セルフダーマローラー後のスキンケアは何を塗るべきか?ヘビーユーザーが今まででベストな順番を紹介します。

セルフダーマローラー後のスキンケアは何を塗るべきか?

セルフダーマローラーをした後には、どのようなスキンケアをするべきでしょうか?

いつものスキンケアでもいいのでしょうか?それとも、普段と違った特別なスキンケアが必要なのでしょうか?

この記事では、ダーマペンやダーマローラーを何回も実践してきてしてきた私が、ダーマローラー後のスキンケア方法と順番についてご紹介します。

また、ダーマローラーと合わせて使っている美容液などもありますので参考にしてみてください。

ダーマローラーの美容効果とは?

まず、ダーマローラー後のスキンケアを知る前に、ダーマローラーの仕組みや効果について知る必要があります。

ダーマローラーとは、見ての通り針が無数に付いているものです。マイクロニードル療法とも言われていて、針で肌を傷つけることで、肌が持つ自己再生治癒力を促します。

このような針で肌を傷を付けることで、肌自体のターンオーバーを活性化させることができるのです。

ダーマローラーの針

ダーマローラーの針

ダーマローラーと美容液の相性は最高!

ダーマローラーを転がすだけでも美肌効果は期待できるのですが、ダーマローラーは美容液との相性が特に良いと言われています。

理由として、ダーマローラーやダーマペンは針を使うものなので、表皮に穴を開けることができます。このことにより、一時的に美容成分を浸透させやすくする効果があります。

肌の表面(角質)には、バリア機能が本来備わっています。紫外線や外部の刺激から、肌自体を守るためのバリアが肌の表層にあるのです。

しかし、このバリア機能が邪魔になり、いくら美容成分を肌に塗ったところで奥まで浸透しないと言うデメリットもあります。

そのような角層のバリア機能を一時的に低下させると言うことで、美容成分をより深く浸透させる効果がダーマローラーにはあるのです。

ダーマローラーの育毛・発毛効果

ダーマローラーで美容成分を浸透させる

ダーマローラー後に美容液を塗る!

では、ダーマローラーと相性が良い美容液とは何があるのでしょうか?それは、成長因子と呼ばれる肌を再生させる力がある美容成分です。

実際に、美容クリニックでダーマローラーやダーマペンなど施術する場合は、その後に成長因子のマスクや美容液を塗ることが多いです。

私自身もいろいろな美容液を試してみましたが、ダーマローラーと特に相性が良いと感じたのは成長因子系の美容成分でした。

ヒトプラセンタジェル × ダーマローラーで美容効果抜アップ

とは言っても、成長因子にもEGF、FGF、ヒト由来幹細胞などあらゆる種類のものがあります。その中でも特にオススメなのが、プラセンタジェルです。

プラセンタジェルは、普段のスキンケアにも使えるのですが、ダーマローラーやダーマペンとの相性が良いと言うことでネットでも人気があるものです。

かれこれ、2年ほど頻繁に使っている美容液です。普段のスキンケアとしてもかなり肌のキメを細くしてくれたり、ニキビ予防や色素沈着予防としても効果を発揮してくれています。

7本以上買う場合は、こちらのサイトがお得です→プラセンタジェル

ダーマローラーだけでも十分に効果はありますが、併せてプラセンタジェルも使ってみてください。

ヒトプラセンタジェル × ダーマローラーの美容効果がすごい!ヒトプラセンタジェル × ダーマローラーまだ試してないの!?最強セルフ美容はこの美容セットしかない。

ダーマローラー専用のリポペプチド美容液

また、ダーマローラーには専用の美容液があります。リポペプチド美容液と言って、ペプチド(アミノ酸)の1種となっています。

ペプチドは、もともと肌の中にあるタンパク質であり、美肌効果が期待できます。

ダーマローラー専用リポペプチド美容液は、ダーマローラーの後に使うように工夫して製造されたものです。ダーマローラーの後にどんな成分を塗ればいいか、を考えられて作られたので信頼できます。

リポペプチド美容液は、ペプチドだけではなくアンチエイジング効果もあるビタミンAも配合されています。

※楽天でも購入できますが、個人輸入サイトの方が安いです。

普段のスキンケアとしては使ってはませんが、ダーマローラーを使った後に利用してあげる専用の美容液です。

リポペプチド美容液は油分が多いので、プラセンタジェルの後に塗るようにしています。

ダーマローラー後の美容液は1つだけでなく、複合的に使って相乗効果を高められます!

