税関から連絡がきた…CBDオイル・リキッドで逮捕される可能性と捕まる前に気をつけたいこと。

税関から連絡きた…CBDオイル・リキッドで逮捕される可能性と捕まる前に気をつけたいこと。

CBD製品が人気が出ていますが、麻から抽出したCBD成分は本当に安全なのでしょうか?

知らぬ間に、気持ちよくCBDオイルをなめていたら・・・警察が来て逮捕されるなんてことも考えるだけで恐ろしいです。

この記事では、CBDオイル・リキッドのヘビーユーザーであるわたしが、CBDの安全性= CBDで逮捕される疑惑について解説します。

また、CBD製品を購入することで東京税関から連絡があったので実体験を共有したいと思います。

CBDは成分として素晴らしいのですが、逮捕されないためにもブランド選びに気をつけることが重要です。

大麻草のTHC成分は一切認められていない

CBDオイルを使って逮捕される可能性があるとすれば、THC成分が混入されていることです。

麻からとれる成分として、大きく分けてTHCとCBDと言う成分があります。

CBDは、ご存知の通りリラックス効果があり、躁鬱病や不眠症などにも使われるものです。成分として悪いものはなく、健康的な意味で今後もその可能性が見直されて行く成分です。

対して、THCと言う成分は「ハイ」になる成分で、麻薬と呼ばれる原因の成分です。CBD製品には、こちらのTHCと言う麻薬成分が一切取り除かれていると言うことで日本国内でも販売が許可されています。

なお、大麻草から抽出・製造されたかを問わず、大麻草由来の成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を含有する CBD 製品は、「大麻」に該当しないことが確認できないので、原則として輸入できません。また、化学合成された THC は麻薬及 び向精神薬取締法で「麻薬」として規制されていますので、原則として輸入できま せん。 

関東信越厚生局麻薬取締部

上にあるのは、THCが入っていると「大麻」との区別ができないので、法律で規制されている、という意味のものです。

そもそも、CBDにも「大麻草から作られたもの」「大麻草から作られていないもの」の2種類があります。

後者であれば安全ですが、前者であれば可能性としてTHCが入っていることも十分にあり得るのです。

とは言っても、細かい成分が入ってるかどうかなど素人目に見て分かるわけもなく、CBD製品によっては、実際にTHCが混入されていたと発見されることもあるようです。

1つの例として、厚生労働省からCBD製品に関する記事があります。

ナチュラルドロップス3000  シナミントドロップス3000   プロフェッショナル2000

       

上記3種類の製品のうち賞味期限が「2021.06」とラベル内に表示されているものは、大麻取締法上の「大麻」に該当する疑いがある製品であることから、お手元に残っている場合には、最寄りの地方厚生局麻薬取締部、都道府県衛生主管部(局)薬務主管課または保健所宛てにご提出いただきますようお願いいたします。

例:大麻成分THCを含有する製品について

お手元に残っている場合には、最寄りの地方厚生局麻薬取締部、都道府県衛生主管部(局)薬務主管課または保健所宛てにご提出いただきますようお願いいたします。

とありますが、「持っていれば、保健所に(自主的に)連絡ください」というもので、強制ではなく自主性です。また、消費者がこのことに気が付くことも難しいでしょう。

基本的に、日本国内で購入することができるものは既に検閲がされていて基準をクリアしているものです。国内発送のCBD製品であれば問題無いといえます。

しかし、現代ではオンラインで海外の商品も購入できるようになったので、その時にもしかしたらTHCが混入してしまっているCBD製品を間違えて買ってしまうかもしれません。

自宅で使っているCBDオイルやリキッドが警察によって検閲されることなどは考えにくいですが、海外から製品が送られてくる前に税関に止められて、そのまま発送元に返送される可能性はあります。

MEMO
CBDオイルを使っていて逮捕されると言う事は、よほどのことがない限り起こらないと考えられます。物理的に、どうやって見つけられるのか…という話ですので。

CBDで合法=成熟した茎又は種子から抽出・製造されたもの

また、THCが入っていないからといって、CBDがすべて許されているわけではありません。CBDによっても、抽出するものが何かで変わってきます。

CBD製品にも「大麻草から作られたもの」と「大麻草から作られていないもの」がありますが、大麻草から取ったものでも、成熟した茎又は種子から抽出・製造されたCBD製品であることが決められています。

