ピーリングジェルでクレーター肌は100%治療できません!ニキビ跡とクレーター肌の違いについて解説します。

ピーリングジェルでクレーター肌は100%治療できません!ニキビ跡とクレーター肌の違いについて解説します。

結論から言うと、ピーリングジェルでクレーター肌は治療できません。

クレーター肌で悩んでいる方は、凹凸を治療する目的でピーリングジェルは買わないでください。お金の無駄になります。

しかし、ピーリングジェルには他の美容効果があります。また、クレーター肌には他の治し方があります。

この記事では、ピーリングジェルではなぜクレーター肌が治らないのか、クレーター肌の仕組みについて解説します。

また、ピーリングジェルはどんな美容効果があるのか、オススメのピーリング商品までご紹介します。

ピーリングジェルの効果とは?

まず、ピーリングジェルとは何なのかを解説します。

濃度や成分によって強度が違ってくるのですが、一般的にピーリングジェルの効果とは、表皮にたまった余分な角質を取り除くことです。

そのことによって、肌のキメが細かくなったり、毛穴が引き締まったり、ニキビ・ニキビ跡が改善したりする美容効果があると言われています。

やりすぎは良くありませんが、定期的に肌をピーリングしてあげることで、美肌効果を期待することができます。

しかし、ピーリング効果があるのは、肌の表面の部分だけです。クレーター肌と言うのは、肌の表面ではなくさらに奥の方まで届いている傷跡になります。

なので、表皮までしか届かないピーリングジェルでは、クレーター肌は治療できません。

MEMO
ピーリングジェルは、表皮にたまった余計な角質を取り除くこと等に効果がありますが、凹凸のあるデコボコしたクレーター肌には効果がありありません。

クレーター肌とニキビ跡の違い

ここで、クレーター肌とニキビ跡の違いを理解する必要があります。

ニキビ跡と言うものは、炎症を起こしたニキビが跡になって赤み(色素)が残ってしまったものです。

一般的に言われるニキビ跡は、赤みのある色素が残った状態のものを呼びます。「跡」であるので、まだニキビが炎症を起こしている場合は、ニキビ跡とは言いません。

しかし、ニキビ跡の中には、傷跡となって残ってしまうものがあります。それが、クレーター肌と呼ばれる凹凸になったニキビ跡のことです。

ピーリングジェルもニキビ跡に効果があると言われていますが、それは炎症後の赤みに対してです。凹凸のあるクレーター肌は、ピーリングで治療することはできません。

ニキビ跡は、肌のターンオーバーが進み自然と色素が抜ければ治っていくものです。しかし、傷跡になったクレーター肌を治療するにはレーザー等の外科的な処置が必要となります。

ニキビ跡(色素沈着)

ニキビ跡(色素沈着)

クレーター肌

クレーター肌

ケミカルピーリングでもクレーター肌は治らない?

ピーリングジェルではクレーター肌が治らないとしても、ケミカルピーリングなどの強力なピーリングではどうでしょう?

残念ながら、基本的にはケミカルピーリングでもクレーター肌は治りません。ニキビ予防になったり、肌がキレイになることが間違いないですが、凹凸になった傷跡には効果が期待できません。

濃度の高いBHA(サリチル酸)などは深い毛穴などには効果があるかもしれませんが、深い凸凹クレーター肌を治療するには難しいです。

しかし、ケミカルピーリングの中でも、最も強力なTCA CROSSと言われるものは、唯一クレーター肌治療としても活用されているものです。

そもそも、TCA CROSSをケミカルピーリングとして分類されるかは微妙なところですが、アイスピック型(細くて深い凹み)のクレーター肌に効果があるとされ、実際に美容皮膚科でも治療として利用されているものです。

私自身も個人輸入をしてセルフで使ってみたこともありますが、今では信頼できるサイトがないので紹介することはできません・・・。

TCA CROSSに関して、Youtubeでも紹介したこともあります。

クレーター肌を治す方法とは?

では、ケミカルピーリングでも治らないクレーター肌をどのように治療することができるのでしょうか?

クレーター肌は、治療するのが難しいです。治療方法はありますが、どれも肌を一旦傷つけて再生させると言う過程が必要になります。それこそ、美容皮膚科などで受けるレーザーやダーマペンなど、熱や針を使った治療が一般的です。

しかし、時間はかかりますが、クレーター肌も治せないわけではありません。

私自身もセルフダーマペンなどを通して、昔と比べてだいぶかなり凹凸を浅くすることができました。正しい知識を持って時間をかけて治療していくことが大事です。

セルフダーマペンに関することは、こちらの記事をご参照ください。

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンでニキビ跡(クレーター肌)の経過ブログ! 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

また、クレーター肌はクレーター肌にもそれぞれ種類があります。

自分の顔の凹凸がどのような種類のもので、どのような治療方法を取る必要があるのかを理解するためにもこちらの記事も読んでみてください。

クレーターの種類と治療法と難易度ランキング!アイスピック型<ボックスカー型<<<ローリング型の凹凸クレーターの種類と治療法と難易度ランキング!アイスピック型<ボックスカー型<<<ローリング型の凹凸

ピーリングジェルはニキビ予防にもなる!

最後に、クレーター肌で悩んでいる方はピーリングジェルを使う必要は無いのかと言う話です。

確かに、ピーリングジェルはクレーター肌にこそ効果はありませんが、ニキビ予防にもなるし、ニキビ跡を改善するような効果もあります。

また、肌自体を全体的にきれいにする効果がありますので、定期的にピーリングジェルで無駄な角質をとってあげるのも美容習慣として良いことです。

私が使っているのは、The OrdinaryのAHA+BHAというものです。日本ではまだ浸透は少ないですが、高い美容成分と低コストが世界中で人気のブランドとなっています。

去年は、こちらのケミカルピーリングをレイチェルさんが紹介したと言うことで、SNSでバズりましたが、非常に使いやすいものなので試す価値ありです。

こちらのケミカルピーリングについて、当時紹介したブログの記事もあります。

自宅でケミカルピーリング!フルーツ酸とサリチル酸でお肌ツルツル (The Ordinary AHA30%+BHA2% 感想レビュー)The Ordinary AHA30%+BHA2% でニキビ跡を治す!自宅で簡単セルフケミカルピーリングの使い方と効果!

これに限らず、ピーリングジェルも定期的ににやってあげると、ニキビ予防にもシミ予防にもなるので、とてもオススメです。

クレーター肌を治したい方も、クレーター治療だけにこだわるのではなく、ニキビ予防にも同時に励みましょう。スキンケアだけでも、ニキビは減らせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です