トレチノイン・ハイドロキノンの効果と安全な使い方!美容万能アンチエイジング成分の注意点

トレチノイン・ハイドロキノンの効果と安全な使い方!美容万能アンチエイジング成分の注意点
キヨキヨ

どうも、キヨキヨです。

今日はハイドロキノンやトレチノインなどの美容成分が入ったクリームを使ってみて、実際ぼくが感じた効果や感想をまとめようと思います。

今までハイドロキノンやトレチノインの記事は出してきましたが、前回の記事でも紹介した「メラケアフォルテクリーム」には強いステロイド剤が含まれています。

メラケアフォルテの効果(ハイドロキノンとトレチノイン)

メラケアフォルテの効果がヤバすぎ!シミ・色素沈着・そばかすにはハイドロキノンとトレチノインの組み合わせが一番です(危険性と副作用も追記)

2月 21, 2020

今はハイドロキノンとトレチノインそれぞれ別々のクリームを使っています。その使い方についても、詳しく説明していきます。

どれくらい成分量の入ったクリームを塗ればいいのかも含めて、効果や注意点をまとめてみました。

後半には、ダーマペンを使っているひとに向けて、トレチノインとダーマペンの併用方法についても解説します。

ハイドロキノン・トレチノイン(レチンA)の効果とは?

まず、おさらいとして、ハイドロキノンやトレチノインの効果をお話します。

ハイドロキノンの効果とは?

ハイドロキノンは、お肌の漂白剤です。シミだったり色素沈着、くすみなどに効果があります。

ハイドロキノンの効果は「肌にある色素を抜くこと」です。ぼくの場合は、クレーター治療でのTCA CROSSで生じた赤み(色素沈着)にも使ったりしています。

美容皮膚科の先生も「ホームケアの美容成分の中で、シミや色素沈着にハイドロキノンほど効果があるものはない」と、断言しているぐらいです。

ハイドロキノンは、色素に対して一番効果のある美容成分です。高級化粧品に配合されている他の美白成分とは雲泥の差があります。

ハイドロキノンについて詳しくは、こちらの記事もご参照ください。

ハイドロキノン・トレチノインの効果と使い方

ハイドロキノンの効果と使い方!シミ・色素沈着・黒ずみが消える美白効果と危険性・副作用・発がん性まで

2月 3, 2020

トレチノイン(レチンA)の効果とは?

今回の記事で特に紹介したいのは、トレチノインの効果です。

トレチノインは、ビタミンA誘導体といわれているもので、ほかの美容成分・美容液とは全然違うものなんです。レチンAとも言われています。

ほかの一般的な美容成分というものが「もともとある肌の力を補助するようなもの」であり、お肌の力を補助するような「栄養成分」なのに対して、トレチノインは「刺激」なんです。

お肌にトレチノインで刺激を与えることによって、肌自身を活性化させる働きがあります。肌のターンオーバーを急進的に促すような作用があります。

トレチノインというものは、お肌全体のケアに効果があるのです。

一般的には、

  • ニキビを治す・予防する
  • シミ・くすみ・色素沈着に対してハイドロキノンと合わせて効果もあり
  • 肌のシワや毛穴の引き締めなど、お肌全体を若返らせる(アンチエイジング効果)

などなど、様々な効果が言われています。

使うとわかるのですが、トレチノインは「お肌の万能薬」とも呼ばれています。肌質全体の向上が見て取れます。

トレチノイン(レチンA)は、海外でもめちゃくちゃ評判ですごく人気の美容成分です。でも、日本ではあまり馴染みがないですね。

それは、入手できる手段が少なくて限られているので、あんまり使っている人は少ないんじゃないのかな、と思います。

実際に、英語で「トレチノインジェル」と調べてみると、「3年間使ってみたら10歳も若返りました」という海外の人の動画がめちゃくちゃYou Tubeにあふれています。世界的にはとても有名な美容成分なのです。

ぼくも実際に使ってみて、もちろん色素沈着にも使っていますが、本当に肌の毛穴が引き締まるというか、肌全体がキレイになるような効果を感じています。

トレチノインは本当に万能にお肌に効果があるので、ぼくの場合はほっぺたとかおでことか、軽いニキビ跡などにも効果があるので、気になる部分に結構たっぷり全体に塗っています。

キヨキヨ
母親にもおすすめしてますが、目の下のくすみや目尻のシワなどがキレイになったという話をしていました。歳を取るほど、トレチノインの効果は実感できます。

ハイドロキノン・トレチノインのオススメ美容クリームと成分量

ハイドロキノン・トレチノインをどのように人が使っているのか、どのような種類のものを買えばいいのかという話をします。

ハイドロキノンはユークロマクリーム4%がベスト!

