28歳男がボコボコのニキビ跡 (クレーター肌)を自力で治した結果…セルフダーマペンで本気のビフォーアフター

【メンズ】ボコボコのニキビ跡 (クレーター肌)を28歳男が自力で治してみた。美容外科では教えてくれないセルフダーマペン!

男性は女性よりも皮脂が出やすく、ニキビ跡・クレーター肌になりやすいです。また、美容に対する関心・知識も少ないので、ボコボコのクレーター肌になることもあります。

男性の美容に対する関心が高まる近年ですが、ニキビ跡・クレーター肌に対する理解はいまだに低いです。特に、クレーター肌なんて正しい知識がないと一生治りません。

この記事では、大人になってから美容に目覚めたわたしが、自力で凹凸ニキビ跡(クレーター肌)を治した結果と方法をご紹介します。

セルフダーマペンを中心にクレーター肌治療を重ねてきましたが「なにが本当に肌の凹凸を治せるのか」だけを治療経過の画像を加えてお話します。

セルフダーマペンのビフォーアフター画像

クレーター肌治療のビフォーアフター画像

男性にニキビ跡・クレーター肌ができやすい理由とは?

男性の肌はニキビができやすい

男性は、女性よりも多く皮脂が出るといわれています。成人すると、平均的に女性の2倍ほどの皮脂がでます。

ニキビができる原因は、皮脂が過剰に出ることで毛穴が詰まってしまうことです。毛穴が皮脂で詰まると、ニキビの原因であるアクネ菌が醸成されます。

ニキビができやすいにも関わらず、男性のスキンケアに対する意識は低いです。女性よりも皮脂が出やすいので、よりニキビ対策を日ごろから行う必要があります。

ニキビができる原因

ニキビができる原因

MEMO
ニキビさえできなければ、ニキビ跡にもコンプレックスにもなるボコボコのクレーター肌も起こりません。まずは、ニキビ対策を心がけてください。

男性に特化したニキビ跡の治し方はない

また、男性でも女性でも、ニキビ・ニキビ跡の原因も治療方法も変わりません。

男性用のメンズ化粧水などが人気ですが、「男性だからこういう方法がいい」「女性の治療方法はコレだ」というのはありません。そう書いてあったら、ただのマーケティング手法です。

男性の方が皮脂が出やすいという肌質の違いはありますが、その違いは「スキンケア=ニキビができるまでの予防の話」に限られます。スキンケアでは、メンズ用にこだわらなくて大丈夫です。

むしろ、女性が使っている化粧品の方が歴史が長いので信頼が担保されています。男性用のシュッとしたデザインのコスメに騙されずに、ロングセラーのニキビ対策コスメを使うことがオススメです。

化粧品成分の勉強をしてきましたが、やはり長く売れているコスメは成分的にも素晴らしいものが多いです。

キヨキヨ

ニキビ跡とボコボコのクレーター肌の違いとは?

ニキビを予防するスキンケアはするとして、できてしまったニキビ跡・クレーター肌は治療する必要があります。

そこで、まず「ニキビ跡」と「クレーター肌」の違いについて解説します。「ニキビ跡」も「クレーター肌」も同じニキビの跡ですが、状態も違ければ治療方法も違います。

ニキビ跡はニキビ跡の赤みのこと

一般的にいわれる「ニキビ跡」とは、ニキビができた後の赤みのことです。ニキビが原因で赤く色素沈着してしまった跡のことを「ニキビ跡」と言います。

また、ニキビの「跡」なのであって、ニキビは治っている前提です。ニキビができて赤くポコッとできている状態は、「ニキビ」であって「ニキビ跡」ではありません。

ニキビ跡の赤み

ニキビ跡は「赤み」

MEMO
ニキビ跡は、ニキビが原因による色素沈着のこと。

時間が経てば、勝手に赤みは引きます。早く治す方法もありますが、基本的には保湿して赤みが自然と引くのを待つものです。

ボコボコのクレーター肌はニキビ跡の「傷跡」

それに対して、クレーター肌とはニキビがつぶれたことが原因で肌がボコボコと陥没してしまった状態のことです。

「ニキビ跡」は自然と治りますが、クレーター肌は「傷跡」です。ダーマペンやレーザー治療など、外科的な処置をしなければ肌のボコボコは治りません。

クレーター肌だらけの画像

クレーター肌(治療前)

