【2ミリ】ダーマペン10回目クレーター肌に効果あった?10回以上やる意味はあるのか

【2ミリ】ダーマペン10回目クレーター肌に効果あった?10回以上やる意味はあるのか

ダーマペンを10回した肌の変化・経過を画像で比較してみます。果たして、10回もダーマペンをする意味はあるのでしょうか?

1.5ミリ以上の針を使うのであれば、ダーマペンの頻度は3週間~1カ月に1回が目安です。

10回のダーマペンであれば、最低でも半年~1年弱は時間がかかっていることがわかります。

クリニックでも、ダーマペンを10回セットで提供しているところも多いです。症状によっては、時間とお金のムダです。

果たして、ダーマペンを10回する価値はあったのでしょうか?

キヨキヨ

2ミリダーマペン10回目:クレーター肌の効果とは?

まず、ダーマペン2ミリ10回目の効果を画像でご紹介します。

こちらがダーマペン10回をする前と後のビフォーアフター画像です。

セルフダーマペン10回の効果と経過

セルフダーマペン10回目の効果

数年前にもなるのでカメラの画質も微妙だったのわかりにくいですが、肌はかなりキレイになったと思います。

クレーター肌自体も顔面にボコボコあったものが、浅いものから徐々に改善していきました。

このときから1年以上経過して、またダーマペンを再開して10回したときの経過画像です。

ダーマペン10回目

セルフダーマペン10回目の効果

より鮮明になって見えますが、細かいクレーター肌が改善しているのがわかります。

右の画像は、一番初めから数えると20回はダーマペンした結果です。肌は本当にキレイになりました。(※ほっぺたの色素沈着は、別の原因です。)

クレーターも浅いものであれば、改善していきます。10回もすれば、肌質は大きく変わるし、肌全体もトーンアップすること間違いなしです。

ダーマペンをやりまくればすぐに肌が改善するわけではありません。月1回の施術でも数年かけて肌質を改善させてきました。肌の治療で大事なのは、時間をかけることです。

ダーマペンは何回目で効果を感じる?

ダーマペンをはじめて、大幅に肌が改善されたと感じるのは 5~6回目です。

他のブログ記事や海外のInstagram・Youtubeも見ていますが、ほとんどの人が5~6回目に劇的な効果を感じている様子です。

逆にいうと、1~2回目ではダーマペンの効果を強く感じないかもしれません。ニキビ跡・色素沈着はすぐによくなりますが、毛穴やクレーター肌の治療などは時間がかかります。

こちらは、ダーマペンを3回したときの小鼻の黒ずみの変化です。

ダーマペン3回目小鼻毛穴

ダーマペンで小鼻がキレイになる!

ただ、鼻は皮脂が過剰分泌されやすく毛穴が開きやすい部位となっています。

ダーマペンでキレイになっても、いつかは再発してしまうのが毛穴の開きです。いちご鼻やすり鉢毛穴に悩んでいるのであれば、定期的にダーマペンをすることが大切です。

細かい凹凸、くすみ・ニキビ跡・毛穴の開き・いちご鼻などなど・・・ダーマペンを10回したことで得られた美容効果は計り知れません。

キヨキヨ

ダーマペンは10回目の費用は?

ダーマペンの施術費用は、施術を受けるクリニックや地域、施術の範囲、使用される製品や追加の麻酔の有無によって異なります。

また、10回のセッションを契約することで、1回あたりの費用が割引される場合も多いです。

  1. 基本費用:ダーマペンの施術は、一般的には1回あたり2〜4万円の範囲で設定されています。クリニックの評価や立地、使用するダーマペンの機種、施術の範囲(顔全体、部分的な施術など)によって変動します。
  2. セット割引:10回分の施術を一度に契約・予約すると、セット割引が適用される場合が多いです。例えば、1回の施術が20,000円の場合、10回で200,000円となるところを、セット割引で150,000円などになることも。
  3. 追加トリートメント:ダーマペンの施術と合わせて、他のケアやトリートメントを受ける場合、追加の費用がかかることがあります。成長因子美容液の導入や、LEDライトなどのトリートメントが含まれることが多いです。
  4. 初回割引やキャンペーン:クリニックによっては、初回限定の割引や特定の時期のキャンペーンを行っていることがあります。このようなプロモーションを利用することで、さらにお得に施術を受けることが可能です。