まずは、ハイドロキノンです。これは海外の美容皮膚科のYouTuberの先生の情報を元にしたものなんですが、4%のハイドロキノンが入ったユークロマクリームを使っています。

ハイドロキノンは2%になると、成分量が少なすぎて効果がないそうです。また、5%以上は刺激が強すぎて、継続的に使用できなくなります。

なので、ハイドロキノンは4%が一番効果的だそうです。実際に、ハイドロキノンが入った美容クリームはほとんど4%です。

わたしが使っているのは、ユークロマクリーム4%です。使い勝手もよく、なによりコスパがいいです。わたしも使っていますので、ぜひお試しください。

トレチノインはエーレットジェル0.05%がオススメ!

それとあわせてトレチノインに関しては、エーレットジェル0.05%というものを使っています。

「ハイドロキノン4%とトレチノイン0.05%」が、初心者としては使いやすいといわれています。美容皮膚科で処方されるのもだいたいこの組み合わせです。

トレチノインは実は3種類あります。

  • 0.025%
  • 0.05%
  • 0.1%

と、それぞれ成分量の違いです。

ぼくは今、0.05%を使っていますが、敏感肌の人や肌が弱い人は0.025%から使ってみてください。

トレチノインは、赤みが出たり多少副作用もあるので、肌が弱い人は0.025%から使いましょう。「肌は弱くない」という人は0.05%から使ってみるといいと思います。

ぼく自身は、0.025%だと肌の皮はめくれませんでした。0.05%になって、時々ポロポロと肌の皮がむけるような感覚が出てきました。でも、時々です。

トレチノイン0.05%でも十分だとは思いますが、細かいクレーターにも効果があるという話も聞いたので、0.1%にもいつか挑戦してみようかなと思っています。今現在では、0.05%で十分ターンオーバーの活性化や、ニキビ跡にも効果を感じています。

※上の画像リンクから、どの%のエーレットジェル(トレチノイン)が購入できます

キヨキヨ
どの成分量も値段は変わらないので、一番強い0.1%から使いたい気持ちもわかります。でも、強すぎて使えなかったら元も子もないですよね。

まずは、弱いものから使ってみましょう。肌が大丈夫そうなら、ひとつ上の成分量のものを選んでいけばいいと思います。

ハイドロキノン・トレチノインの安全で効果的な使い方

トレチノイン・ハイドロキノンは、本当にお肌に対して万能であり、美肌・美白効果があります。

しかし、同時に「刺激」でもあるので、安全な使い方や使用上の注意点を話していきたいと思います。

トレチノインの使い方  夜だけ+日焼け止め

トレチノインの使い方ですが、基本的には夜だけの使用を絶対守ってください。

というのも、ハイドロキノンもトレチノインもお肌に対して刺激が強いものです。そして、紫外線との相性も悪いです。

トレチノインをお肌に塗っている時に、肌からすればすでにトレチノインに対して抵抗作用みたいなものを生み出しています。

トレチノインの美容効果とは、肌に刺激を与えることによって、肌本来のもつ代謝効果を内部から促進させるものです。そこに別の刺激である「紫外線が」来ると、肌が紫外線に対するバリアを張れなくなってしまいます。

そういう意味でも、トレチノインやハイドロキノンというものは朝・昼には塗らないようにしてください。夜だけの使用を遵守して、日中はしっかり日焼け止めを塗るようにしましょう。

キヨキヨ
日焼け止めクリームは、SPF30以上のものがいいです。わたしは、毎朝こちらの日焼け止めを使っています。理由は、コスパがいいからです笑 みなさんのオススメの日焼け止めあったら、コメント欄で教えて下さい!

ハイドロキノンの使い方  色素にだけ塗る

ハイドロキノンに関しては、わたしはシミや色素沈着など気になる部分しか塗っていません。

ハイドロキノンは、美白効果も高いですし、顔全体に塗る人も多いです。美白になりたい女性にとって必需品だとしている方も多いでしょう。

ぼくは別に美白男子になりたいわけではないので、気になる赤み(色素)だけに使用しています。刺激が強いものなので、肌全体には塗っていません。

キヨキヨ
トレチノインもハイドロキノンも、紫外線に対してよくない美容成分です。

気になる方は、外に出る時間が長くなる日やよく晴れる日の前夜の使用を避けてもいいかもしれません。

ハイドロキノン・トレチノインを使う頻度と塗る順番

トレチノインとハイドロキノンを使う頻度

では、ハイドロキノンもトレチノインはいつまで使うのでしょうか?いつまでも使い続けていいのでしょうか?

