いちご鼻の黒ずみ・角栓これでダメなら一生治らない除去法!毛穴吸引機・ケミカルピーリング・鼻脱毛まで

いちご鼻の黒ずみ・角栓これでダメなら一生治らない除去法!毛穴吸引機・ケミカルピーリング・鼻脱毛まで

いちご鼻はどうすれば治るのでしょうか?小鼻の黒ずみや角栓は、何段階かに分けて治す必要があります。

この記事では、小鼻の黒ずみに対して本気で悩んできたわたしが、セルフできれいに治療できた過程をご紹介します。

クレンジングするだけでは、一時的に角栓が取れるだけです。またすぐに黒ずみが復活してしまいます。

みんなが知っているクレンジングやケミカルピーリングから、小鼻のレーザー脱毛までやってきたのでぜひ参考にしてみてください。

いちご鼻の黒ずみ・毛穴対策は、根が深いです。また、鼻は顔の先端であり汚れが目立ちます。

様々な角度から黒ずみ対策をしてきたので、手に取りやすいものから試してください!

いちご鼻の黒ずみ・角栓の原因とは?

まず、小鼻の黒ずみや角栓の原因とは何でしょうか?

おでこや鼻にかけてティーゾーンと言われる部位は、皮脂が出やすくニキビや肌荒れが起きやすい部分です。特に小鼻は、多くの人にとって、毛穴が開きやすく角栓が溜まりやすい部位となっています。

いくら洗顔やクレンジングできれいにしてもすぐにいちご鼻になってしまいますよね…いちご鼻の黒ずみの原因は、単に汚れが詰まっているだけではありません。

考えられる事として、

  • 角栓(汚れ)が詰まっている
  • 毛穴が開いている
  • 鼻の毛が濃くなっている

などがあります。

毛穴が開いているから影になってより黒く見えてしまったり、小鼻の産毛が濃くなっているせいで黒ずみ(汚れ)に見えてしまうこともあります。

ただ、汚れを落とすだけでいちご鼻は治るわけではありません。毛穴を引き締めたり、鼻の脱毛をするなどして複合的にいちご鼻は改善していきます。

順番としては、

  1. 小鼻の黒ずみ(角栓)を取る
  2. 小鼻の毛穴を引き締める
  3. 小鼻の脱毛をする

です。

まずは、汚れを取る必要があります。これは、クレンジングや毛穴吸引器などで、わりと短時間で行えます。

せっかく汚れを取った後でも毛穴が開いているとすぐに汚れが吸着して黒ずみが復活してしまいます。

なので、次に毛穴をケミカルピーリングやダーマローラー、美容液などを使い毛穴を引き締める習慣をつけることも大切です。

最後に、意外と知られていないのが小鼻の脱毛です。毛が濃いからこそ汚れが溜まりやすくなり、毛が濃いと汚れて見える可能性もあります。実際に行う順番に解説していきます。

いちご鼻の黒ずみ(角栓)を取る方法

まずはじめに、小鼻の黒ずみ(角栓)をを取る必要があります。

これは、日常的なクレンジングでもできますし、必ず行う必要があるのでやっていきましょう。

油脂クレンジングで黒ずみ(角栓)を取る

まず、角栓とは油だと理解してください。角栓とは毛穴に詰まった油であり、その中でも黒ずんで見えるものは黒く汚れているものです。

毛穴吸引器で見えた角栓(次に紹介します)

毛穴吸引機で見た角栓

毛穴吸引機で見た角栓

毛穴から皮脂が出るのは当たり前なのですが、小鼻自体は皮脂が出やすいこともあり汚れやすい部分でもあるので黒ずみが目立ちます。

そして、油である角栓を取るには、油を使う必要があります。化粧を取るのにオイルクレンジングを使うのは、化粧品に油性成分が含まれているからです。

油を取るのは油です。しっかりと油性成分が入ったクレンジングで角栓を取ってあげましょう。

やり方としては、角栓を取るように指の腹でくるくると撫でてあげる感じです。普段のクレンジング中に行えます。

他にも、綿棒にクレンジングオイルをつけていちご鼻の付近を転がしてあげる方法もあります。

 

