セルフダーマローラーの効果的な使い方とコツ!一年以上使ってわかった最高の順番とは?

セルフダーマローラーの効果的な使い方とコツ!一年以上使ってわかったリアルな感想と効率的な方法まとめ

どうも、キヨキヨです。
今日は、ダーマローラーの効率的な使い方やコツについてお話しようと思います。

キヨキヨ

ダーマローラーは、ダーマペンよりも値段的にも手頃であり、使いやすい美容グッズです。

ダーマローラーやダーマペンについては何度かご紹介してきましたが、これまでの経験やノウハウを集大成し、ダーマローラーの完全マニュアルとしてお届けします。

わたしがダーマローラーを使い始めて、1年以上にもなります。顔にも頭皮にも利用してきましたし、あらゆるタイプのダーマローラーも購入しました。

そんなわたしが現在考えるダーマローラーの効果・効率的な使い方・どのダーマローラーを購入すべきか、といった内容まで深堀りしていきます。

これからダーマローラーを始めるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダーマローラーの美容効果とは?肌のツヤ・ニキビ跡・毛穴を小さくする

まず、ダーマローラーを使うことによってどのような効果が得られるのかまとめます。

わたしが活用している使い方としては、美容・育毛に対してです。

ダーマローラーの美容効果

ダーマローラーは、あらゆる効果があると言われています。人によって、使い方も多様です。

まず、お肌に関する効果です。ダーマローラーで針を皮膚に刺すことによって、

  • シワを取る
  • シミを薄くする
  • ニキビ跡を薄くする
  • 毛穴を引き締める
  • 肌のキメを出す
  • アンチエイジング効果がある

と、一般的にいわれています。全体的に肌のツヤ感を出すような感じです。(針の長さによっても、効果の強さは違います)

MEMO

ダーマローラーのいいところは、肌全体に対して総合的に効果があるということです。

美容クリームのように、なにかの症状に効果があるというよりも、全体的に肌質が向上する感じです。

ダーマローラーの育毛効果

また、ダーマローラーは育毛にも効果がすごく高いとも言われています。(というより、発見しました)

育毛剤をつける前に、ダーマローラーでコロコロ転がすと、かなり発毛速度が早くなります。薄毛・AGA治療にも使ってみて、高い発毛効果を実証済みです。

こちらの記事や動画では、育毛用のダーマローラーの使い方を解説しています。

【育毛・発毛】頭皮のダーマローラーの効果と使い方!自力で薄毛ハゲを治すための最終兵器。【育毛・発毛】頭皮のダーマローラーの効果と使い方!自力で薄毛ハゲを治すための最終兵器。
今回は、美容効果に絞った記事です。皮膚に施術することに関して、さらに掘り下げていきます。

キヨキヨ

ダーマペンとダーマローラーの違い・使い分け

次に、ダーマローラーとダーマペンとの違いについてお話します。

「ダーマローラーがすべていい」「ダーマペンはダーマローラーの上位互換」というわけでもありません。どちらにもメリットとデメリットがあります。

ダーマローラーを使うメリット・デメリット

ダーマローラーというのは、顔の上をコロコロ転がすものなので、施術の効率がいいです。短時間で顔全体の毛穴引き締めることができます。

例えば、顔全体への施術だったり、お尻の肉割れへの施術であれば、圧倒的にダーマローラーを推奨します。それは、効率がいいからです。ダーマペンでは時間がかかりすぎてしまいます。

ただ、ダーマローラーは、肌の上を転がすことによって針が斜めに入っていきます。なので、皮膚に余計な傷をつけやすく、ダウンタイムが長引くとも言われています。

といっても、ダーマローラーも短い針であれば、施術での傷跡をそこまで気にする必要はありません。

キヨキヨ

ダーマペンを使うメリット・デメリット

では、ダーマローラーと比較してダーマペンはどうでしょうか?

ダーマペンのメリットは、傷跡をなるべく少なくして施術することができるのが特徴です。肌に対して垂直にまっすぐ施術ができるので、ダウンタイムが短く、施術における余計な傷を作らずに済みます。

なので、より深く針を刺したいのであれば、ダーマペンのほうがオススメです。

しかし、1点1点にスポットあて、細かく針を刺していきます。その分、顔全体をやるには非常に時間がかかるので、治療効率はあまりよくないと言えます。

ダーマローラーとダーマペンの使い分け

では、わたしが考えるダーマペンとダーマローラーの使い分けです。それは、針の長さによって決まります。

長い針を使いたいのであれば、ダーマペンの方が確実にいいです。なぜかというと、余計な傷跡を作らなくて済むからです。

深いクレーターやシワを治療するのであれば、長い針での施術が必要になります。なので、ダーマペンのほうがオススメです。

ただ、毛穴を引き締める・肌のハリを増やす目的であれば、ダーマローラーの方がずっと効率もいいし、値段も安いです。

単純に、美肌効果を求めている人であれば、ダーマローラーの方がおすすめですね。値段もダーマペンより安いです!