もし、それが大麻草の「茎」や「種子」ではなく「葉っぱ」から取れたCBD成分であれば、規制対象であり輸入不可なのです。

実際にCBDメーカーや輸入業者は、「大麻草の成熟した茎又は種子から抽出・製造された CBD 製品であること」を証明する内容の文書を提出する義務があります。

①証明書
「大麻草の成熟した茎又は種子から抽出・製造された CBD 製品であること」を証明する
内容の文書
●証明書には、以下の内容が記載されていることが必要です。
・書類の作成日
・製造元の責任者の署名及び肩書き
・輸入しようとする CBD 製品の CBD が大麻草の成熟した茎又は種子から抽出・製造
されたものであること

関東信越厚生局麻薬取締部

なので、CBD製品を販売している輸入業者は、自社製品の詳細情報についてデータを保管しています。心配であれば、CBD製品の証明書についてメーカーに問い合わせるのもいいと思います。

MEMO
もし税関に止められた場合は、輸入業者に問い合わせて製品がきちんと日本国内のCBD基準に適しているかの証明書を見せる必要があります。

税関から「CBD商品について話がある」と連絡がきました…

ちなみに、わたしはCBD製品を購入したことで東京の税関から連絡が来たことがあります。

CBD製品で税関から連絡

CBD製品で税関から連絡がきた

正直、めちゃくちゃ焦りました。特に、「大麻取締法」に関する部分で気を失いそうなほどビビりました。

こちらの製品は、実はCBD製品ではなくプロテインを輸入したときのことでした。普段から愛用しているNaturecanと言うCBDブランドが販売しているプロテインです。

基本的に、NaturecanのCBD製品は、国内発送しています。このように税関規制になる事はありません!

しかし、NaturecanはCBDブランドだと言うことで、製品紹介として挟まれていた資料にCBDと書いてあったので、こちらの税関から一応念のためと言うことで連絡がきたのです。

原因となったCBD冊子

原因となったCBD冊子(Naturecan)

恐る恐る税関に電話してみると、「あー、Naturecanさんのブランドですね。こちらの商品に関しては、まだ届けてがなかったそうなので商品情報を添付してもらってきてもらえますか?」と言うことでした。

すぐに、添付情報をいただき税関にメールしたらその2日後にはプロテインが届きました。ホッ…。

このことから、税関から電話が来た=逮捕されるみたいなことではないのと、普段から愛用しているNaturecanの他のCBD製品に関してはしっかりと税関の方でも把握されていると言うことがわかりました。

今回に限っていえば、たまたま新商品をわたしが購入したからこそ起きたことだったのですが、税関からCBD製品について連絡がきても焦らずにしっかりと業者に問い合わせてみましょう。

注意
※もし、海外製のCBD製品で基準が日本の基準に達していなかったとしても、そのまま転送されるだけなので逮捕されるなどの心配はありません。
グラスフェドプロテイン

グラスフェッドプロテイン(Naturecan)

ちなみに、プロテインもグラスフェッドプロテインと言って、牧草で飼育されてきた牛のミルクから生成したプロテインで、欧米の方で近年流行っている良質なタンパク質です。

CBDは入っていませんが、味もよく、飲みやすく気に入っています。クーポンコードも適応されます!

キヨキヨ

国内発送できるCBDブランドがオススメ!

捕まらないといっても、CBD製品を購入しただけで面倒なことに巻き込まれるのは嫌ですよね。

個人的には、いくら値段が安いからといっても、海外から発送されるCBDオイルやリキッドは買わないことにしています。

逮捕されないからといっても、せっかく購入手続きまでして日本に来たのに返送されてしまうなんてごめんだからです。

かといって、日本国内のCBDブランドは値段が非常に高いです。例えば、新宿の伊勢丹などにも置いてあるヘンプタッチと言うCBDの老舗ブランドだと、15%のオイルで22,000円ほどします。

CBDの良さは、医薬品ではないので副作用を感じることなく継続的に利用できることです。

それなのに、値段が高すぎて毎日使えないと言う事となるとCBDの魅力半減してしまいます。そこで、先ほどもオススメしたNaturecanと言うイギリスのCBDブランドがオススメです。

イギリスのブランドと言うことで海外のメーカーではあるのですが、日本の長野県にも倉庫を持っているので国内発送になります。

Naturecanは国内発送される

Naturecanは国内発送される

税関に呼び出されることもなく、注文してから2-3日程度で届きました。品質の高いのに値段が安く、コスパが非常に良いブランドなので今後も日本国内でも人気が上がっていくことでしょう。

キヨキヨ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です