クリニックでダーマペンを10回受けるには、およそ15万円ほどかかります。さらに、麻酔クリームや成長因子も加えると、20万円は超えるでしょう。

定期的な肌のメンテナンスであればダーマペン10回セットもおすすめですが、クレーター肌治療としては高額かつ意味がないリスクもあるのでおすすめしません。

費用を抑えるのであれば、セルフダーマペンがおすすめです。長年かけて考えた効率的で痛みも少ない方法もご紹介しています。

ダーマペンの使い方について↓

【初心者🔰】セルフダーマペンの基本的なやり方を解説!【初心者🔰】セルフダーマペンの基本的なやり方と手順を解説!50回以上使ってわかったガチなコツとは?

また、クレーター肌に本気で悩んでいる人は、こちらのnoteもおすすめです。

note  自力でクレーター肌を治した方法

ダーマペン クレーター肌ビフォーアフター

クレーター肌ビフォーアフター

ダーマペン10回目の効果:クレーター肌は治る?

では、ダーマペンを10回することで効果があったことをまとめてみます。

ダーマペンを10回して感じた効果として、

  • 浅いクレーター肌
  • 開いた毛穴
  • 肌のくすみ・シミ
  • 色素沈着
  • ほうれい線・シワ
  • 肌質の改善

があります。

ダーマペン10回目の美容効果

まず、ニキビ跡、色素沈着、肌の表面のくすみなどはすぐに改善します。1回のダーマペンでもキレイになります。

毛穴の開きは、3回目くらいで大きな改善を感じました。毛穴は、また開いてしまうので定期的にダーマペンをする必要があります。

クレーター肌の改善ですが、浅い凹みであればダーマペンだけでもある程度改善しました。100%とはいきませんでしたが、表面が耕されて目立たなくなった感じです。

身近な人から「クレーター肌治ってきたんじゃない?」と言われたのは、4回ほどセルフダーマペンをした後のことです。クレーター肌の改善には、4~5回くらいは必要かと思います。

また、ダーマペンを継続していくことで、肌質が大きく改善しました。

毛穴が引き締められ、肌のキメが細かくなり、くすみも消えて、肌を褒められる回数が徐々に増えてきました。(ダーマペンをはじめる前に、肌を褒められたことは一度もありません)

ダーマペンには、アンチエイジング効果もあります。ほうれい線・目尻のシワにも丁寧にダーマペンを重ねていけば、自然と肌のハリ・ツヤも出てきます。

ダーマペンの深さおすすめ

ダーマペンの深さと部分別一覧

他にも、ダーマペンではこのような治療効果が期待できます。

ダーマペン10回でクレーター肌は治るのか?

