キヨキヨの凹凸クレーター肌歴史と治療過程 セルフダーマペンとの出会いについて

キヨキヨのクレーター肌と治療方法まとめ セルフダーマペンとの出会いについて

こんにちは、キヨキヨです。

この記事では、わたしのニキビ跡・クレーター肌に対する過去・歴史をお話します。

たかがクレーターですが、されどクレーターです。病気として認識されていませんが、クレーターはわたしたちの自信(self-confidence)を奪います。

お肌は、「清潔感」に直結します。どんなにおしゃれをしようが身なりを整えようが、肌が汚いと自分に自信なんてもてないですよね・・・。

キヨキヨ
ニキビができて、潰してしまって、跡になって・・・。凹凸肌にお悩みの方は誰もが通った道ですよね。

知らぬ間にできた顔の凹凸に絶望する

わたしは、いわゆる「美容男子」ではなく、日光浴が大好きで、他人の目線をあまり気にしないで生きてきました。

真夏にサーフィンをするときでさえも、日焼け止めを塗らないような人間でした。それが、後に後悔することに・・・。

また、子供の頃から悩まされてきたニキビですが(今ではだいぶ消えましたが)ニキビを潰してきたことによって、顔中にクレーターができてしまいました。

それでも、鏡で顔を見る習慣がなかったのであまり気にしていませんでした。無知は、幸せなことです。

しかし、健康のために歯の矯正をはじめたのがきっかけで、鏡を見る習慣が付き、クレーター肌が気になり始めました。

歯の矯正状況を確認するために鏡を見ていたら、自分の顔中にある凹凸が嫌で嫌で仕方なくなったのです。

そこで、レーザー治療などを受けようともしましたが、美容皮膚科のニキビ跡・クレーター肌治療に出せるお金もありませんでした。

また、クレーター治療の方法もいくつもあるので、どれがいいかわかりませんでした。かといって、すべて試す経済的な余裕もありません。

そこで知ったのが「ダーマペン」です。美容外科で行われていることが、セルフでもできると知って飛びつきました。

キヨキヨ
当時のわたしにとって、得体の知れない「ダーマペン」は、希望でした。
クレーター治療をはじめる前の肌

クレーター治療をはじめる前の肌

セルフダーマペンとの出会い

ダーマペンがさっそく自宅に届いたのですが、如何せん使い方がわかりません。

当時は、セルフでダーマペンをしている人がほとんどいなかったのです。情報もかなり少なかったです。

それでも、海外のYoutubeやブログなどを片っ端から調べて、ダーマペンを使ってみることにしました。

キヨキヨ

顔が血だらけになり、興奮して眠れなかったことを覚えています。

当時は、美容液も持っていなかったので、近所のドラッグストアのサンプルを使わせてもらいました。

キヨキヨ人生初のセルフダーマペン

キヨキヨ人生初のセルフダーマペン

結果として、一回で劇的に改善することはできませんでしたが(どの治療法でもそうでしょうが)続けていくうちに、クレーターも浅くなっていき、肌全体もキレイになっていきました。

クレーター治療は、気合、根性、継続がすべてです。

キヨキヨ
自宅でセルフでするならダーマペンが一番ですが、美容皮膚科にもあらゆる治療方法があります。

予算に合わせて治療していきましょう。

そこから、セルフダーマペンをはじめてもう一年以上も経ちました。

初期のころは毎週ダーマペンをしていたので(やりすぎですね)通算して何十回もしたことになります。

その情報をブログやYoutubeで発信してみたところ反響がありました。その延長線上で美容情報を発信してみるようになったのです。今では、美容ブロガーです。

セルフクレーター肌治療方法(TCA CROSS、サブシジョン、トレチノイン)

セルフダーマペンを何回もしていくうちに、他の治療方法にも興味を持ち始めました。

美容皮膚科に行く予算はないので、「自宅でセルフで何かできないか」ということで、TCA CROSSやサブシジョンもセルフでしてみたのです。

セルフでTCA CROSSした感想(アイスピック型クレーター)

TCA CROSSは、「施術における痛みが少ない、時間がかからない」というメリットがあります。

しかし、副作用である色素沈着が長期的に残ってしまうデメリットがあります。

かといって、副作用のわりにそれほどクレーター肌に対して治癒力があるものでもありませんでした。

セルフでサブシジョンをしてみた感想(ローリング型クレーター)

次に、なんとサブシジョンもセルフでしてみることにしました。

要するに、針を皮膚にぶっ刺して、真皮層や皮下組織にあるクレーターの癒着を切り離すのです。もう、外科手術になります。

サブシジョンはめちゃ痛いし、かなり色素沈着も伴います。セルフでの施術は絶対に推奨しませんが、ローリング型クレーターには多少有効的でした。

ここらへんの情報に関して詳しくは、以下の記事にまとめました。

トレチノインのクレーター肌における有効性

美容について調べるようになり、トレチノイン・ハイドロキノンといった、日本では馴染みのない効果の高い美容製品を知ることもできました。

特に、トレチノインは肌をターンオーバーさせる効果があり、ニキビやニキビ跡はもちろん、薄いクレーターにも効果があるといわれています。

キヨキヨ
正直、クレーター治療におけるダーマペンほどの効果は確認できていませんが、塗るだけだし、美肌効果も高いのでとてもオススメです。

セルフでクレーター治療をはじめて一年ほど経ちましたが、お肌の手入れを気にするようになり、今では自分の肌に自信が持てています。(まだありますが)

クレーターがある人は、実はかなりいますよね。街を歩いていても、よく見かけます。多くの人が抱える悩みなのにずっと隠蔽されてきたもののようです。

また、日本でのクレーター治療は、美容皮膚科でも家庭でのセルフケアの両面においても遅れているように思えます。

今後も、海外ではどのような治療がされているかを紹介したり、現在の日本においてベストな「セルフクレーター治療」を発信していきたいです。

今まで不治の病だといわれてきたクレーター肌。時間もかかるし痛みもあるので「難病」ではありますが、地道に結果は出ていくものです。一緒にがんばりましょう!