角栓は油なので、オイルでないと小鼻の汚れは取れません。クレンジングオイルも使っていいですが、ひまし油など油脂系のオイルでも効果が高かったです。

いちご鼻クレンジング

いちご鼻クレンジング(※キモ男注意)

毛穴吸引機で黒ずみ(角栓)を取る

基本的に、いちご鼻の黒ずみ(角栓)は、クレンジングオイルを使うのが最もメジャーな方法です。しかし、裏技として毛穴吸引器と言うものも最近出てきました。

家電量販店などでも売っているAretiというメーカーの毛穴吸引器を使ってみましたが、小鼻の黒ずみがにゅるっと出てくるのが見えました。

スマートフォンと連動させることにより、実際に角栓が出てくる瞬間を見えるのですが、なかなか面白い映像です。


黒ずみが取れていく様を見ることができるので面白いですし、普段の黒ずみケアとしても利用できるので使ってみてもいいと思います。

こちらは、YouTubeの動画でも実際に試してみました。「Aretiの毛穴吸引機について」


小鼻の毛穴を引き締める方法

次に、クレンジングや毛穴吸引機で角栓を取った後は、毛穴を引き締める必要があります。

いろいろな方法がありますが、

  • ケミカルピーリング
  • ダーマペン(ダーマローラー)
  • ビタミンA(トレチノイン・レチノール)
  • ビタミンC(アスコルビン酸)

などが有名です。すべて試したことがあるので、それぞれの使い方と効果をご紹介します。

ケミカルピーリングで毛穴を引き締める

まず、いちご鼻の黒ずみ除去と言えばケミカルピーリングが人気です。

実際に、エステサロンや美容クリニックなどでも小鼻の黒ずみ対策としてケミカルピーリングを使用しているところが多いです。

いちご鼻に限らず、顔全体の毛穴を引き締めてくれる効果があるので、美肌目的で定期的にケミカルピーリングする事は非常に良い習慣だと思います。

グライコ6クリームでいちご鼻対策!

ケミカルピーリングは、クリニックだけではなくセルフでもできます。最近では、いろいろなケミカルピーリングの商品が出ていますが、使って良かったのはグライコ6クリームです。

こちらは、使った後に洗い流さずに寝る前にパックとして塗ることができます。

ケミカルピーリングのデメリットは、付けた後の待ち時間と洗い流す手間です。グライコ6クリームは、その点スキンケアとしても利用できます。(肌が弱い人は、顔に塗った後にすぐに洗い流したほうがいいですが)

グライコ6クリームは、その名前の通りグリコール酸と言うピーリング剤が6%入っているクリームです。

使いやすい上にピーリング効果も高いので、顔が黒ずんできたときに黒ずみが目立ってきたときに利用しています。

ケミカルピーリングは、小鼻の黒ずみだけではなく、毛穴を引き締めたり、表皮にたまったシミの原因であるメラノサイトを排出させるような効果もあります。

グライコ6クリームは、すぐに洗い流さなくてもいいもんなのでとても使いやすいです。ぜひ1つの習慣として、ケミカルピーリングも試してみてください。

グライコ6クリーム

グライコ6クリーム

グライコ6クリーム

AHA30%+BHA2%ピーリングソリューションでいちご鼻対策

他にも、The OrdinaryのAHA30%+BHA2%ピーリングソリューションと呼ばれる人気のケミカルピーリングがあります。

この中には、AHAと呼ばれるリンゴ酸で作られた表皮に溜まった汚れを取り除いてくれる成分に加えて、BHAという真皮層のほうまで効果も期待できるピーリング成分も含まれています。

中に入っているタスマニアペッパーベリーが、使っている時に顔が血だらけになるので「血みどろピーリング」と、SNSでも評判になり話題を集めました。

The Ordinary自体はアメリカのブランドで、低価格で美容成分だけを凝縮させた素晴らしいコスメブランドなので使ってみる価値はあります!

