セルフダーマペンの針12本 36本 ナノ針の効果の違いとは?各針の種類による使い方とコツまとめ

セルフダーマペンの針12本 36本 ナノ針の効果の違いとは?

セルフダーマペンをするのに、いくつかの針の種類があります。人気があるものとして、12本の針と36本の針、他にもナノ針などあります。

「12本の針、36本の針どっちの方がクレーター治療に効果的なのか?」多くのダーマペンユーザーで議論がされることです。セルフダーマペンを始めたばかりの人(これから始める人) からすれば、どの針を使えばいいかわからないと思います。

セルフダーマペンを1年以上してきてすべての種類の針を試してきたわたしが、それぞれの針の使い方やどの針がオススメなのかについて解説します。

YouTubeの動画でも針の種類と使い方について説明しました!

セルフダーマペンの針  12本 36本 の違いとは?

ダーマペンの12本の針と36本の針の1番の違いは、その密度です

セルフダーマペンは、針の長さは自分で調整するものです。なので、針の「深さ」においては種類によって違いはありません。

しかし、12本の針と36本の針では密度が違うので、「刺さりやすさ」においては違いが出てきます。

12本の針の方が本数が少なく密度が低いので、より少ない圧力で深く刺すことができます。

対して、36本の針は、本数が多く針の密度が高いので、より強い圧力をかけないと肌に深く刺さりにくいです。

セルフダーマペンの針  12本 36本 の違い

セルフダーマペンの針  12本 36本 の違い

MEMO
12本の針は、(2・4・4・2)と針が並んで合計12本になっています。
36本の針は(5・8・10・8・5)と針が並んで合計36本になっています。

ダーマペン12本の針と36本の針の構造的違い

また、12本の針と36本の針はよーく見ると針自体の構造が違うんです。

12本の針は、一本ずつの針が真っ直ぐに並んでいます。対して、36本の針は、ギザギザな針が連なっている感じになっています。

セルフダーマペンの針  12本 36本 の違い

なので、針の本数から生じる密度だけでなく、そもそも針の作り的に12本の針の方が深く刺さりやすいような構造になっています。

手元に12本と36本の針を持っている方はぜひチェックしてみてください。よく見ると、それぞれで針の形が違います。

キヨキヨ

セルフダーマペンで12本の針 使い方

ダーマペン12本の針は、密度や形から考えて、皮膚に対して抵抗が少なく深く刺さりやすいです。

なので、「より深く針を刺したい」という方には12本の針の方がオススメできます。

しかし、12本の針だと36本の針に比べて単純に本数が少ないので、効率が悪く、セルフダーマペンの施術でも少し時間がかかってしまいます。

12本の針を使いたい方は、肌全体に施術すると言うよりも、少ないクレーター肌に対して使うのに有効な針です。

「クレーターが気になるけど範囲は狭い」方であれば、12本の針のほうがオススメです。深い凹凸が気になるには、12本の針を使いましょう。

公式ショップ:ダーマスタンプ12本の針

MEMO
ダーマペンは、楽天ショップ(アイボーテ)で買うことがオススメです。日本の企業が唯一しっかりと検品しているので、安心して利用できます。amazonでも売っていますが、中国から直接発送ですので、衛生面・保証面に不安が残ります。

セルフダーマペンで36本の針  使い方

12本の針に比べて、36本の針を使うメリットはその効率の良さです。本数が多く密度が高いので、手術における時間が少なくて済みます。

わたしは、今まで36本の針を多く使ってきました。なぜかというと、クレーター・ニキビ跡が肌全体にあるからです。

両ほっぺだとこめかみだけだけでなく、あごのラインや耳のそばにもニキビ跡やクレーターだったり、肌が凹凸しています。

ニキビ跡・クレーター肌治療前

肌全体に凹凸があったので、「効率の良さという観点から」36本の針を使っていました。圧力をかければ36本の針でも深く刺せます。

顔全体にクレーターがあるとセルフダーマペンの施術で、30分から1時間くらいかかってしまいます。長いほど精神的にも疲れるし、長時間続けられるものではありません。

また、時間がかかると麻酔クリームが切れるのも早いです。セルフダーマペンは、時間がかかると麻酔クリームが切れる恐怖もあります。

施術の効率を考えて、肌全体の毛穴の引き締めだったり、顔全体にクレーター肌がある方には36本の針がオススメです。わたしは、36本の方がよく使っています。

公式ショップ:ダーマスタンプ36本の針

わたし自身も、肌全体をセルフダーマペンしたい時は36本の針を使い、深いクレーターだけを集中してやりたい時は12本の針を使い分けています。

キヨキヨ

MEMO
12本と36本に大きな違いがあるわけではないので、今持ってる針をまずは使い切る形で十分です。

これから新しい針を買いたくて「12本か36本どっちがいいか」と悩むとき、用途に合わせて購入してみてください。

セルフダーマペン ナノ(nano)針 効果と使い方

最後に、セルフダーマペンでナノ針の紹介です。以前も、ダーマペンナノ針に関する動画を出しましたが、当時のわたしはナノ針についてよくわかっていませんでした。

実は、ナノ針っていうのは、全然「針」ではないんです。小さい石みたいなのが上にのってるような感じで、血が出ることもないし、針自体の「長さ」がありません。

なので、ナノ針でのセルフダーマペンは、広がった毛穴、ニキビ跡やクレーター肌に使うものではありません。12本や36本の針とは用途が違います。

ナノ針の使用目的は、美容成分をより深く浸透させるためのものです。ナノ針で表皮の抵抗を軽く削り、より深く美容液を浸透させるために作られたものだそうです。

もともと、肌の表皮(角層)には、紫外線や外部の刺激から肌を守るためのバリア機能があります。普通に化粧水や美容液を肌に塗ると、美容成分が全て浸透するわけではなく阻害されてしまいます。

このバリア機能を一時的に低下させて、化粧水や美容液の美容成分が浸透させるのがナノ針の効果です。わたしは、成長因子系の美容液を肌に塗る前に、ナノ針で軽く表面の抵抗を和らげてあげています。

ナノ針は、クレーター肌や毛穴に効果は期待できませんが、高級な美容液を持っている方は一度試してみてもいいですね!

キヨキヨ

ナノ針と類似したものとして、0.25mmのダーマローラーなどもあります。

セルフダーマローラーの自宅でも失敗しない使い方とは?一歩進んだ美容法マイクロニードルを試す!【毛穴・ニキビ跡】セルフダーマローラーの自宅でも失敗しない使い方とは?一歩進んだ美容法マイクロニードルを試す!【毛穴・ニキビ跡】

ダーマペンといえば、毛穴やニキビ跡治療で12本や36本の針が使われることがほとんどです。ナノ針は用途が違うので「一応そういうものもあるよ」という話でした。

セルフダーマペンの詳しい使い方についてはコチラ

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンで凸凹ニキビ跡が治った!? 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です