2 件のコメント

  • お久しぶりです。
    また、YouTube1万人突破おめでとうございます。(おそくなりましたが笑)

    以前、コメントいたしましたパンダです。
    YouTubeいつも見ています。いつも思うのですが、説明が非常に巧く分かりやすいですね。
    これからもご活躍を応援しています。

    以前より僕のコメントが僕の日記みたいになってしまっていたので、これはどうなのかな?と思ってまして、コメントを控えておりました。
    本日の動画(森脇さん笑)を見まして、僕の現状を伝えたいなと思いましてコメントいたしました。

    まず、育毛ですがかなり改善いたしました。パッと見られてもハゲとは思われない位に改善しました。
    そのなかで感じていることは、2~3ヶ月のサイクルで、あれ?薄くなった?と感じる時期があることです。そう感じた後に少しずつ増えていっている印象です。
    また、僕の場合はフォリックスを塗りすぎると(2プッシュ以上)顔が浮腫んで目が一重になるという副作用があります。
    なので、現状0.5プッシュを夜のみで使っています。

    また、ミノタブとフィナステリドの錠剤を服用していますが、半年前の健康診断で肝臓の数値が少し上がっていました。対策として、以前は同時に服用していたのを6時間以上の間隔を空けて服用することにより正常値に戻りました。

    肌に関してですが、結論から言うとかなり改善いたしました。
    ただ、僕は
    ・ダーマペン
    ・ベビーフットピーリング
    ・プラセンタジェル
    ・メラケアフォルテクリーム
    ・鍼
    ・泡ハイター

    をこの半年で試しておりまして、どれが効いたのか判断がつかないのが現状です。
    ただ、肌はかなり改善しましたのであとはのんびりとやっていこうかなと考えております。

    話が少し変わるのですが、以前より僕は1つの疑問と仮定を持っていました。

    それは
    ダーマペンについてです。

    ダーマペンは間違いなく効果があるという前提なのですが、僕は

    針、そんな深く刺さらんよな、、

    と言う疑問がありました。
    0.5ミリ程度刺そうと思うとなかなか難しいなと感じていました。

    僕は

    0.5ミリ程度、クレーター痕に大量に鍼を刺せれば改善するのではないか?という仮定をたてていました。

    そこで、鍼灸用の鍼でクレーターに刺しまくるということをしました。(素人が鍼灸の鍼を購入して良いのかどうかわかりませんが、、、)

    ただ、正直、何が効いたのかわかりません。
    現状はまだまだ綺麗とは言えませんがかなり改善することができました。

    ・泡ハイター
    という項目ですが
    これは僕だけの特殊な方法だと思いますので、参考にはならないと思いますが、書いておきます。

    僕は肌も改善しまして、ダーマペンをそこまでする必要性もないなと感じていました。
    また、やはりダウンタイムが仕事に支障が出るのも事実でした。
    そこで、ダウンタイムが気にならない程度に肌に負担をかければ良いのではないだろうか?と考えました。

    そこでまず思い付いたのが
    キッチンブリーチです。
    思い付いた理由としては2点あるのですが、

    1,小学校の時にブリーチが手につきぬるぬるするのは手が溶けているからだと、先生が言っていました。(本当に溶けているのでしょうか?実はわからないのですが、、)

    そこで、肌を薄く溶かしてくれるのではないか?と思いました。

    2、僕は季節の変わり目に唇にヘルペスができます。1度できると2週間はなおりません。そこで10年前に

    ヘルペスはウィルスなんだよな?ブリーチで殺菌したらいいのでは?と思いブリーチをヘルペスに塗ったところ、3日ほどでたちまちに治るようになりました。
    それ以来、ヘルペスができ始めるとブリーチを塗り早期に治しています。

    その2点からブリーチに変な信頼感を持っていました。

    ただブリーチは使いにくいので
    現状は泡ハイターを肌のゴワゴワした所に塗ってその後に洗顔しています。
    まだ2週間程度なのですが、ダウンタイムも無く肌が柔らかくなっております。

    すみません。
    仕事の用事でまた書きます。

  • パンダさん、ご連絡お待ちしておりました!
    さすが、頭おかしいですねw もう、全然参考にならない感じがたまりません!そういうチャレンジ精神、大好きです。

    副作用あるんですね・・・。そういえば、ぼくはツゲインにしてから副作用感じていません。フォリックスは確かに腫れぼったくなっていた気がします。いいご指摘、ありがとうございます。

    はい、またお願いします!こちらのブログは悲しいことにほとんど閲覧されていませんので、パンダさんとの文通を楽しみにしています。

  • パンダ へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です