AHA30%+BHA2%ピーリングソリューション

AHA30%+BHA2%ピーリングソリューション

自宅でケミカルピーリング!フルーツ酸とサリチル酸でお肌ツルツル (The Ordinary AHA30%+BHA2% 感想レビュー)The Ordinary AHA30%+BHA2% でニキビ跡を治す!自宅で簡単セルフケミカルピーリングの使い方と効果!

ダーマペン(ダーマローラー)で毛穴を引き締める

小鼻の黒ずみ対策として、ダーマペンやダーマローラーで毛穴を引き締めることも有効な手段の1つです。

ダーマペンやダーマローラーは、針を肌に当てることによって、肌の再生力を促す働きがあります。

広くなった毛穴に対して針を刺し、その針が刺さった部分の傷が治癒していく過程で毛穴が引き締まっていくのです。

特に、ダーマローラーは使いやすいことと値段が安いこともあり、海外では毛穴を引き締めるために便利な美容グッズとしても人気が高いです。

ダーマペンでもダーマローラーでもどちらでも良いのですが、個人的にオススメなのはダーマローラーの0.5ミリの針のものです。

0.25ミリだと針が小さすぎて小鼻の広がった毛穴を引き締めるまでには至らない感じがあります。

毛穴に対して0.5ミリの針がちょうど良いです。普段からスキンケアや育毛にも使っている方も多いと思いますが、いちご鼻の黒ずみ対策としても使ってみてください。

また、ダーマペンを使うのであれば、1ミリほど出して小鼻の毛穴に対して使うのもいいです。少し鼻が赤くなったり出血する恐れもありますが、その分効果は高く見込まれます。

クレーター肌の治療として人気の高いダーマペンですが、毛穴を引き締める効果もあるのでいろいろな使い方を試してみてください。

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンでニキビ跡(クレーター肌)の経過ブログ! 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)
小鼻の黒ずみダーマローラー

ダーマローラーで小鼻の黒ずみ対策

ビタミンA(トレチノイン・レチノール)で毛穴を引き締める

次に、ビタミンAの入った美容液で小鼻の毛穴を引き締める方法もあります。

今まで紹介した、ケミカルピーリングやダーマローラー等と違い、ただ美容液を肌に塗るだけなので使いやすいです。

ビタミンAと言うと、アンチエイジング効果としてよく認知されていますが、肌自体のターンオーバーを活性化させる効果があるので、毛穴も引き締まり美肌効果が期待できます。

レチノールが入った美容液など普段から使っているものでも良いのですが、わたしはこちらのトレチノインが入ったBIHAKUENと言う美容液を愛用しています。

密閉性が高いので、他のトレチノインクリームではなく、BIHAKUENのクリームを利用しています。

[BIHAKUEN]トレチノイン0.05% 

トレチノインは、レチノールの何十倍もの濃度があるとされて、美肌効果もその分高いと言われています。

肌が弱い人にとっては、皮が剥けたり顔が赤くなったりする副作用も考えられますが、いちど使ってしまえば非常に美容効果が高く、他の美容液は何だったのだろうと思うほど美肌効果が高いです。

トレチノインはアンチエイジングのイメージが強いですが、小鼻の毛穴を引き締める効果もありますので超オススメの美容液の1つです。

トレチノイン・ハイドロキノンの効果と副作用を避ける安全な使い方!塗る順番とオススメの種類・濃度まで。トレチノイン・ハイドロキノンの効果と安全な使い方!+ヒトプラセンタの塗る順番とオススメの濃度まで。

ビタミンC(アスコルビン酸)で毛穴を引き締める

また、ビタミンCが入った美容液も毛穴を引き締めると効果があると言われています。

ビタミンAほど効果は期待できませんが、ビタミンCもシミ対策にもなるし、毛穴も引き締まるのでオススメです。

その中でも、活性型ビタミンCと言われる「アスコルビン酸」が入った美容液は、普通のビタミンCが入った化粧品よりも肌に浸透しやすくなっているので効果が高いです。

ビタミンCは、美容効果は高いのですが安定させるのに非常に難しい成分です。ビタミンCとだけ書いてあるものではなく「アスコルビン酸」と書いてあるものがオススメです。

その中でも、コスパが良いものとしてメラノCCの美容液が使いやすいです。ロングセラー商品ですし、その効果は歴史に保障されているともいえます笑

最近では、プレミアム美容液と言うグレードアップした美容液も発売されているので、肌の調子も使い心地も非常に良いです。

MEMO
3000円以下のビタミンC美容液ではメラノCCのプレミアム美容液がベストな選択肢だといえます。

それより上にあるのがObagiの美容液です。いろいろな種類がありますが、25%など高濃度のはビタミンCが入っているのはObagiだけです。ビタミンC美容液のトップ商品です。