キヨキヨ

ニキビ跡治療にダーマローラーと使いたい美容液3つ!ニキビ跡治療に使えるダーマローラーと3種の美容液!成長因子、ビタミンA、ビタミンCからスパ重視で厳選しました。

セルフダーマローラー後のスキンケア!塗る順番は?

では、ダーマローラー後のスキンケアの順番についてご紹介します。

  1. ダーマローラー
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. クリーム(オイル)

の順番にスキンケアをしていきます。美容液の効果を高めたいので、化粧水は塗らなくても大丈夫です。(どちらでもOK)

ダーマローラーと美容液との相性が良いと言う事はお話ししましたが、最後にオイルやクリームで蓋をしてあげることも大切です。

ダーマローラーの針で肌が傷ついている状態なので、油性成分の高いものでしっかりと保湿してあげる必要があります。できれば、乳液ではなく、オイルやワセリンなど油分が多いものがオススメです。

実際に、医療の現場でも湿潤療法ともう呼ばれていますが、油分で傷の治りが早くなります。普段オイルを使わないと言う方でも、ぜひ使ってみてほしいです。

ワセリンは固体なので保湿力は高いのですが、その分、ニキビができやすくなるリスクもあります。私自身は、ニキビ肌で悩んできていて、ニキビ跡を治すためにダーマローラーを使っているのでワセリンは使っていません。

代わりに使っているのは、バイオオイルとホホバオイルです。これらは、他の美容オイルとは違い、「油脂」と分類されるニキビの原因となる油性成分ではありません。保湿力が高いのにニキビができにくい特徴があります。

バイオオイルは、パルミチン酸レチノール(ビタミンA)という肌の再生を促すアンチエイジング効果が配合されています。傷跡・ニキビ跡に効果があると評判のオイルですね。

対して、ホホバオイルは栄養がたっぷり入っています。肌なじみもよく、ヘアオイルとしても利用できます。

両方とも、値段も安いし、普段のスキンケアにも使えます。ダーマローラー後のスキンケアにこだわらずに、広く利用してみてください。

アルガンオイルなどいろいろな美容オイルを使ってきましたが、バイオイルとホホバオイルが一番でした。

と言うわけで、ダーマローラー直後のスキンケアとして大事なのは、

  • 成長因子系の美容液を使うこと
  • オイルやワセリンなど保湿力が高いものをものでしっかりと保湿すること

でした。

「私はこんなスキンケアをしている」と言うのがあれば、ぜひコメント欄で教えてください!

セルフダーマローラーにオススメの針の長さは?

セルフダーマローラーには、0.25 mm と0.5 mm がおすすめです。

簡単な美容ケアとして利用したいのであれば、0.25mm が初心者向けです。痛みもほとんどなくチクリとするだけなので、ストレスなく施術できます。

ただ、肌の奥(真皮層)までプラセンタジェルなど美容液の効果を届かせたいのであれば、0.5ミリのダーマローラーがおすすめです。

MEMO
そもそも、皮膚の表面(表皮)の厚さは、0.2ミリだといわれいます。その奥に栄養を届けるという意味でも、0.5ミリがいいです。

0.25mm のダーマローラーであれば、アイハーブでも購入できます。値段も安いし、使いやすいので0.25ミリであればこちらがおすすめです。iHerb →ダーマローラー

0.25ミリと0.5ミリのダーマローラー

0.25ミリと0.5ミリのダーマローラー

ダーマペンとダーマローラーの使い分けだったり、セルフダーマペンの使い方についてはこちらで紹介しています。

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンでニキビ跡(クレーター肌)の経過ブログ! 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です