わたしの目安は、「肌がキレイになったら使用を止める」です。化粧水のように何十年も毎日パシャパシャつけるものではありません。

「肌がキレイになってきた」とか「自分の満足いくくらいにシミが取れた」のであれば、ハイドロキノン・トレチノインの使用頻度も少しずつ減らしてきてもいいと思います。

「毎日使う」というよりも「肌が良くなるまで使用する」という感覚で使うと、より安全に使えるのかなと感じています。ただ、トレチノインはアンチエイジング効果が優れているので、年次の高い方ほど毎日使っているかたも多いです。

キヨキヨ
あるていど良くなったら、一度お肌を休ませてあげるのもいいと思います。ご自身のお肌の状態をよく観察しましょう!

ハイドロキノン・トレチノインを塗る順番

わたしが使用しているのは、エーレットジェル(トレチノイン)とユークロマクリーム(ハイドロキノン)です。理由は、コスパがよくて人気だからです。

ぼくは、トレチノインの方が肌に浸透しやすいので先に塗っています。その後にハイドロキノンを塗っています。

使うとわかりますが、エーレットジェル(トレチノイン)は、ぬるっとした感触です。つるつると、肌の上を滑っていっちゃいます。夜寝る前に、肌全体に塗ってあげるという感じです。

ハイドロキノンっておもしろくて、金魚すくいの紙みたいなものが貼ってあった、チョロチョロと出てくるようになっています。それを気になる患部に塗ってあげるという感じです。

ハイドロキノンは浸透に少し時間がかかりますので、トレチノインの後に塗るほうがいいでしょう。

トレチノイン・ハイドロキノンを使う年齢?若者とアンチエイジング効果

そもそも、トレチノイン・ハイドロキノンの使用には年齢制限があるのでしょうか?

わたしが思うに、20代前半などの若い人はトレチノインを正直使う必要はありません。

「ニキビ跡を治したい」とか「毛穴を引き締めたい」と目的をもって使うのはいいと思いますが、トレチノインはアンチエイジングに使われることが多いです。

歳を重ねると、自分自信の肌の力が弱くなり、ターンオーバーができなくなります。そんなときに、トレチノインで補助してあげると肌が若返るのです。

ぼくの意見では、20代後半(アラサーくらい)からならトレチノインを使っていいと思います。目尻のシワとか、シミとかが気になるのもこのくらいですよね。

シミの原因というのも、肌に残った色素を、肌が生まれ変わらせる力がないために残ってしまうことが原因です。若い人は、肌が強いので、いくら紫外線を浴びてもシミができないのです。

海外だと、トレチノインは40~50代から主に使われる美容成分という印象があります。若い人は十分肌に力があるし自然に肌が再生されると思うので、どちらかというとしっかり保湿などでケアするのがいいかなと思います。

ハイドロキノンに関しては、シミや色素沈着に直接効果を与えるものです。なので、年齢に関係なく「できた色素に対して対処する」という使い方でいいと思います。色素に対して、集中的にハイドロキノンを利用しましょう。

ダーマペンとトレチノインの併用?キヨキヨのナイトルーティン

また、注意したいのは、ダーマペンとトレチノイン・ハイドロキノンの併用についてですね。

ダーマペンのダウンタイム中は、すでに肌がターンオーバーをしている最中です。トレチノインやハイドロキノンというのは塗らないようにしてください。

ダーマペン・ダーマローラーというのも、針を皮膚に刺して、内側から代謝をよくしていく作業です。なので、トレチノインと構造自体は似ているのです。

なので、ダーマペンのダウンタイムが終わった1、2週間後の傷跡がなくなった後に、トレチノインを使い始めるといいのかなと思っています。ダーマペンとトレチノインの併用は両方とも同じような効果があるので控えてください。

自分でシミを完全除去する方法! ダーマペン・ハイドロキノン・トレチノインで自宅で美容皮膚科を再現しよう

自分でシミを完全除去する方法! ダーマペン・ハイドロキノン・トレチノインで自宅で美容皮膚科を再現しよう

4月 13, 2020

キヨキヨのナイトルーティン(トレチノイン・ハイドロキノン)

