキンケアはセットだと理解しましょう。

順番としては、

  1. 優しく洗顔:ハーブピーリング後は、肌がデリケートになっているため、洗顔は優しく行いましょう。
  2. 保湿ケア:ハーブピーリングによって肌の水分が失われるので、保湿ケアを重視します。
  3. 日焼け止めを塗る:ハーブピーリング後は肌が敏感になっているため、日焼け止めを塗ることが大切です。

です。

この中でも、保湿が特に重要です。肌を乾燥させないことによって、ピーリングの効果をより感じられるはずです。

おすすめのスキンケア方法は、

  1. 化粧水を塗る
  2. 成長因子を塗る
  3. オイルで保湿する

の順番です。

シミ・色素沈着予防として、化粧水はビタミンC配合のものがおすすめです。その中でも、保湿力が高く刺激の少ないドクターシーラボのVC100ローションが一番おすすめです。

ドクターシーラボVC100ローション

次に、成長因子のヒトプラセンタジェルを肌全体に塗っていきます。

ハーブピーリングをした後には、必ず「プラセンタジェル」を使っています。ダーマペン後に塗ることで人気がありますが、ハーブピーリング後にも最適です。

ピーリングで傷ついた肌の修復を早めてくれるのと、プラセンタだけでも万能的な美容効果があります。ニキビ跡・色素沈着の改善としても効果的です。

値段も高くないので、まずは一本お試しに利用してみて下さい。そこらへんの美容液の何倍もの価値があります。

5本以上買う場合は、こちらのサイトがお得です→プラセンタジェル

ヒトプラセンタジェルのクレーター肌・ニキビ跡への効果と使い方!ヒトプラセンタジェルのクレーター肌・ニキビ跡への効果と使い方!素晴らしい美容効果について。

ヒトプラセンタジェルを肌に塗る

ヒトプラセンタジェルを肌全体にたっぷり塗る場合は、化粧水は不要です。無理に、化粧水を塗らなくても大丈夫です。

キヨキヨ

敏感肌用の化粧水がない場合は、無理に塗らなくても大丈夫ですが、成長因子は肌の基盤を整えてくれるのでピーリング後にオススメです。

スキンケアの最後に、オイルやクリームでの保湿は必須です。

その中でも、ホホバオイルは保湿力も高く、ニキビの原因になるアクネ菌もつくらないのでオススメです。

ホホバオイルでも、未精製のゴールデンホホバオイルは栄養が豊富で長年愛用しています。

ケミカルピーリングの後に、「プラセンタジェル+ホホバオイル」を塗ると、肌がプルプルになります。

ゴールデンホホバオイルとダーマペン

ゴールデンホホバオイル

顔だけではなく首もピーリングしたので、保湿を忘れないでください!

しっかり、美容液・美容オイルを顔だけでなく施術した部位全体に塗ってあげてください。

キヨキヨ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です