セルフダーマローラーで痛いのは何ミリから?1ミリ以下は麻酔クリームも保冷剤も不要です。

セルフダーマローラーが痛いのは何ミリから?1ミリ以下は麻酔クリームも保冷剤も必要ありません。

セルフダーマローラーは針で顔を刺すので痛みを伴いますが、針の長さによって耐えられるものもあります。

結論から言うと、少し痛みを感じるのは0.5ミリの長さのダーマローラーからです。

1ミリ以上になると出血もあり、麻酔クリームなども必要になります。逆に、0.5ミリ以下だと痒い程度です。

この記事では、「ダーマローラーを試したいけど痛いのが怖い」「買ってみたものの痛くて利用できない」と言う方に対して、対処法をご紹介します。

セルフダーマローラーでチクチク痛いのは0.5ミリ針から

セルフダーマローラーは、チクっと痛みが出はじめるのは0.5ミリからの長さの針からです。

しかし、0.5ミリであればそこまで痛いと言うものではなく、チクッとする程度のものです。0.5ミリ針のダーマローラーを使うのに、保冷剤や麻酔クリーム等は不要です。

痛みに弱い人でも、さすがに0.5ミリのダーマローラーは耐えられると思うのでぜひ試してみて欲しいです。美肌や育毛でも、一番安全で効果も感じやすいのは0.5ミリのダーマローラーです。(おでこや目元は痛いですが)

針の長さ的にもちょうど良いので、ダーマローラーを使いたいと言う方は、痛みも少ない0.5ミリの長さのものから使うことをオススメします。

注意

0.5ミリの針でも、長く使っている針が曲がってきてしまい、施術中に痛みを強く感じてしまうこともあります。

ダーマローラーは繊細な美容グッズなので、衛生面も考慮して定期的に交換するようにしましょう。

小鼻の黒ずみダーマローラー

小鼻の黒ずみダーマローラー

ダーマローラーの1ミリ以上は痛いし出血もある

セルフダーマローラーでも、1ミリ以上の針の長さになるとかなり痛いです。出血も伴う可能性もあります。

個人的な見解ではありますが、1ミリ以上の長さの針はダーマローラーを使う事はオススメしません。代わりに、ダーマペンの方が安全です。

ダーマローラーとダーマペンの違いとして、垂直に針が刺さるダーマペンと肌に対して斜めに肌に対して斜めに刺さるダーマローラーとでは構造が違います。

ダーマローラーとダーマペン

ダーマローラーとダーマペン

なので、長い針を利用するとなると、ダーマローラーだと肌を余計に傷つけてしまう可能性が高くなるのです。

このことを考慮して、クレーター肌治療など、1ミリ以上の針を使う場合は、ダーマローラーを使わずにダーマペンを代わりに利用することにしています。

かといって、ダーマローラーがすべて悪いわけでもありません。ダーマローラーの利点として、値段が安いこともありますが、とにかく利用しやすいと言うことがあります。

特に、体の肉割れやくすみ、傷跡に対して使いたい場合は、ダーマローラーの方が圧倒的に効率がいいです。

顔に施術する場合は繊細なので、1ミリ以上であれば絶対にダーマペンをオススメしますが、体であればダーマローラーを使う方が安全です。

1ミリのダーマローラーも持っていますが、お尻の黒ずみや体の傷跡などに使っていく予定です。

さすがに、1ミリのダーマローラーにもなると麻酔クリームが必要になるので合わせて使ってみてください。

キヨキヨ

セルフダーマペンで麻酔クリームを絶対に使うべき3つの理由!効果的な塗り方と注意点をシェアします。セルフダーマペンで麻酔クリーム (ラクサールクリーム) の効果的な使い方!+使用上の注意点について。

ダーマローラー初心者はiHerbの0.25ミリ針から!

それでも、少しでもチケットするのが怖いと言う方は0.25ミリの最も短いダーマローラーがあります。

0.25ミリのダーマローラーは、ほとんど痛みがありません!というか、本当に針がついているのかと言うくらい針が短いです。

関根里沙さんなど、女性YouTuberが紹介しているのは、0.25ミリ程度の針の長さです。

小鼻の黒ずみであったり毛穴を引き締めたいのであれば0.5ミリ以上のダーマローラーを使うべきですが、0.2ミリくらいの短い針でも肌キュッと引き締まるような美容効果が感じられるはずです。

痛みに弱いと言う方は、1番短い0.25ミリの針から使ってみるのもいいと思います。そして、0.25ミリの針を購入するのであればiHerbです。

iHerb →ダーマローラー

0.25ミリのダーマローラであれば、iHerbで買うのが1番頑丈でコスパの良い物が買えます。「iHerbで人気と言う事は、世界中でも人気がある」ことなので、信頼が担保されています。

ダーマローラーは、国内でも最近人気が出ていますが、もともとは海外で、特に欧米で人気があった美容グッズです。

美容成分をより肌の奥まで浸透させると言う効果もあるので、美容液も併せて使ってあげてみて下さい。

キヨキヨ

深い毛穴やクレーター肌治療にはダーマペン

冒頭でも述べましたが、深いクレーター肌を治療するのであれば、セルフダーマペンがオススメです。

ダーマペンの良いところは、肌に対して針がまっすぐ刺さるので、肌を余計に傷つけることなく抵抗も少なく深部まで針が届くことです。

深い毛穴が悩みだったり、クレーター肌を治療したいと言うことであれば、1.5ミリから2ミリほどの針でセルフダーマペンをするのがベストの選択肢です。

「ダーマペンとダーマローラーはどちらが痛いのか?」と言う疑問もあるかもしれませんが、どちらも変わりません。針の長さによって、痛みも変わってきます。

個人的にオススメする使い分け方としては、1ミリまでならダーマローラー、1ミリ以上ならダーマペンです。

セルフダーマペンの使い方に関しては、こちらの記事に詳しく書いています。

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンでニキビ跡(クレーター肌)の経過ブログ! 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり) セルフダーマローラーの自宅でも失敗しない使い方とは?一歩進んだ美容法マイクロニードルを試す!【毛穴・ニキビ跡】セルフダーマローラーの自宅でも失敗しない使い方とは?一歩進んだ美容法マイクロニードルを試す!【毛穴・ニキビ跡】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です