ダイエット中に食べ過ぎたものを簡単に吐く方法!吐いて痩せるは危険だぜ、食欲を抑えるんだ。

食べ過ぎて簡単に吐く方法と食欲を抑えるコツ

世の中には、なかなか吐くことが苦手な方もいるようですね・・・。胃腸が弱いわたしは、小さい頃からラクに簡単に吐くコツを体得してきました。

嘔吐すること自体はいいことではありませんが、吐きたいときに吐けないのはもっと体に悪いことです。飲みすぎ・食べ過ぎたら吐いてスッキリする方がかえっていいこともあります。

吐き方を間違えると、体の内部を傷つけてしまいます。吐きたいときにラクに吐ける「上手な吐き方とコツ」を覚えましょう。

「正しく吐く方法」なんてありませんが、子どもの頃から度々吐いてきたわたしが実践してきた「ラクで簡単な吐き方」をご紹介します。

もしかして、吐いてダイエットしようなんて考えていませんか?嘔吐ダイエットは、長く継続できるダイエット方法ではありません。

ダイエットの基本は、長期的に痩せられるかどうかです。「吐く方法」を紹介したあとに、健康的に長期的に痩せる「食欲を抑える」方法もご紹介します。


食べ過ぎたものをラクに簡単に吐く方法

まず、気持ちが悪くならないと、食べ過ぎ・飲みすぎないと吐くことは不可能です。胃になにも残っていないのに、何かが出てくることはありません。

大事なのは、食べ過ぎた分だけを吐き出すことです。当たり前ですが、食べ過ぎてないのに吐くことはできません。

吐くことは体に悪いことです。胃に負担をかけます。しかし、食べすぎることも胃に負担をかけるのです。

なので、食べ過ぎた分だけを吐くことを推奨します。あまり食べてないのに吐く習慣がつくと、体内に健康被害がでる可能性が高まるでしょう。

食べ過ぎたものを簡単に吐く方法

では、さっそく食べ過ぎたものを簡単に吐く方法・コツを説明します。

オススメの吐く方法は、トイレの奥底をじーっと眺めることです。食べ過ぎであれば、自然と吐けます。

トイレが汚いほど嫌な気持ちになるかもしれませんが、これは仕方のないことです。

トイレで吐く

そのときの姿勢として、お辞儀をするように頭を下げるのがコツです。頭の位置が胃より下にあると、より多く量を吐くことができます。

なので、なるべく高い姿勢のまま頭を下げて吐くことをオススメします。便器に手をついて、頭を突っ込むような感覚です。(伝わってますか?)

画像にするとこんな感じ↓

トイレで簡単に吐く方法

トイレで簡単に吐く方法やってみた

(どうも自撮りだと難しかったのですが、この状態からさらに頭を下げたような感じです)

あと、食べ過ぎた分だけを吐きましょうね。自然に吐ける分だけで、気持ちがスッキリします。「吐きたい」という自然な感情に身を任せるのです。

なかなか吐けない人は、トイレを覗きながら胃(下っ腹)を軽く押してあげましょう。下っ腹を押しながら、トイレの奥を覗き込んで、吐ける量だけを吐きましょう。

胃に食べ物が溜まっていると、そこを直接刺激してあげれば吐きやすくなります。お腹を押しても出ない分は吐けないということなので、素直に諦めてください。

注意

また、「食べたものを吐く方法」として有名ではありますが、決して喉に指をツッコむことはしないでください。マジ危険です。

ただでさえ吐く行為は胃を悪くするのに、喉まで傷つけてしまいます。非常に危険なので、絶対にしないでください。

吐き過ぎると逆流性胃腸炎になる?

しかし、一度吐くことに慣れると、「食べ過ぎて吐く」を繰り返すようなってしまいます。

特に、食欲への誘惑に勝った気持ちになるので、「嘔吐ダイエット」はクセになってしまうのです。

しかし、吐けば吐くだけ胃は傷つき、胃液が喉の方まで上がってきてしまいます。いわゆる、逆流性食道炎です。

わたしは以前、食べては吐いてを繰り返している時期があり、吐きすぎた結果として胃の手術一歩手前までなりました。

そんなとき、パンシロンキュアSP錠 を飲んでいました。特に、乗り物酔いが酷く吐きまくっていたときによく飲んでいました。

心配な方は、胃腸内科で診察を受けてみてください。日頃からの管理をしっかりしましょう。

食べ過ぎて吐く前に「食べ過ぎない」ためにするべきこと

以上、食べ過ぎたものをラクに吐く方法をご紹介しました。これで、食べ過ぎても大丈夫ですね。はっはっはっ・・・え?