セルフダーマペン ビフォー画像

クレーター肌(治療前)

写真からもわかるように、赤みがある「ニキビ跡」と陥没してしまった「クレーター肌」は全く別物です。

大事なのは、クレーター肌を未然に防ぐこと。ニキビができたら絶対に触れないでください。クレーター肌の大半の原因が、自分で潰してしまうことです。

ボコボコした肌のクレーター肌も、ニキビが原因の跡なので「ニキビ跡」ではあります。ニキビの赤みは簡単に治すことができますが、クレーター肌の治療となるとなかなか大変なのが現状です。

上の画像は、わたしです。「気を付けましょう」と言いつつも、ニキビを潰してきたのは自分自身のこと。

できてしまったクレーターは治療するしかありません!次に、クレーター肌を自力で治す方法について解説していきます。

キヨキヨ

ニキビ跡・クレーター肌を治す方法とは?

では、「ニキビ跡」「クレーター肌」の違いを知ってもらったことで、その治療方法についてご案内します。

ニキビ跡(赤み)の治し方とは?

ニキビが治った後に起こる赤み「ニキビ跡」は、自然に治ります。まだ色素が肌に残っている状態ですが、時間が経てば赤みは引いてきます。

もし「ニキビ跡を早く治したい」「ニキビ跡の赤みが長引いてい困っている」ということであれば、ニキビ跡に効果がある化粧品や美容グッズがオススメです。

多くの人に評価されているニキビ跡に対して効果が期待できる美容液が、メラノCC美容液です。

ニキビ跡などの色素沈着に効果がある成分としてビタミンC(アスコルビン酸)があります。ニキビ跡やシミ対策として代表的な美容成分です。

ビタミンC系のコスメの中でも、メラノCCシリーズはビタミンC成分の性質が高くて有名です。安定化しやすく、しっかりとニキビ跡・シミ対策として活躍してくれます。

美容液だけでなく化粧水もニキビ予防として使いやすいです。もちろん男性でも利用できますし、わたしの中でベストコスメでもあります。

他にも、短い針のダーマローラー(0.25㎜)を肌に転がすことで、ニキビ跡を早く治すことができます。ダーマローラー後にメラノCCを塗れば相乗効果です。iHarbで安く購入できます。→ダーマローラー

MEMO
メラノCCやダーマローラーなど、ニキビ跡を早く治してくれる美容品はいくつかあります。

繰り返しますが、ニキビ跡はニキビがすでに治っている状態です。保湿して気長に待っていれば、自然と治るものです。

ニキビ跡治療にダーマローラーと使いたい美容液3つ!ニキビ跡治療に使えるダーマローラーと3種の美容液!成長因子、ビタミンA、ビタミンCからスパ重視で厳選しました。

ボコボコのクレーター肌を治す方法とは?

ニキビ跡は時間が経てば治りますが、クレーター肌になってしまうと自然治癒することはありません。

一般的に、ボコボコしたクレーター肌の治療は、外科的な処置が必要となります。施術は、美容皮膚科や美容外科で行われます。

また、一般の皮膚科でもクレーター肌の治療はできません。なぜなら、クレーター肌(ニキビ跡)は病気とはみなされていないので、すべて自費診療となるからです。

皮膚科での治療は、基本的には保険適応内で行われるものがほとんどです。値段は良心的ですが、美容など医療以外のことに関わる診療は行えません。

それに対して、美容外科・美容皮膚科での治療は、医療といっても目的が美容です。自費診療となるので、金額が高くなることはまず理解すべき点です。

美容外科・美容皮膚科でのクレーター肌治療にはいくつもの種類があります。

  • フラクショナルレーザー
  • ダーマペン
  • 縫合手術
  • サブシジョン
  • TCA CROSS
  • ケミカルピーリング
  • ダーマルフィラー
  • ヴァンパイアフェイシャル

