セルフダーマペン ナノ針の効果と正しい使い方!ビタミンC美容液との相性がヤバい。

セルフダーマペン ナノ針の効果と正しい使い方!ビタミンC美容液との相性がヤバい。

セルフダーマペンには「ナノ針」という12本や36本とは異なる針があります。

ナノ針は長さがないので使われていない方も多いですが、とてももったいないことです。

そこで、この記事ではナノ針が何を目的に使われるかの美容効果と、その正しい使い方について解説します。

ナノ針でクレーター肌や開いた毛穴治療はできませんが、美容液と組み合わせることで高い美容効果を獲得できるのです。

YouTubeの動画でもnano針の効果と使い方について説明しました!

ダーマペン  ナノ(nano)針とは?

セルフダーマペンのナノ針は、0.2ミリ程度と長さが短いのが特徴です。12本や36本の針は最大で2ミリほど針が出せるので、大きく違います。

一般的にセルフダーマペンは、開いた毛穴やクレーター肌の治療などに使われます。しかし、針の短いナノ針は真皮層まで届きません。表皮(0.25ミリ)までの施術範囲となります。

ナノ針は名前の通り、小さくて短く細かいシリコン製のナノチップが81個もびっしりと付いているものです。

これらのナノチップで表皮を削り、nano channel(ナノチャンネル)と呼ばれる通り道を表皮に作り出し、美容成分を奥まで届けることを可能にします。

nano針の後に美容液を塗ると、97%もの成分を肌に吸収させることができるといわれています。12本や36本の針を短く(0.2ミリ)施術しても、ここまでの浸透率にはなりません。

ダーマペンのnano針とは、美容成分をブーストアップさせる目的で使われる針なのです。

nano針が使われる目的
  • 表皮にある余分な角質の除去
  • 美容液を奥まで浸透させる
ダーマペン ナノ針の美容効果

ナノ針をアップした様子

ダーマペン  ナノ(nano)針の効果とは?

ナノ針だけを使うことで期待できる美容効果は

  • 色素沈着(ニキビ跡)の改善
  • 表皮細胞のターンオーバー活性化
  • 肌のアンチエイジング効果
  • 肌のキメが細かくなる

などが挙げられます。12本や36本との美容効果には劣りますが、表皮において効果を感じられます。

また、そのあとに塗る美容液の効果を倍増させられるので、使う美容液によって得られる美容効果も変わってきます。

もともと、表皮には肌を守るバリア機能があります。このバリア機能は、紫外線などから肌を守るだけでなく、美容成分の浸透を妨げるデメリットもあるのです。

ナノ針を使うことで、バリア機能を避けながら「美容液の通り道」を作ってあげるのです。特に、安定化が難しいビタミンCなどの成分は、ナノ針との相性がいいといわれています。

また、ダーマペンナノ針のメリットとして、施術直後に肌ツヤがよくなるのにダウンタイムが見られないことです。

ダーマペンの針は0.5ミリから赤みが出てきて、1ミリからは出血する可能性もあります。ナノ針は、ダウンタイムを気にせず手軽に使えるメリットがあります。

ダーマペンのナノ針 効果

ダーマペン  ナノ針の効果

セルフダーマペン ナノ針の使い方!