確かに、食べ過ぎてしまったときに吐くことは大事です。うまく吐けない人には、ぜひ吐くコツをマスターしていただきたいです。

しかし、そもそも問題点が違います。食べ過ぎた後に簡単に吐くことではなく、食べ過ぎないことが大事なのです。

なぜ、あなたは食べ過ぎてしまうのでしょうか?なぜ、食べることをやめられないひとがいるのでしょうか?

食べ過ぎてしまう原因は、糖質と脂質と塩分

食べ過ぎてしまう原因、それは糖質と脂質と塩分です。まさに、食事の醍醐味の部分でもありますが・・・。

もともと、原始時代に糖質も脂質も塩もほとんどありませんでした。あったとしても、貴重な物質だったのです。

それが現代では科学が進化して、成分を抽出できるようになりました。そこで、人間が味覚として感じる「うまみ」を成分として添加できるようになりました。

その最たる例が、糖質と脂質と塩です。砂糖と油と塩があると、いくらでも食欲が倍増させられます。

白米を白米だけでどれほど食べられますか?すぐに飽きてしまいますよね。それが、肉の油や塩っぽいふりかけをかけると何杯でも食べられるようになりますよね。

この記事では、「吐く方法」がメインテーマだったので詳しい話は避けますが、とにかく砂糖・油・塩には気を付けてください。

食べ過ぎない!食欲をコントロールする方法

では、食欲を抑える=食べ過ぎをコントロールする方法には何があるのでしょうか?

それは、タンパク質を摂取することです!(ドドン)

タンパク質を十分に摂取することで、その日一日の食欲をグッとさげることができます。マジです。

わたしも、朝食はホエイプロテインだけです。朝にプロテインを飲んで、午後2-3時くらいまでは何も食べません。プチ断食にもなります。

「18時間なにも食べない」や「朝食はホエイプロテインだけ」というのは、ここ数年のダイエットトレンドです。どのダイエット本にも書かれています。

無理に断食や朝食抜きを実行しろとはいいませんが、とにかくホエイプロテイン(タンパク質)を摂取すると、食欲は抑えられます。値段も高くないで、ぜひ試してみてください。

「プロテインで太る」「女性が飲むとマッチョになってしまう」ということもありません。まずは、プロテインを毎朝飲む習慣を強く強くオススメします!

キヨキヨ

安くておいしいホエイプロテインはエクスプロージョン

以前は、安くておいしいプロテインはマイプロテインなどの海外製品のものが多かったです。

しかし、最近では楽天やamazonなどでも、日本メーカーの安くておいしいホエイプロテインが人気です。

わたしのオススメは、エクスプロージョンのホエイプロテインです。とにかくコスパ最強なので、試してみてください。

1番オススメなのは、wpiという糖質を極力カットしたものです。その中でも、ブルーベリーヨーグルト味は、最高においしいです。

※現在(2021年3月)は、楽天市場でしか販売していません。

次にオススメなのは、wpc(少し糖質は多いけど値段が安い)タイプの杏仁豆腐味です。

YouTubeでも紹介しましたが、わりと好評でした👏


しかし、杏仁豆腐味は最初はおいしいのですが、だんだん嫌になってきますw 

ちょっと値段は高いですが、上のwpiブルーベリーヨーグルト味がオススメです。品質もいいし、なによりおいしいので「買って飲まなくなる可能性」はグッと下がるはずです!

キヨキヨ

ダイエットの基本は、「食欲を抑えること」です。痩せる生活を手に入れられれば、人生変わります。頑張りましょう!

健康的に痩せるには主食置き換えダイエット

また、プロテインダイエットだけでなく主食置き換えダイエットも推奨しています!

ダイエットの基本は、太るものを食べないことです。太るものといえば、油っぽいものと炭水化物があります。

注意したいのは、炭水化物です。油分であれば気をつけやすいですが、ご飯やパンは「主食」として食事に出てきます。

炭水化物は「主食」であるのに、とても太りやすく依存性のある食べ物なのです。清涼飲料水やスナックだけが「糖質」ではありません。

わたしも、朝食をオートミールに、夕食を豆腐を主食に置き換えています。以来、体重が増加したことはありません。

【激痩せ】豆腐を主食にする置き換えダイエット効果 腹持ちがいい木綿豆腐で毎日痩せる!【激痩せ】豆腐を主食にする置き換えダイエット効果 腹持ちがいい木綿豆腐で毎日痩せる! オートミールの栄養効果 ダイエット 糖質あるけど痩せる? 健康 美容 便秘にも完全食オートミールの効果(ダイエット・美容) 糖質制限・腹持ちよく快便効果も。太らない主食

