セルフダーマペンにゴールデンホホバオイルはなぜ使われるのか。ニキビ肌でも使える美容オイル!

セルフダーマペンにゴールデンホホバオイルはなぜ使われるのか。

ホホバオイルは、安くて、万能で、美容効果が高いことでも知られ、海外では大人気の美容オイルです。

最近では、海外での評判を輸入するかのように、日本でもじわじわと愛用される方が増えてきました。

また、セルフダーマペンとの相性がいいことでも知られています。なぜ、ホホバオイルがセルフダーマペンの後に使うと効果的なのか解説します!

MEMO
オイルと聞くと、ニキビ肌は使わないと敬遠されるかもしれません。

しかし、ホホバオイルはニキビを作らないオイルなのでオイリー肌の方にも使えるものです!

未精製ゴールデンホホバオイルの成分と特徴

まず、未精製ゴールデンホホバオイルの成分や特徴についてみていきます。

ゴールデンホホバオイルの特徴

ゴールデンホホバオイルには、次のような特徴があります。

酸化安定性が高い(腐りにくい)

ホホバは、カリフォルニア、メキシコなどの砂漠に生える多年草の植物で、不毛地帯や半砂漠地帯でもよく育ちます。

砂漠でも育つ性質から、ホホバはとても熱に強い植物です。そのため、ホホバオイルは傷みにくい、酸化しにくい性質があります。

370℃以上の高温で4日間熱し続けても品質の変化がないと言われていて、固形にもなりにくいので使いやすいです。

ワックスエステル含有量が高い(敏感肌・アトピーにも使える)

ホホバオイルは、50-60%がワックスエステル混合物と言われています。

ワックスエステルとは、肌の弾力や潤いを保たせてくれたり、美容効能をもたらしてくれる成分です。人間の皮膚にも20-30%も含まれています。

そのため、ホホバオイルは肌なじみがよく浸透力に優れています。保湿剤や美容液として、人気が高い理由です。

アトピーなどの敏感肌の方でも抵抗なく利用でき、人工心臓の潤滑油としても使われるくらい、安全性が高く人の身体に馴染むオイルなのです。

ホホバオイルでニキビはできない

ホホバオイルは、ニキビができにくいオイルです。

美容オイルのいいところは、保湿力の高さです。逆に、悪いところは、べたつきやニキビができてしまうこと。

ひまし油・オリーブオイル・アルガンオイルなどの美容オイルは「油脂」と呼ばれるもので、ニキビの原因であるアクネ菌を生み出してしまいます。

オイルは乳液やクリームより油分が高いので、保湿力には優れているのですが、ニキビができてしまいます。オイリー肌の方には使うのが難しいです。

しかし、ホホバオイルは「油脂」ではなく「ロウ」と呼ばれる種類のオイルです。ニキビができにくいのに保湿力が高いので、どなたにもオススメできます。

MEMO
このように、ホホバオイルはアトピー肌にもニキビ肌にも、誰にでも安心して利用できる「万能オイル」なのです。

ゴールデンホホバオイルの栄養素

ゴールデンホホバオイルには、多くの栄養素も含まれています。

具体的に、

  • ビタミンA:お肌を柔らかくしたり、乾燥を防ぐ
  • ビタミンD:頭皮環境を整え、髪の毛の成長を促進させる
  • ビタミンE:血流を良くして、細胞を活性化させる

などのビタミンを多く含み、

  • アミノ酸:髪・肌の乾燥を防ぐ。アミノ酸は皮膚の原料でもあるので、アレルギーに心配せず保湿できる
  • ミネラル:シミ、そばかすを防ぐ。ビタミン類と同じく、アンチエイジング効果がある

など、アミノ酸とミネラルも多く含んでいます。

ビタミンやミネラルを多く含むので、肌のしみ・シワ・たるみなどに対して効果が高く、アンチエイジング機能としても評価が高いです。

ホホバオイルの原料:ホホバの実

ホホバオイルの原料:ホホバの実

セルフダーマペンとゴールデンホホバオイルとの相性は?

