成長因子(グロースファクター)効果・コスパいいランキング!EGF・FEF・ヒト由来幹細胞・ヒトプラセンタをダーマペン後に使う

成長因子(グロースファクター)比較ランキング

成長因子(グロースファクター)とはしわ・しみを治すなど、高いアンチエイジング効果を発揮してくれる成分です。

しかし、成長因子と一概にいってもいろいろな種類があります。EGF、FGF、ヒト由来幹細胞、ヒトプラセンタなどなど・・・。

また、美容皮膚科で注射するものから、市販薬までさまざまです。では、どれがもっとも効果が高いのでしょうか?

amazonや楽天市場で「成長因子」と検索してみると、あらゆる名前のあらゆる商品がヒットします。

でも、正直に言って違いがわかりませんよね。その効果の違いは、実際に使ってみるしかないのです。

わたしは、現在ダーマペンという美容商品を使って顔にできたクレーターを治療しています。その治療過程で、成長因子は必需品でした。

そのため、「成長因子(グロースファクター)」と呼ばれるあらゆる商品に手を伸ばしてきました。

この記事では、市販(ネット)で購入できる成長因子の体感でのランキングをご紹介します。失敗しない効果の高い成長因子を手に入れましょう。

成長因子(グロースファクター)の種類  EGF  FGF  ヒト由来幹細胞  ヒトプラセンタ

まず、成長因子(グロースファクター)にはどのような種類があるのでしょうか?

ネットでも購入できる成長因子は大きく分けて4つあります。

  • EGF
  • FGF
  • ヒト由来幹細胞
  • ヒトプラセンタ

です。これらの違いを簡単に説明します。

EGF(Epidermal Growth Factor)とは?

EGFとは、Epidermal Growth Factorの略称です。上皮成長因子と呼ばれる人間の体が本来持っている因子です。

体内で53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種のことで、肌の表面や唾液や母乳にも含まれているものです。

肌のターンオーバーを効率よく促す効果があると言われています。シミ・たるみ・傷にも効果的です。

商品によっては、日本EGF協会によって一定の品質と濃度(配合量)を規定した商品に認定シールが貼られています。

これは、よくある「協会ビジネス」ですね。シールを貼って、商品価値を上げようとしているので注意が必要です。

FGF(Fibroblast Growth Factor)とは?

EGFと類似した商品として、FGF(Fibroblast growth factor)というものがあります。線維芽細胞増殖因子と日本語では呼ばれます。

EGFと同じく、FGFは肌の表面にあるタンパク質の一種です。アンチエイジング効果があると言われています。

EGFもFGFも同じ、体内の細胞の増殖をコントロールするGF(グロースファクター)です。

EGFにもFGFにも大きな違いがありません。どちらも「成長因子」として期待される効果を発揮してくれます。

「FGFのほうが効果が高い」「EGFの方が良質なタンパク質である」ということもないので、気にしないでください。

ヒト由来幹細胞(STEM CELL)とは?

では、EGFやFGFと並んで「ヒト由来幹細胞」とはなんでしょうか?

ヒト由来幹細胞とは、ヒトの皮下脂肪から採取した脂肪由来の幹細胞です。成長因子が豊富に含まれています。

幹細胞といっても、植物由来、動物由来、ヒト由来とそれぞれあります。

植物と人とでは細胞の仕組みが違うため植物由来の成分が人の細胞にどう働きかけるか理解できない部分もあります。

しかし、ヒト幹細胞培養液は人の細胞そのものに働きかけることができる成長因子として効果を発揮できるのです。

同じ「幹細胞」が配合されている美容商品でも、「ヒト化由来」を間違えずに利用しましょう。

ヒトプラセンタとは?

最後に、ヒトプラセンタの説明をします。プラセンタとは、そもそも胎盤のことです。

胎盤と聞いて「ギクッ」とするかもしれませんが、胎盤にはへその緒を通して栄養・成長因子が豊富に含まれています。

胎盤は、母体に対してはホルモン産生を促し、妊娠を安定に維持する働きを持っているのです。

「プラセンタ配合」と歌っている美容商品は、胎盤に含まれる成分を抽出して使っています。

しかし、市販で売られているプラセンタ配合の美容商品は、馬や豚の胎盤から作られています。ヒト由来ではありません。

そこで、最近ではヒトの胎盤から生まれた「ヒトプラセンタ」が人気を博しています。やはり、人間に効くのは人間から取った成分なのです。

EGF、FGF、ヒト由来幹細胞、ヒトプラセンタの違いとは?

では、それぞれの成長因子にどんな違いがあるのでしょうか?