などなど、最新機器の数だけ治療方法も増えてきます。正直、なにが効果があってなにが効果がないかわからないはずです。

「まずは安いものから…」と思うかもしれませんが、症状によってはまったく効果がない可能性もあるので、申し込みには注意が必要です。

わたしは、美容皮膚科でクレーター肌の治療をしたことがありません。セルフダーマペンを中心にすべて自力でクレーター肌を治してきました。その治療方法について次に紹介します。

注意

どこのクリニックも機器の設備投資の元を取りたいのが本音です。フラクショナルレーザー1台で1000万円かかるといわれています。効果がなかったとしても患者に平気で勧めてきます。

美容皮膚科でクレーター肌治療をするなら、クレーター肌を専門とするあらゆる施術方法を持っているクリニックを選んでください。クレーターも種類によって治療方法も変わってくるからです。

複合治療で1回で10から20万円ほどかかると想定されます。お金をかけたからといって肌のボコボコが治るわけではないので、覚悟が必要です。

「この治療方法はどう思う?」と質問があれば、気軽にブログのコメント欄にて質問してください。

例えば、ケミカルピーリングは陥没したクレーター肌には効果がないので勧められても絶対に断ってください!単なるニキビ跡であれば効果ありますが、凹みは絶対に改善しません。

キヨキヨ

28歳の男が自力でクレーター肌を治療をした結果

次に、セルフでもできるクレーター肌治療についてです。ここからが本題となります。

男が自力でクレーター肌を治したビフォーアフター

わたしは、美容皮膚科に通わずにすべて自力でクレーター肌を治療してきました。

そもそも、従来「一生治らない」とされてきたボコボコの肌を治すことはできるのでしょうか?それも、自力で治療なんて不可能に思えます。

こちらが、自力でセルフクレーター肌治療をしてきたわたしのビフォーアフター画像です。

セルフダーマペンのビフォーアフター画像

自力でクレーター肌(ニキビ跡)治療結果

自力でクレーター肌(ニキビ跡)治す

画像からわかるように、クレーター肌は完治していません。これは、自力だから完治しなかったと考えるよりも、そもそも肌の凹みは治るのが難しいからです。

クレーターが浅ければ治る可能性は高いです。逆に、深い凹みほど治療が困難です。特に、真皮層の奥にある皮下組織まで消失した凹みは治療不可能ともいわれています。

それでも、ボコボコだった肌も確実に改善しています。時間はかかりますが、きちんと改善して結果が出ているから今でもクレーター肌治療を継続できています。

キヨキヨ

自力でクレーター肌を治すメリット

自力でクレーター肌を治す一番のメリットは、多額の出費を抑えられることです。美容皮膚科でクレーター肌を治療すると、1回の施術で安くても数万円はかかります。

また、クレーター肌は1回レーザーを打って治るものではありません。様々な治療方法を何度も回数を重ねていくことが必要です。

ボコボコになった凹凸だらけのニキビ跡は、コンプレックスが根深いです。何百万円と美容皮膚科につぎ込んでも満足のいかない結果で終わることもざらです。

わたしの意見ですが、「自力で治せる範囲であれば自力で治す」ことを推奨しています。理由は、クリニックで高額支払ったところで肌の凹凸は治りにくいからです。

自力でのクレーター肌治療では、「できること・できないこと」があります。いろいろな方法を試しましたが、男性であるわたしが実際に実践して効果があったものだけを紹介します。

キヨキヨ

ダーマペンで自力でボコボコのクレーター肌を治す

クレーター肌も治せるダーマペンとは?

自力でクレーター肌を治すのであれば、ダーマペンが鉄板です。クレーター肌治療には、ダーマペンやレーザー治療が一般的ですが、自宅でも使えるのはダーマペンだけです。

セルフダーマペンは、自宅でできるもっとも美容効果の強いものでもあります。1.5ミリから2ミリの長い針であれば、肌のボコボコや毛穴の開きにも効果的です。

ダーマペンとは、マイクロニードルともいわれる細い針がついた電子機器です。それらの針を垂直に針を刺すことによって、ニキビ跡や毛穴をキレイに小さくしていきます。

原理としては、「傷跡を傷つけて、皮膚を再生させる力で元の傷を少しでも浅くする」という方法です。真皮層にある線維芽細胞に針が刺さると、肌の内部で組織が再生されます。