ホホバオイルは、セルフダーマペンとの相性がいいといわれています。わたし自身も、セルフダーマペン歴が長いですが愛用しています。

ホホバオイルをダーマペンの後に使うといいと言われている理由として、

  • オイルなので保湿力が高い
  • オイルなのにニキビができにくい
  • 栄養が多い

です。

まず、セルフダーマペンをした後は、できるだけ保湿力が高いもので保湿した方がいいです。

保湿力を高い順にランク付けすると、

  1. オイル
  2. クリーム
  3. 乳液

となっています。これは、油性成分の比率を端的に表しています。油が多いほど、保湿力も高くなるのです。

残念なことに、美容オイルはニキビができる原因=アクネ菌を生み出してしまうことがあります。特に、ニキビができやすいオイリー肌(脂性肌)の方ほど、オイルを敬遠されていることでしょう。

しかし、ホホバオイルは「油脂」ではなく「ロウ」に分類され、アクネ菌を作らないオイルなのです。

つまり、ホホバオイルは保湿力も高いのにニキビ肌との相性もいいのです。セルフダーマペンをした後や、ダウンタイム中にも使いやすいオイルだといえます。

以前は、ワセリンをラップして使ったりもしていましたが、毛穴に蓋をしてしまいニキビの原因となるので今はやめました!

キヨキヨ

また、ホホバオイルの中でもゴールデンホホバオイルと呼ばれる未精製のオイルは、栄養もたっぷり含んでいます。オイルの中に入っているビタミンやミネラルによって、ダーマペンによる傷の治療を早めてくれるでしょう。

ホホバオイルでオススメなのは、Cafe de Savonのゴールデンホホバオイルです。値段も安く、匂いも少なく、伸びもいいです!

Cafe de Savonのゴールデンホホバオイル

Cafe de Savonのゴールデンホホバ

MEMO
ホホバオイルは、ネイティブアメリカンの間で「奇跡のオイル」として肌の保護や傷の治療に用いられていたそうです。

傷との相性がいいオイルとして、昔から知られていたようですね!

ホホバオイルにも安いものから高級なものまでいろいろな種類がありますが、高いホホバオイルを買う必要はありません。

多少違いはあるのかもしれませんが、「ホホバオイル」はどれも「ホホバオイル」です。大きな違いはないので、レビューなどをみて安くて使いやすそうなものを選びましょう!

注意
ホホバオイルには、精製オイルと未精製のオイルがあります。

未精製のゴールデンホホバオイルの方が栄養が多いのですが、敏感肌の方の中には肌に合わない方もいるようです。

肌が弱い方は、透明の精製されたクリアホホバオイルがオススメです。無印良品のホホバオイルがいいですね!

まだ無印のホホバオイルは使ってるの?安くてコスパ最強の未精製ゴールデンホホバオイルの美容効果に迫る。まだ無印のホホバオイルは使ってる?コスパ最強の未精製ゴールデンホホバオイルの美容効果に迫る。

セルフダーマペンに関しては、詳しくこちらの記事で解説しています。

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンでニキビ跡(クレーター肌)の経過ブログ! 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

ゴールデンホホバオイルとプラセンタジェルの相性が最高

最後に、ホホバオイルとの成長因子(プラセンタジェル)の相性がすごくいい、という話をします。

未精製のゴールデンホホバオイルだけでも、保湿力も高く、肌を柔らかくすることができます。

しかし、ホホバオイルを塗る前に成長因子であるプラセンタジェルを塗ると、本当に肌がもっちりします・・・!

特に、就寝前にプラセンタジェルとホホバオイルを併せて塗ってみてください。翌朝の肌質がかなりよくなって驚くはずです。

7本以上買う場合は、こちらのサイトがお得です→プラセンタジェル

プラセンタジェル の詳しい記事はこちら

ヒトプラセンタジェル(プラセントレックス) 美容効果とは?クレーター肌・ニキビ跡治療での使い方ヒトプラセンタジェルのクレーター肌・ニキビ跡への効果と使い方!素晴らしい美容効果について。

ホホバオイルはコスパもいいし、全身に使いやすい美容オイルです。買って損しないと思うので、興味がある方はぜひ使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です