では、セルフダーマペンでのナノ針の使い方について解説します。

用意するものは、セルフダーマペン、ナノ針、スキンケア用品(美容液・オイル)で十分です。麻酔クリームなどは不要です。

順番としては、

  1. 洗顔(麻酔を洗い流す)
  2. 化粧水を塗る
  3. セルフダーマペンの施術
  4. 美容液を塗る
  5. オイル・クリームで保湿する

12本や36本と使う順番については変わりません。ナノ針は短いものですが針が付いているので、施術前に洗顔しておいた方がいいです。

ナノ針を使うときは、小さく円を描くように施術していきます。ナノ針をサークリングさせながら顔全体にスライドさせていきます。

ダーマペン nanoナノ針の使い方

ナノ針の使い方  円を描くよう滑らす

ダーマペンで長い針をスライドさせて使うことに否定的な意見もあります。それは、長い針でスライドさせると肌を傷つける可能性があるからです。

対して、ナノ針は極小の針なので問題ありません。スライドさせながら、肌全体にまんべんなく施術していきます。

施術後は、出血もないので水で洗い流す必要もありません。そのまま、美容液を塗っていきます。最後に、オイルやクリームで蓋をしてあげて終了です。

ダーマペン nanoナノ針の使い方

施術後のナノ針

MEMO

ダーマペンのナノ針と類似したものとして、0.25mmのダーマローラーもあります。手軽さではダーマローラーがいいですが、ダーマペンのナノ針の方が細かく美容効果も高く期待できます。

iHerbで0.25ミリのダーマローラーを安く購入することができます!→ダーマローラー

ナノ針を使う頻度・針の交換について

ナノ針を使う頻度ですが、ダウンタイムがないので毎週使っても問題ありません。1~2週間に1回がオススメです。

毎日使ってもダウンタイムがないので、見た目に影響はありません。ただ、角層を毎日剥がすのは肌に悪いことなので頻度は抑えましょう。

また、ナノ針も他の針と同様に、使い捨てた方が安全です。ただ、針の長さが短いので12本や36本と比べて1回の施術での消耗は低いです。

もし、同じナノ針を数回使いたい場合は、消毒を欠かさずに行ってください。

ダーマペンナノ針後の肌

ダーマペンナノ針後の肌

ダーマローラーの消毒液はどれがオススメ?セルフダーマローラーの消毒方法で忘れてはいけないこと。ダーマローラーの消毒液はどれがオススメ?セルフダーマローラーの消毒方法で忘れてはいけないこと。

ダーマペン ナノ針と使いたい美容液とは?

最後に、ダーマペン  ナノ針の後に塗りたい美容液をいくつか紹介します。

ナノ針の後にメラノCCがいい!

美容成分をより浸透しやすくさせることができるナノ針ですが、特に相性がいいのがビタミンC美容液です。

ビタミンC(アスコルビン酸)はシミ・色素沈着予防としても活躍してくれる美容成分です。アンチエイジング効果もあり、ぜひ使っておきたい美容成分であります。

しかし、ビタミンCは安定化がしにくいのが難点です。いくら高濃度のビタミンC美容液を塗っても、肌の奥まで浸透しない可能性も高いです。

なので、ビタミンC美容液こそナノ針との相性ばっちりです。どんな美容液でも大丈夫ですが、コスパがいいものでメラノCCのプレミアム美容液はオススメです。

ナノ針と成長因子美容液

また、ナノ針と成長因子の相性もいいです。成長因子は肌の基盤となる成分なので、ダーマペンを使ってより肌の深部まで届かせてあげます。

普段から使っている成長因子でも大丈夫ですが、わたしはプラセンタジェルを愛用しています。

ナノ針の後にプラセンタジェルを塗ってみたのですが、いつも以上に美肌になった感じがありました。順番としては、ビタミンC→成長因子ですね。


最後に、保湿としてバイオイルを塗っています。バイオイルは、傷跡・ニキビ跡に効果があるとされていて、保湿力も高いです。

以上、紹介したのは一例ですが、もちろんどのコスメでも問題ありません。お気に入りの美容液の後に使ってみてください。

ダーマペン ナノ針と美容液

ナノ針と美容液

注意
ハイドロキノンやトレチノインなど、副作用が強い成分はダーマペンとの併用はできません。

美容効果も高まりますが、副作用も増幅させてしまうからです。ビタミンCも、肌の弱い方はくれぐれも気を付けて使用してください。

セルフダーマペンの詳しい使い方についてはコチラ

キヨキヨ式セルフダーマペンの使い方・コツセルフダーマペンでニキビ跡(クレーター肌)の経過ブログ! 使い方と効果を解説 (ビフォーアフター画像あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です