ケミカルピーリングなど、効果がありそうなものでもクレーター肌はびくともしません。セルフダーマペンが、自力でクレーター肌を治す唯一の方法といってもいえるでしょう。

「自分で針を刺すのは怖い・・・」と思うかもしれませんが、意外と慣れてくるものです。麻酔クリームを使えば、痛みもほとんど感じません。

今まで何十回とダーマペンしてきたので、逆にクリニックでダーマペンする方が怖いです。わたしは、誰かに任せるより自分でする方が安心します。

キヨキヨ

セルフダーマペンは最速がいい

セルフダーマペン

セルフダーマペンで自力でニキビ跡治療

では、セルフダーマペンのクレーター肌への使い方について解説します。

まず、ダーマペンをする使う前に洗顔(クレンジング)します。肌の雑菌や汚れを洗い流してからダーマペンを使います。

クレーター肌を治療するには、1.5ミリから2ミリまで長さが必要です。出血の可能性もありますが、効果が高いので一番長い2ミリでの治療を推奨します。

痛みが強いので、麻酔クリームを事前につけることも一般的です。治したい箇所に対して塗ったら、20分ほど待ってから水で洗い流します。

そのあとに、針をカチッとするまで本体に刺して準備万端。肌を傷つけないように、肌に対して垂直に施術していきます。

2ミリの針でセルフダーマペンをすると出血があるので水で洗い流します。出血といっても血だらけになるというより、肌の表面に細かい出血がある感じです。

こちらは、12本の針2ミリでダーマペンを使った後の赤みです。

セルフダーマペン直後の写真

セルフダーマペン直後の写真

ダーマペンを使い終わったら、成長因子の美容液を塗ります。成長因子は、刺激が少ないのと肌の基盤を再生させる効果が期待できるので、ダーマペン後やダウンタイム中に使うことがオススメです。

成長因子もピンキリですが、コスパや美容効果を考慮するとプラセンタジェルがベストです。わたしも今でも、セルフダーマペン後に必ず塗っています。

 

また、ダーマペンは針で肌を傷つける行為です。しっかりとオイルで保湿することで、傷跡の治りを早くさせられます。オススメは、ニキビ跡・傷跡に効果が高いバイオイルです。

そのあと、ダーマペンによる赤みが数日間ほど残りますが、だいたい4日後に見えなくなります。(※赤みが消えたからといって、すぐにダーマペンはできません。)

セルフダーマペン2ミリ4日後ダウンタイム

セルフダーマペン4日後(ダウンタイム)

ダーマペンを定期的に行うと、毛穴が引き締まり肌のボコボコもある程度治療できます。こめかみのクレーター肌は、ダーマペンを使い、自力で治すことができました!

セルフダーマペンこめかみ

セルフダーマペンこめかみ

針は毎回交換する必要がありますが、ダーマペンは一度購入すれば壊れるまで利用できます。自力でクレーター肌を治すなら、まず使ってみてほしい美容機器です。

セルフダーマペンに関する詳しい記事はこちら

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンでニキビ跡(クレーター肌)の経過ブログ! 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

男性がボコボコのクレーター肌(ニキビ跡)を治す方法まとめ

最後に、自分自身の経験から、わたしがオススメするクレーター肌治療方法についてまとめます。

それは、セルフダーマペンとサブシジョンです。これらは、自分がやってみて効果があったものです。未経験のことは紹介しません。

男性はセルフダーマペンでクレーター肌を治す

男性がクレーター肌を治すには、セルフダーマペンをまず勧めています。理由は、値段が安く手に取りやすいからです。

また、女性は出血が怖い方も多く、セルフダーマペンは男性の方が人気のようです。体育会系な発言をしますが、セルフダーマペンは気合と根性です。

ボコボコしたクレーター肌を治すには時間がかかります。美容皮膚科のホームページを見ても、途方に暮れる値段の治療が多いです。

そこで、セルフダーマペンからはじめてみるのがオススメです。美容皮膚科で行うダーマペン4などと仕組み自体は同じなので、自力でも代用できます。

実際に、深くえぐれた凹凸となると、ダーマペンやレーザーでも治療が困難な場合があります。しかし、それも何度か治療してみないとわかりません。

「効果があるかは試してみないとわからない・・・」といっても、試してみるだけのものに10万もかけられないのが本音ですよね。美容皮膚科でのクレーター肌治療は、バカ高いです。