ちなみに、これらの美容液をダーマローラーと合わせて使うとさらに効果が高いのでかなりオススメです!

以上が、いちご鼻対策として毛穴を引き閉めることに効果がある方法のまとめでした。

個人的には、ケミカルピーリングやダーマローラーがオススメですが、少しめんどくさいと思うのでビタミンAやビタミンCの美容液から試してみてもいいですね!

注意
注意点として、レチノールやトレチノインなどのビタミンAの美容液はそれだけで副作用があるので、ダーマローラと併用することはオススメしません。

ビタミンA 以外の美容液はダーマローラー後に塗ると効果が増すので試してみてください!

小鼻の黒ずみ(角栓)は鼻脱毛で治る!

最後に、いちご鼻の黒ずみ対策で1番大事なのが鼻を脱毛することです。

なぜ、小鼻に黒ずみが溜まるのか?なぜいちご鼻になってしまうのか?それは、毛穴が開いているから汚れが溜まってしまうということ。

毛穴を引き締めれば汚れが溜まりにくくなることは間違いありませんが、そもそも毛穴自体を脱毛で破壊する選択肢もあります。

また、鼻の穴と言うのは顔の中でも前面に出っ張っている先端部分なので、少しの汚れでも目立つ部分です。

そして、鼻の表面にも産毛がしっかり生えており、それが濃くなっていくと汚れのように目立ってしまいます。意外にも、小鼻の産毛は濃いのです!

毛穴吸引機で見た鼻の産毛

毛穴吸引機で見た鼻の産毛

小鼻を脱毛することで、小鼻の表面にある濃くなった産毛を脱毛することもできるし、汚れが溜まりやすくなった毛根自体を破壊することもできるます!

最近では、脱毛サロンでもいちご鼻対策として来店される人も増えているそうです。

小鼻の脱毛と言うことで、正直どんな脱毛器でも良いのですが、わたしはトリアのレーザー脱毛器と言われるものを使っています。

トリアは独自の特許を持っていて、家庭で唯一使えるレーザー脱毛器です。エステサロンで使われているような光脱毛器よりもずっと効果が高く、いわゆるクリニックなどで受けられるいわゆる医療脱毛と言われる部類に入ります。

脱毛効果も高いし照射面積も狭いので、小鼻の黒ずみ対策として鼻の脱毛をするには最適な脱毛器ともいえます。細かいところにも手が届きます。

トリアの照射面積

トリアの照射面積は狭い(右)

鼻だけでなく、ヒゲ脱毛やわき毛などにもいろんな場所に使えるので、1つの選択肢としてトリアも考えてみてください!

キヨキヨ

公式:トリアレーザー脱毛器

注意
公式HPで買うと製品保証が2年になるのでオススメです!(他で買うと1年)

YouTubeの動画でも、いちご鼻対策として「鼻脱毛」を推奨しています。


このように、いちご鼻の黒ずみといってもいろいろな角度から捉えることができます。

クレンジングをするだけでは一時しのぎにしかならないので、毛穴を引き締める対策をするなり、鼻を脱毛するなどの根本的な治療までぜひ試してみてください。

実際に、いちご鼻の黒ずみ(角栓)を完璧にきれいにするのはかなり難しいことだと思います。

それほど、鼻は皮脂が出やすい部分であり毛穴が開きやすい部分でもあるので、定期的に対策をとってあげることが大切です。

上に紹介した方法は、鼻だけではなく顔の他の部位にも使えるものなので、肌全体の美肌効果アップとしても機能してくれます。

ぜひ、1つの参考としていろいろ試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です