ダーマペンには万能的な美容効果が期待できます。ニキビ跡・色素沈着はもちろんのこと、毛穴、くすみ、シワなどにも効果があります。

では、深い凹凸(クレーター肌)に対してはどうでしょうか?深いクレーター肌は治療がとても困難です。

ダーマペンでも、浅い凹みであれば回数を重ねることで目立たなくさせることはできますが、深い凹凸は難しいです。

クレーター肌の中でも、表皮、真皮層を超えて皮下組織までえぐれてしまっている凹みはダーマペンでも治せないといわれています。

脂肪部まで到達したクレーター肌は、ダーマペンに限らず、どのような方法でも治せないのが現実です。

表皮と真皮層

皮下組織は真皮層より下にある

しかし、深いクレーター肌を100%治療することは不可能でも、ダーマペンで目立たなくさせることはできます。

わたしも、こめかみの気になっていたクレーター肌はダーマペンだけでだいぶ改善させることができました。

セルフダーマペンこめかみ

セルフダーマペンこめかみ

クレーター肌治療は、「ガチャガチャ」的な要素があります。全然治らなかった凹みも、ある1回のダーマペンで劇的に改善することもあるのです。

目安としては、少なくとも5~6回はダーマペンをつづけてください。

写真を取っておいて、それでも何も効果がなかったら他の方法も検討してみましょう。

キヨキヨ

ダーマペン10回目でも効果がないこと

ダーマペンは万能的な美容効果があります。肌の悩みはほとんどなんでも治してくれますが、もちろん治せないものもあります。

ダーマペンを10回しても治らないものとして、

  • 深すぎるクレーター肌
  • 深すぎる毛穴
  • 肝斑
  • ほくろ

が、あります。

先ほども説明しましたが、深すぎる毛穴・深すぎるクレーター肌はダーマペンで100%治すことは難しいです。

ダーマペンやレーザーで肌を再生できるのは、真皮層までだからです。その奥の皮下組織・脂肪まで消失しまっていると肌は再生できません。

もちろん、ダーマペン・レーザーもまったく無駄というわけではありません。頑固なクレーター肌でも、多少目立たなくさせることはできます。美容の観点からみて、やってみる価値はあります。

また、ダーマペンで肝斑(シミの一種)は治療できないといわれています。

肝斑は、再発する可能性があるからです。ダーマペンだけでなく、レーザーなど刺激になる行為は肝斑を再発させるといわれています。

ほくろもダーマペンではなくなりません!

ダーマペンは、マイクロニードルと呼ばれる極細の針を垂直に刺すことで肌の代謝を促すものです。肌を無理やり入れ替えるのではなく、肌の再生力に働きかける行為となっています。

ほくろを取るには、皮膚を焼き切ることで肌をごっそりと取り換え必要があります。ダーマペンではなく、レーザーペンというものがあるので使ってみてください。

動画でもレーザーペンについて紹介しました。

ダーマペンをクレーター肌に10回以上する意味はある?

ダーマペンをクレーター肌治療に10回以上する意味はあるのでしょうか?

先ほども言いましたが、定期的な肌のメンテナンス(ニキビ跡、くすみ、毛穴の開き、いちご鼻など)でダーマペンを使うのは超おすすめです。

しかし、クレーター肌治療だけを目的にダーマペンを10回以上するのはムダかもしれません。

クレーター肌治療としてセルフダーマペンを始めたけど「凹みが深すぎてダーマペンでは改善できない」ことも考えられます。

これは、あまりにも酷な悩みであり、わたしも言いたくないことです。

しかし、何十回もセルフダーマペンを繰り返してきて、あまり効果を感じない部分も正直にありました。

そのほとんどが、深いニキビ跡の凹みです。クレーター肌も、表皮にあるような凹みはレーザーやダーマペンで改善できますが、真皮層の奥にまで届くような深い凹みはかなり治療が難しいです。

そうなると、皮膚を移植するなり、サブシジョンなどの特殊なクレーター肌治療が必要になります。

ダーマペンは毛穴だったりニキビ跡に効果は期待できますが、凸凹肌の凹凸が深すぎると効果がないと感じるかもしれません。

ただ、本当に効果があるかどうかはわからないので、まず数回は試してみることをオススメします。それでも、ほとんど改善されないなら、別の方法を検討するべきです。

クレーター肌の種類についてはこちらの記事で紹介してます。

クレーター肌になったニキビ跡を自力で治す方法3選!凹凸肌改善までの道のりブログ【知恵袋】クレーター肌になったニキビ跡を自力で治す方法3選!凹凸肌改善までの道のりブログ
もし、何十回とダーマペンをしてもクレーターに効果を感じない方は、以下のnoteを参考にしてください。

ここにクレーター肌治療のすべてを記しました

キヨキヨ

note  自力でクレーター肌を治した方法

キヨキヨ 自力でクレーター肌治療を治す方法

「ダーマペンが効果なし」ということはない!