  • 0.025、0.5ミリの針ならダーマローラー
  • 1ミリ以上の針ならダーマペン

というのが、わたしが考える基準です。

ダーマローラーを買うのであれば、楽天で売っているこちらの青色のチタン製のものがいいです。

注意
ダーマローラーは人気に火が付いたのか、購入するのがだんだんと難しくなっています。

もし、上のダーマローラーを見つけることができたら、少し多めに購入しておきましょう。売切れるのが早いです。

セルフダーマローラーの使い方と美容液の使う順番

次に、ダーマローラーの使い方です。どの順番で、ダーマローラーを使えばいいのでしょうか。

  1. 洗顔する・化粧水をつける
  2. ダーマローラーを消毒する
  3. 顔にダーマローラーを転がす
  4. 美容液をつける
  5. ホホバオイルで保湿する

です。順番にご紹介します。

ダーマローラーをクリーナーで消毒する

まず、洗顔して顔に化粧水をつけたら、ダーマローラーを消毒します。

ダーマローラーを使った後に消毒することも大事ですが、使う前のほうが実際に肌に刺すので消毒した方がいいです。

いろいろと消毒方法がありますが、ダーマローラー専用の消毒クリーナーというのもあります。

「なんだそれ」って感じですが、ダーマローラーは、針を顔に刺すものですから、衛生面でかなり気をつかわないといけないものです。

わたしは今までアルコール除菌だけをしていましたが、これだけだと物足りないと思い、熱湯を通して煮沸消毒もしていました。

感染症に対するリスクや衛生面での心配事を極力避けたいと思っていたので、口コミでも評価の高かった専用のクリーナーを買ってみました。

使い方としては、ダーマローラーを使った後に熱湯で煮沸消毒して、その後にクリーナーを上から2プッシュくらいするような感じです。

衛生面に対してすごく気をつけたいという方は、こういう商品もあるのでぜひ使ってみてください。

※楽天市場でも時々販売されています。

ダーマローラーを一回使うごとに使い捨てるやり方もありますが、さすがにもったいないです。よね

消毒を徹底して、衛生管理に気を付けて使いましょう!

キヨキヨ

ダーマローラーを肌に転がしていく(施術)

ダーマローラーの施術気をつけることは1点だけです。それは「ゆっくりやる」ということです。ゆっくりコロコロと、肌の上を転がす感じがベストです。

やりすぎると無駄に肌を傷つけてしまうので、一か所に1往復半(3回)だけで十分に効果があります。

セルフダーマローラーの使い方

セルフダーマローラーの使い方

軽く転がしているように見えて、実はけっこう力入れています。

ニキビ跡だったりシワだったり、毛穴だったり気になる部分にやってあげてください。肌全体に転がすのもOKです。

0.5mm程度であれば血は出ません!「出血の恐れ」というのは、セルフダーマペンのようにありません。

あごの裏や首のところも一緒にやってあげるといいですね。首のシワにも効果があるので、シワに悩んでいる方もぜひ使ってみてください。

ダーマローラー後に美容液を塗る

次に、ダーマローラーを使った後に、美容液を塗ってあげると効果倍増です。

ダーマローラーで一時的に肌のバリア機能を下げて、美容成分をより深くまで浸透させられるのです。

ダーマローラーと相性がいいものとして、ダーマローラーリポペプチドという専用の美容液があります。

「ダーマローラーなんてマニアックなものに対して、専用の美容液を作るなんて攻めた美容液だな」と思ったんですが、結構いいです。

リポペプチドという「成長因子」だけでなく、ビタミンAまで入っているのでアンチエイジング効果もあります。

このリポペプチドは、ダーマローラーの後に使うだけがいいです。

美容皮膚科で行われるような本格的なダーマローラーの施術を自宅で可能にする美容液です。使って損はないです。

MEMO
これ以外にも、ヒト由来幹細胞の美容液や別の成長因子の美容液でもいいと思います。

「成長因子」は、ダーマローラーと相性がめちゃくちゃいいのでオススメです。

成長因子(グロースファクター)で効果が高くてコスパのいい美容液は?成長因子ヘビーユーザーが比較し尽くす!成長因子(グロースファクター)で効果が高かった美容液ベスト3!セルフダーマペンの後に使ってほしい。

ダーマローラー後にホホバオイルで保湿する

最後に美容液を塗った後に、ホホバオイルを塗るというのがわたしの手順です。

ホホバオイルは、ミネラルが豊富に含まれた、未精製のゴールデンホホバオイルを使用します。値段も安く、保湿効果も高い逸品です。

ダーマローラーは、わずかですが肌を傷つける行為です。ホホバオイルは、先住民族の間で傷跡を治すために利用されていたものなので、ダーマローラー後にオススメです。

ダーマローラーは最近注目されていて、下手な美容液とか下手な高級クリームを買うんだったら、1回ダーマローラーやった方がずっと肌がキレイになるといわれています。

ダーマローラーは、肌の自然治癒力を生かした画期的な美容グッズです。値段も高くないので、ぜひ試してみてください。

キヨキヨ

2 Comments

たか

とても参考になりました!

ローラーの方の間隔はどのくらい置いていますか?

ペンだとがっつりやったら2週間は最低でも空けないといけないイメージですが

風呂上がりにちょいちょいローラーやるくらいなら2日おきくらいですかね?

0.5ミリならノー麻酔で全然イケたので、調子に乗ってタバコ吸う感覚でちょっとした休憩時間にひたすらやってしまいそうです苦笑

返信する
kiyo2blog

ありがとうございます!
ローラーの間隔は、針の長さや強度にもよるのですが、2週間ほど置くのがいいかと思います!
育毛目的であれば頻度よく使ってもいいのですが、お肌のこととなると少し間隔あけたほうがよいかと・・・。
タバコ吸う感覚でダーマローラーって超おもしろいですね(笑) 肌の調子をみながら、適度に施術してみてください!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です