治療結果が保証されていれば、ここまで自力で頑張らなかったと思います。クレーター肌治療が恐ろしいのは、何百万と払っても全然改善しないこともありえるという事実です。

経済的リスクを回避するためにダーマペンはオススメです。自力で治せる範囲は、治してしまいたいですよね。

キヨキヨ

サブシジョンでクレーター肌治療

最後に、おまけです。マネはしないでください。

ダーマペンを何回か繰り返していくと、浅いクレーターから徐々に改善されて肌はキレイになっていきます。毛穴も引き締まり、肌のキメも細かくなっていきました。

しかし、深い凹凸が残ることに気が付きます。皮下組織まで消失したクレーター肌を治すのは、本当に困難です。(逆に、深い凹凸がない方は、ダーマペンだけでクレーター肌治療を完結させられます)

そこで、わたしはTCA CROSSやヒアルロン酸注射なども自力で試しましたが・・・一番効果を感じているのはサブシジョンでした。

深い凹凸肌の原因として、ニキビ跡の下にある繊維が癒着していることがあります。凹みを形成するように下へと引っ張っているのです。

その繊維を針で取り除くのがサブシジョンです。ローリング型のクレーター肌に効果があるといわれています。

サブシジョンでクレーター肌を治す

サブシジョンでのクレーター肌治療

ただ、サブシジョンは外科手術ということもあって、副作用も高く、傷跡のダウンタイムもかなり長いです。

そこで、針を使って自力でセルフサブシジョンをしてみました。その結果・・・肥厚性瘢痕というケロイドっぽい傷跡ができてしまいました。(チーン)

クレーター肌を治すサブシジョン

サブシジョンで肥厚性瘢痕

自力でサブシジョンをしてからもう9か月経過していますが、まだケロイド状の傷跡が残っている状態です。やはり、セルフはダーマペンだけで十分です。

ただ、サブシジョンは深い凹凸クレーター肌の希望です。美容皮膚科での治療も選択肢として考えるべきものでしょう。

ということで、この記事では、男性がクレーター肌(ニキビ跡)を治すときに知っておくべきことについて書きました。

他にもセルフでクレーター肌を治療する方法はあります。ダーマペン以外は危険なのでオススメできませんが、いろいろやってきたので参考程度に見てみてください!

セルフ美容のプロが教えるクレーター肌になってしまったニキビ跡を自力で治す方法3選!「一生治らない」と嘆く前に。セルフ美容のプロが教えるクレーター肌になったニキビ跡を自力で治す方法3選!「一生治らない」と嘆く前に。

クレーター肌治療の過程とビフォーアフターを定期的にYoutubeチャンネルにて紹介していますので、ぜひそちらもチェックしてみてください!※ちなみに、今は29歳です


16 Comments

ロキ

非常に参考になりました!
ありがとうございます!

クレーターと毛穴開きの中間みたいのが
ちょこちょこあるんですが、
効果ありますかね?
30代前半男性です。

とりま一式買い揃えたので
ダーマペン寝る前にやって、高価な成長因子入り化粧水みたいのちょいとつけて
あとは全体にキズパワーパッドでかいの貼って寝ようと思います

返信する
oimokyo

ロキさん

そう言っていただけると、情報発信する側としてとても嬉しいです!
そうなんですね。効果は確実にあるはずですが、すぐにつるつるになるわけではないので、コツコツと継続してみてください。
20代後半のわたしで効果が出ているので、大丈夫でしょう!(個人的には、何歳のひとでも効果があると思いますが)

キズパワーパッドもいいですが、ワセリンしてラップしても同じ効果が得られるはずです。
わたしはホホバオイルを現在使っていますが、いい感じですよ!

返信する
ロキ

返信ありがとうございます!

施術後に塗る順番は
EGF美容液→ホホバオイル→ラップ密閉

ですか?