ダーマペンでまったく効果がないと言うことはありえません。なぜなら、肌に針を刺すことで、肌自体を生まれ変わらせるのがダーマペンだからです。

今ある肌を新しい肌に再生させることができれば、肌がきれいになることは間違いないです。

年齢によって差はあるかもしれませんが、ダーマペンやダーマローラーを使うことで肌質は間違いなく改善されます。Youtubedでも、ダーマペン体験者からとても好評です。

セルフダーマペンでクレーター肌が改善

毛穴は引き締まり、くすみも取れるし、シワも薄くなります。シワも薄くなります。小鼻の黒ずみなどにも有効です。

肌の改善を感じられるには時間がかかるので何回か重ねる必要はありますが、世界中のクリニックでお金をとって行われているものです。さすがに、効果がないと言うことはあり得ません。

それでも、効果を感じられない方は使い方が間違っているかも知れません。今まで何十回と試して効率的だった使い方をまとめました。

MEMO

セルフ美容と言うことであれば、ダーマペン以上の効果が見込める美容グッズはないです。

少し抵抗はあるかもしれませんが、ぜひ試してみて欲しい美容グッズの1つです。

セルフダーマペンの経過・ビフォーアフター↓

【初心者🔰】セルフダーマペンの基本的なやり方を解説!【初心者🔰】セルフダーマペンの基本的なやり方と手順を解説!50回以上使ってわかったガチなコツとは?

セルフダーマペンを10回してみた感想

最後に、セルフダーマペンを10回してみた感想です。

ダーマペンは元はクレーター肌治療ではじめたものです。しかし、つづけていくことで肌がキレイになったりツヤが出てきたりと、当初は想像もしていなかった結果を感じました。

肌は経年劣化するものです。ニキビ跡・色素沈着・くすみ・しわ・シミなど、あらゆる悩みを解消してくれるダーマペンは肌のメンテナンスとして今も活躍してくれます。

「ダーマペンで肌の悩みを解決したい」というよりも「ダーマペンは肌のためにも定期的にやっておきたい」というマインドに代わってきました。

当初の目的だったクレーター肌ですが、治療はとても難しいです。ダーマペンでいくらぐりぐりやっても、思うように凹凸の改善が見られないこともありました。

ただ、ダーマペンを美容目的でつづけていくうちに肌の凹凸も自然と改善されています。クレーター肌だけではなく顔全体に使ってあげると一石二鳥なのでおすすめです。

でも、セルフダーマペンのやり方には注意が必要です。やり方によっては、まったくダーマペンの効果が出ていない可能性もあります。

セルフダーマペン10回目までの当時を振り返る反省点として、

  • ダーマペンの間隔が短すぎた(←毎週2ミリでは肌が再生しきらない)
  • 成長因子を使っていなかった(←もったいない)
  • 同じ針を使い回していた(←危険)
  • 麻酔クリームを使っていなかった(←深く刺せない)

があります。

特に、麻酔クリーム成長因子はもっと早くから使っておきたかったです。

セルフダーマペンに興味がある方は、以下の記事に詳しく書いているので参考にしてみてください。

【初心者🔰】セルフダーマペンの基本的なやり方を解説!【初心者🔰】セルフダーマペンの基本的なやり方と手順を解説!50回以上使ってわかったガチなコツとは?

当時は、「ダーマペン1回でクレーターも治って肌がつるつるになる」と本気で勘違いしました。

クレーター肌や毛穴は、コツコツと時間をかけて治療していくものです。肌の再生はすぐにはされません!

キヨキヨ

セルフダーマペン10回 20回のリアルな効果…「何回やっても効果がない」と感じたら?セルフダーマペン20回のリアルな効果…「何回やっても効果がない」と感じたら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です