注射をする方法や美容液で皮膚に吸収させる方法といろいろありますが、結局は美容品を試してみるしかありません。

なので、わたしが試してきた実際に体感してきた感触を商品別に紹介したいと思います。

「成長因子」や「アンチエイジング」を謳った商品は多すぎます。実際に、利用してみるしかないのです。

セルフダーマ ダーマペンの使い方

ダーマペンの後に成長因子は効果的です

 

ヒトプラセンタジェルは最強の成長因子(グロースファクター)

数ある「成長因子」を含んだ美容商品を使ってきましたが、もっとも効果が高くコスパがよかったのはヒトプラセンタジェルです。

海外からの個人輸入サイトから購入できるのですが、国内品とは比べ物にならないくらい優秀な成長因子です。

塗った瞬間からプルプルする素晴らしい使い心地です。個人的には、ヒト由来幹細胞やEGFよりも気に入っています。

付けたときに少し臭いがしますが、数分経てば気にならなくなります。付けた途端に、お肌がプルプルもち肌になります。

ネットでは10分後に洗い流すというひともいますが、そのような表記はされていません。お肌に染み込ませたあとに、しっかりと保湿しましょう。

わたしは、ダーマペンを利用したあとにヒトプラセンタジェルを利用しています。手順としては、

  1. ダーマペン
  2. ヒトプラセンタジェル
  3. ホホバオイル

と、なっています。クレーターにもいいし、単純にお肌がつるつるになります。(マジです)

ヒトプラセンタジェルは、ベストケンコーでのまとめ買いがお得です。わたしは7本買って、一本800円もしませんでした。以下のリンクからどうぞ。

ベストケンコーのプラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

お試しで一本の使いたい方はオオサカ堂で買いましょう。1ー5本まで買う場合は、こちらの画像リンクからご購入ください。

クレーター治療において、成長因子は必需品です。ダウンタイムも短くなるし、傷口にも肌質向上にもいいのでオススメです。

あらゆる美容商品で一番効果を実感できたのは、プラセンタジェルです。効果については、動画でも紹介しています。

ダーマペンやクレーター・ニキビ跡治療について詳しく知りたい方は、次の記事からご参照ください。

セルフダーマ ダーマペンの使い方

セルフダーマペンで凸凹ニキビ跡が治った!使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

9月 25, 2019

ヒト由来幹細胞は肌に馴染みやすい成長因子(グロースファクター)

次にオススメしたい商品は、ヒト由来幹細胞です。使いやすさとしては、成長因子商品の中では一番です。

EGFやFGF美容液よりもコスパがよく、完全な液体なのでヒトプラセンタジェルよりも塗りやすい特徴があります。

しかし、液体なのでかえって使いすぎてしまう・こぼしてしまう恐れがあります。(こぼしたときは泣きそうになりました。)

完全に国内製品であるので、「海外製品のヒトプラセンタジェルには抵抗がある」という方にはオススメです。

付けた途端にお肌がプルプルする感じがたまりません。個人的には、ヒトプラセンタジェルの次に効果を感じました。

注意
以前、紹介していたものは販売停止しました。今では、こちらのヒト由来幹細胞美容液を使っています。こっちのほうが、成分も多めでオススメです。このリンクにある「モイスチャーローション」を施術時に使っています。

大した価格ではないので、一回の施術に少しでもニキビ跡を良くしたい場合にオススメです。


リーベジャパン公式ECショップ

ダーマペン後にも、ホホバオイルと合わせてたっぷりと利用しました。傷跡に染み込む感じがたまりません。

ヒト由来幹細胞とホホバオイルをセットで、半年間ものダーマペン治療をしてきました。

余談ですが、保湿する際にはホホバオイルは最高の商品です。どんな美容液やオイルよりも伸びが良くて保湿効果も高いです。

使い勝手には個人差があると思うので、とりあえず試してみるのもアリですね。

こちらの動画では、ヒトプラセンタジェルヒト由来幹細胞の使い勝手とコスパについて比較しています。ぜひ、ご参照ください。

EGF美容液で確実に成長因子を取ろう

最後に紹介するのは、EGF配合の美容液です。成長因子としては、EGFはもっともポピュラーな美容液です。

わたしが初めて購入した成長因子配合の美容液もEGF配合のものでした。

amazonでも人気の高かったEGF美容液をダーマペンの後に使っていたのですが、ホテルに泊まったときに忘れてしまったんですよね・・・。(高かったなアレ)

使い勝手や効果としては、ヒト由来幹細胞とあまり変わらなかったという感じでした。どれも似たようなものです。

個人的にもっとも効果を感じたのは、海外製品のヒトプラセンタジェルでした。

まとめ買いだとコスパも一番いいので、成長因子が気になるかたはプラセンタジェルを使ってみましょう。

ヒトプラセンタジェルは、ベストケンコーでのまとめ買いがお得です。わたしは7本買って、一本800円もしませんでした。以下のリンクからどうぞ。

ベストケンコーのプラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

お試しで一本の使いたい方はオオサカ堂で買いましょう。1ー5本まで買う場合は、こちらの画像リンクからご購入ください。

成長因子(グロースファクター)は、肌のキメを細かくしてくれて、しわ・たるみを軽減し、傷やシミにも効果があると言われています。

成長因子配合の美容液があれば、化粧水は不要です。美容液と美容オイル(ホホバオイルがオススメ)だけで、ぷるぷる肌に生まれ変わります。

このように成長因子(グロースファクター)を含んだ美容液は多くありますが、気になる商品は実際に使ってみるしかありません。

老化は、肌からきます。成長因子でしっかりと、アンチエイジングしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です