ダーマペン、リンク先飛んだら、針付きで4,500円くらいで売ってて
類似品かなとちょっと怖いですが
麻酔クリーム含め一式揃ったので
休日前とかに試してみますー

返信する
oimokyo

ロキさん

そうですね!
美容液→ホホバオイルの順番で間違いないと思います。
わたしはホホバオイルにラップしてませんが、より効果が期待できますね!

ニキビ跡治療はじわじわと浅くなっていくものなので、コツコツと継続していきましょう(^o^)

返信する
ロキ

返信遅くなりました!
ありがとうございます!

ちょっと人と会うことが多かったので
この後、初ダーマやってみますー

エムラクリーム塗って顔にラップ貼りながらコメ書いてますw

質問連投すみませんが、
針の長さは最初何mmくらいで始めましたか?

0.25〜2mmくらいで調整できるやつで、
oimokyoさんのと同じ色したダーマなので、機能も似てるかと思いますが、

ちょっと怖いので、
真皮に届かなくても、最初は1mm以下でやろうと思ってます。

あとスピード5段階で選べるので、
まあこれは治癒効果に影響するかどうかより、単純に時間節約的な側面での機能かと思いますが
2段階目くらいでやろうかなーと

そのへんの設定、教えてもらえたら幸いです^^

返信する
oimokyo

ロキさん

ご連絡ありがとうございます。
わたしは最初から2ミリ&最速で行っています。
理由は、

・クレーターが深いので長い針で刺したい
・速度が早いほうが、ダーマペンの傷跡を最小限にできる

からです。

あまり小さなニキビ跡に、長い針を刺しても意味ないですからね・・・。
ロキさんの症状によって使い分けてみてください!

速さは、ダウンタイムを軽減するためにも、最速がいいとおもいます!
参考までに、よろしくお願いします!

ロキ

あ、すみません、動画見させてもらって

もちろん、2ミリ&最速が一番良いのが分かった上ですけど、
oimokyoさんは最初からMAXでやってたのかなー、と^^

返信する
oimokyo

はい、そうですよ(^o^)

でも、ぼくは大雑把な性格だからということもあります笑
ご自分のお肌の状況に合わせて(ニキビ跡の深さ)針の長さを変えてみてもいいと思います!

返信する
ハル

高校生なんですけど、ダーマペンはやっても大丈夫でしょうか!?
ニキビはあまりもうできていなくてクレーターが残っているような状態です!
あと、もしやっていいならそのニキビ跡が赤っぽい感じなんですけど、それでもやっても大丈夫なのでしょうか!?

返信する
oimokyo

こんにちは!

はい、やって大丈夫です。わたしは大人になってから気になってやりはじめましたが、もっと若いうちからダーマペンをしていればよかったと思っています・・・。

なるべく気がついたときからニキビ跡・クレーター肌は治していきましょう(^o^)

返信する
ぼん

こんにちは!

こちらの記事を読んでダーマぺんに興味を持ちました。コメカミのニキビ跡がひどいのと、頬にも少しニキビ跡があります。コメカミは時間がかかると思うのですが、薄いニキビ跡は治るのが早いのでしょうか?

返信する
oimokyo

薄いニキビ跡は治るのが早いですよ!体感だと、こめかみは治りが早いです(^o^)

返信する
アッカーマン・リヴァイ

僕もダーマペンやろうと思ってるんですけど
順番がいまいちわからなくて
ダーマペンした後にヒト由来幹細胞→ホホバオイルでいいんでしょうか?これ以外に必要な事はありますか??

返信する
oimokyo

はい、その順番で大丈夫です!
出血したら水で血を流して、そのあとにヒト由来幹細胞からのホホバオイルがオススメです。

返信する
ツカツカ

全体的に深く陥没したのはないのですが、
両頬がみかん肌のようなぶつぶつがあります
(肌色は普通)このようなものは
ダーマペンでも治りますかね?

返信する
kiyo2blog

ツカツカさん
ご連絡ありがとうございます。
実際に試してみないとわからないのですが、深い陥没よりも逆にみかん肌のようなものの方が治りやすいかと思います。
深い凹凸だと繊維に引っ張られて治りは難しいのですが、表面的な凸凹や傷跡であれば、ダーマペンはいい選択肢になるかと。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です