継続的にダイエットするのであれば、プロテインダイエットと合わせて、炭水化物抜きダイエット(糖質制限)が効果的です。

体を壊したら、何もうまくいきません。食事を変えることからコツコツと続けていきましょう。

キヨキヨ

吐くダイエット(嘔吐ダイエット)をした過去について

最後に、ちょっとしたコラムです。わたしが、吐いて痩せる方法=嘔吐ダイエットをしていたいきさつについて。

わたしは、実際に「吐くダイエット」をしていた時期が、短いですがあります。どうしても食べ過ぎてしまう状況にあり「吐いて痩せる」ことを決意しました。

それは、嘔吐ダイエットしか他に方法が見当たらない状況にあったからです。

お腹がいっぱいなのに、バクバクと食べ物を胃に放り込み、ブクブクと太っていく体に危機感を覚えました。

食べ過ぎて気持ちが悪い・・・。そんなときに運動しても仕方がないので、食べた分だけを吐き出すことにしました。

嘔吐ダイエットは、あらゆるダイエット方法の中でも推奨されるようなものではありません。今では吐いてませんし、今後も吐くことはないでしょう。

「食べ過ぎ」が止められない時期があった

健康に悪いと頭でわかっているのに、なぜ吐いて痩せる方法を選んだのでしょうか?

それは、食べ過ぎることを止められなかったからです。ある時期は、過食を繰り返していました。

経験したことのある方はわかると思いますが、『過食症状』になると、いやでも食べることを繰り返してしまいます。

毎日、食べ過ぎて気持ちが悪かったので、気分をよくするために吐いていました。

「食べ過ぎて吐く」と言う、まさに『過食嘔吐』を繰り返していると、逆流するので胃が荒れてきます。

胃が荒れると、不思議と異常に湧き出ていた食欲も失せてくるのでした。食べられない日々が続き、胃も小さくなり自然と痩せていたのです。

「食べ過ぎて気持ち悪かったから吐く」ことを繰り返していたら、いつの間にかダイエットになっていました。(一時的なものですが)

揚げ物を食べることを止められなかった日々

わたしが「食べ過ぎ」ていたのは、揚げ物です。

スーパーのタイムセールに足を運び、揚げ物を毎晩買って食べていました。もちろん、きちんと夕食を食べた後です。

心当たりのある方もいるとは思いますが、食べてはいけないとわかっているのに、食べ過ぎてしまう恐ろしい感覚。

その時期は、ほぼ毎日水泳に通っていましたが、体重はぐんぐん増加していました。

いくら運動しても、食べ過ぎを止めなければ、痩せることはありえません。

揚げ物を食べ過ぎていると、脂が胃にたまっていき、吐き気を催していました。

せっかく買って食べたものを吐き出すのはもったいないことですが、気持ちが悪かったので吐くことにしました。

辛かったですが、それを十日ほど繰り返しました。胃が荒れたせいか、次第に食欲も減退し、禁断症状もなくなりました。

その後は、食生活に気をつけることを意識して、継続的にダイエットに成功しています。

吐くダイエット(嘔吐ダイエット)は危険なのでするべきではない

ダイエットの成功原則は、コツコツと継続できることにあります。

「一ヶ月で10キロ痩せた」というような宣伝文句に騙されてはいけません。結果を焦ると、健康に被害を及ぼします。短期間で急激に痩せられるダイエット方法には、必ず健康への副作用が含まれています。

ダイエットをしたい方は、長い目で見て美しく健康的に痩せられるダイエットしていきましょう。食事の見直しが、まずなにより大事です。

長い目で、より美しく健康的な体を作りましょう。真の美しさは、体の内側から出てくるのものです。

さいごに

嘔吐ダイエットは、危険な行為で、なるべく実践してはいけません。

あくまでも、食べ過ぎた分だけを吐き出す、程度に抑えるようにしましょう。体が壊れてしまうと、痩せる意味もありません。

ダイエットの目的はなんですか? それは、今の自分よりも少しでも美しくなりたい、という気持ちではないでしょうか。

体をボロボロにしてまで他人によく見られたい思い、とはどんなものでしょうか。

美しさは、内側から出るものです。適度な運動と、置き換えダイエットで必ず痩せられます。体に配慮したダイエットを実践してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です