最後に、トレチノイン・ハイドロキノンを含んだキヨキヨのナイトルーティンを簡単にご紹介します。

順番としては、

  1. The Ordinary Niacinamide 10% + Zinc 1%

  2. ヒトプラセンタジェル

  3. エーレットジェル0.05%

  4. ユークロマクリーム4%

  5. ホホバオイル

です。

先程も言いましたが、ダーマペンのダウンタイム中は、トレチノインもハイドロキノンも患部に対して利用してません!他の部位には、塗っていますが。

大人ニキビ:The Ordinary Niacinamide 10% + Zinc 1%

いつもぼくはお風呂上がりに、The Ordinaryのナイアシンアミド亜鉛The Ordinary Niacinamide 10% + Zinc 1%)を使っています。

The Ordinary Niacinamide 10% + Zinc 1%は大人ニキビに効果があるので、これを一番最初にニキビができやすいアゴ周りに塗っています。

大人ニキビが一週間で消える美容液「The Ordinary Niacinamide 10% + Zinc 1%」 顎ニキビに悩む人の化粧水

大人ニキビが一週間で消える美容液「The Ordinary Niacinamide 10% + Zinc 1%」 あごニキビに悩む人必見

4月 17, 2020

成長因子:ヒトプラセンタジェル

その後に、成長因子を含んだヒトプラセンタジェルをお肌全体やダウンタイム中のところに丁寧に塗ってあげてます。

ヒトプラセンタジェルは、ベストケンコーでのまとめ買いがお得です。わたしは7本買って、一本800円もしませんでした。以下のリンクからどうぞ。

ベストケンコーのプラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

とりあえず数本試してみたい方は、オオサカ堂が安いです。下の画像リンクから、購入できます。

キヨキヨ
ヒトプラセンタジェルも、毎日の日課となっています。塗ると翌日の肌ツヤが全然違います。まとめ買いするとコスパ最強なので、超オススメの美容品です。高級化粧水が不要になります。
ヒトプラセンタジェルの感想と効果

ヒトプラセンタジェルの効果がエグい!しみ・しわ・たるみ・ニキビ跡を成長因子が治す?

2月 15, 2020

エーレットジェル0.05%+ユークロマクリーム4%

ヒトプラセンタジェルの後は、エーレットジェル0.05%(トレチノイン)を肌全体に塗ります。ニキビ跡がある部分、目尻のシワ、毛穴を引き締めたいところに特に塗ります。

先ほども言いましたが、お肌の弱い方はトレチノイン成分が一番少ない0.025%からの使用をオススメします。普通のお肌の方は、0.05%がオススメです。

そして、トレチノインの後にはユークロマクリーム(ハイドロキノン4%)を色素沈着だけに塗ります。シミがあるかたは、シミに塗ってあげましょう。

補足
ハイドロキノンは、2%だと弱すぎて効果がないと言われています。また、5%以上だと強すぎるとも言われています。4%がもっとも無難で、汎用されています。

トレチノイン・ハイドロキノンを塗ったら、最後に美容オイルの「ホホバオイル」で保湿しています。保湿系の中では、ホホバオイルはダントツです。

【実証】ホホバオイルの効能と効果的な使い方! 肌と髪の保湿からニキビ跡・頭の臭い・ワキガ対策まで

【実証】ホホバオイルの効能と効果的な使い方! 肌と髪の保湿からニキビ跡・頭の臭い・ワキガ対策まで

10月 30, 2019

結構、面倒くさいことをしてますよね、自分でもよくやるなという感じなんですが・・・笑

でも、クレーター治療に励んでいることもあって、お肌は常に傷ついています。また、20年以上も放置してきた肌を今更ながらキレイにしたいのです。

わたしがお肌のケアをしてから、実はまだ1年ほどしか経っていません。それでも、「肌キレイになったね!」と、ほとんどの人に言われます。(それほど以前は汚かったのです)

わたしの美肌の秘訣は、やはり「美容医療」です。トレチノインやダーマペン、成長因子など、市販ではなかなか売っていないものを試しているからだと思います。刺激が強い分、効果も圧倒的です。

話は逸れましたが、トレチノインは0.05%だけじゃなく0.025%も0.1%も購入したので、今後は使い比べもしていこうかなと思っています。

ということで、今回はハイドロキノンとトレチノインが入った美容クリームの効果・感想を総合的にお話しました。

以上、キヨキヨでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です