セルフダーマローラーで麻酔クリームは必要ない!ダーマローラーの針の長さに気をつけて。

セルフダーマローラーで麻酔クリームは必要ない!ダーマローラーの針の長さに気をつけて。

セルフダーマローラーで、麻酔クリームは必要なのでしょうか? 

結論として、針の長さによりますが麻酔クリームは不要です。そもそも、長い針はダーマローラーで使わない方がいいです。

この記事では、ダーマローラーの針の長さや、麻酔クリームの必要性、使うならどんな麻酔クリームがオススメかについて話します。

セルフダーマローラーで麻酔クリームは必要ない?

セルフダーマローラーで、麻酔クリームは必要ありません。なぜなら、セルフで使うダーマローラーは、0.5ミリまでの針の長さがちょうど良いからです。

スキンケアでも育毛でも、ダーマローラーは0.25ミリ、もしくは0.5ミリの長さがベストなものとなっています。

対して、0.5ミリ以上の長い針のダーマローラーは使わないほうがいいです。理由として、ダーマローラーはダーマペンと違い、肌に対して垂直に刺すことができないからです。

ダーマローラーとダーマペン

ダーマローラーとダーマペン

上の画像は少し大げさですが、ダーマローラーは皮膚に斜めに当たります。なので、長い針をダーマローラーで使う場合は、肌を傷つけてしまう可能性があります。

ダーマローラーは効率がいいので、短い針であればそこまで気にする必要はありません。しかし、0.5ミリ以上の針を使うのであれば、ダーマペンを代わりに使うことがオススメです。

そして、0.5ミリの針の長さであれば、チクリとしますが麻酔クリームは必要ありません。麻酔クリームが必要になる痛みは、1ミリ以上の針からです。短い針は、我慢できます。

1ミリ以上の針になると、出血のリスクなどもありますので痛みも大きくなります。

1ミリ以上の長い針を使うときは、麻酔クリームを使った方が施術を円滑に進めることができます。

キヨキヨ

セルフダーマローラーに使う麻酔クリームは?

ダーマローラーに使う表面麻酔クリームとして代表的なのがエムラクリームです。点滴を打つ際や美容医療におけるレーザー治療などにも使われるものです。

実際に、病院で使われるものなので表皮麻酔としての効果が非常に高く、ダーマペンやレーザー医療脱毛においても使われています。

個人輸入として海外から輸入する形でしか購入できませんが、強力な表皮麻酔クリームの代表がエムラクリームになります。

また、エムラクリームには、成分は変わらずに値段が安いジェネリックもあります。ラクサールというものです。

セルフダーマローラーをしたい方は、ラクサールクリームで充分に効果があります。ダーマペンにおける効果的な麻酔クリームの使い方はこちらの記事をご参照下さい。

セルフダーマペンで麻酔クリームを絶対に使うべき3つの理由!効果的な塗り方と注意点をシェアします。セルフダーマペンで麻酔クリームを絶対に使うべき3つの理由!効果的な塗り方と注意点をシェアします。
MEMO

麻酔クリームを買うのであれば、個人輸入サイトのみ入手できます。

アマゾンや楽天市場、ドラッグストアなどでも麻酔成分が入ったクリームも売っていますが、虫刺され等の目的に使われるものです。

虫刺されやかぶれに対して、少し麻酔の効果成分も含まれているだけであり、ダーマローラーの痛みに対しては、ほとんど効果が感じられません。

セルフダーマローラーにオススメの針の長さは?

セルフダーマローラーには、0.25 mm と0.5 mm がおすすめです。

簡単な美容ケアとして利用したいのであれば、0.25mm が初心者向けです。痛みもほとんどなくチクリとするだけなので、ストレスなく施術できます。

ただ、肌の奥(真皮層)までプラセンタジェルなど美容液の効果を届かせたいのであれば、0.5ミリのダーマローラーがおすすめです。

MEMO
そもそも、皮膚の表面(表皮)の厚さは、0.2ミリだといわれいます。その奥に栄養を届けるという意味でも、0.5ミリがいいです。

0.25mm のダーマローラーであれば、アイハーブでも購入できます。値段も安いし、使いやすいので0.25ミリであればこちらがおすすめです。iHerb →ダーマローラー

0.25ミリと0.5ミリのダーマローラー

0.25ミリと0.5ミリのダーマローラー

1ミリ以上の長いダーマローラーは使わないべき?

「ダーマローラーは0.2ミリから 0.5ミリがオススメ」と言っているのは、わたしが使ってみた感覚です。

ダーマローラー自体は、1ミリ以上のものもありますし、長いものでは3ミリの針もあります。

さすがに3ミリとなると、真皮層よりも奥まで針が届いてしまうので肌を傷つける可能性があります。しかし、1ミリや1.5ミリの針を使いたい方ももちろんいると思います。

ダーマローラーがダーマペンより優れているのは、その効率の良さです。顔全体に施術したいときに、ダーマペンだと1時間くらいかかってしまいますが、ダーマローラーだと10分て足りるでしょう。

なるべく安全な方法を選ぶ、という価値基準で「1ミリ以上の針はダーマペン」とわたしは区別していますが、気にならない方は自己責任で使うのもアリです。

そして、長い針のダーマローラーを使いたい場合では、麻酔クリームはあったほうがいいです。(ないと、キツイです)

わたし自身も、以前は2.5ミリのダーマローラーを使ったことがあります。その時は、あまりにも針が長く、出血も多かったです。

自宅でセルフでダーマローラーが効果的

2.5ミリのダーマローラーは出血する

その後、すぐにダーマペンへと切り替えましたが、長い針のダーマローラーも使えないわけではありませんし、ダーマペンよりも効率が良いのは事実です。(電化製品ではないので、故障もしません)

わたしも1ミリのダーマローラーを今度、肉割れに使ってみようと思います!どの長さでも、ダーマローラーは楽天で売っている青いチタン製のものが丈夫でオススメです!

ダーマペンとダーマローラーの使い分けだったり、セルフダーマペンの使い方についてはこちらで紹介しています。

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンでニキビ跡(クレーター肌)の経過ブログ! 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です