CBDオイル・リキッドで効果ないのは当たり前。15%以上の高濃度でないと効き目は感じられない!

CBDオイル・リキッドで効果ないのは当たり前。15%以上の高濃度でないと効き目は感じられない!

CBDオイルやリキッドを試しても効果がないと感じていませんか?

はっきり言って、濃度が記載されているものでなければCBDの効果は期待できません!

きちんと効き目を感じるには、最低でも5%以上のCBDオイルがいいですし、効果を感じにくいと言う方は10%以上の濃度が必要です。

この記事では、あらゆるCBD製品を使い倒してきたわたしが、効果が感じられたものとそうでないものの違いについて解説します。

また、CBDオイル・リキッドでの効果を感じやすい摂取方法もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

注意
CBD製品に無駄に高いお金を払う必要はありませんが、「初めて使うから」と安過ぎるものを買うと効果を感じられないので注意が必要です。

CBDは高濃度でないと効果がない!

CBDオイルもリキッドもリキッドもある程度、高濃度のものでないと効果は感じられないはずです。

最近では需要が増えてきたこともあり、CBD製品もかなりピンキリです。安いCBD製品は効果があるのでしょうか?

値段が安すぎるCBDオイルは効果がない?

まず、値段が安いCBDオイルは効果が感じられないでしょう。「安いものは全部だめ」ということではありませんが、基本的に値段と成分濃度は比例します。

「初めて買うから安いものから」という気持ちもわかりますが、効果が感じられない失敗をする可能性があります。

わたし自身はこちらの楽天市場で割と人気なサプリプラスのCBDオイルを使いましたが、ほとんど効果を感じられませんでした。

サプリプラス CBDオイル

サプリプラス CBDオイル

全く効果がないと言う風なことではありませんでしたが、特に飲む必要がないと感じてしまいました。(今でも、大量に残ってます)

レビューも高かったので期待しておりましたが。CBDオイルの相場としてきちんと効果があるものは数千円では買えないと実感しました。

キヨキヨ

不眠症に対してCBDオイルの効果を感じたのは15%から

その後、「CBDオイルは効果がない」と思い、しばらく使っていませんでした。

しかし、仕事のストレスで「寝付きが悪い」「寝ても疲れが取れない」といった症状が出ることがあり、もう一度試してみることにしました。

わたしが使ってみたのは、新宿の伊勢丹などでも販売されている老舗ブランド「ヘンプタッチ」の高濃度15%のオイルです。

正直、その時は値段が高かったと言うこともあり買うことに抵抗がありましたが、睡眠薬などを飲みたくなかったので使ってみました。

ヘンプタッチ15%CBDオイル

ヘンプタッチ15%CBDオイル

結果として・・・CBDオイル15%の効果は非常に高かったです!「これが本当のCBDオイルか」と、感じられました。

安くて濃度が薄いものだとCBDそのものの効果に疑いを持ってしまうと思いますので、高濃度なものを試してみるとCBDの良さを実感できます。

CBDに対して疑念があっても、1度は10%以上の高濃度を試すべきです。そのあとに、今後もCBD製品を使いたいか、自分で決められるます。わたしは継続利用しています。

個人的に、睡眠に問題があるので使うには、15%から20%の高濃度のオイルがオススメです。

しかし、そこまで悩んでいるわけではなく、日々の効果を実感したいと言うことであれば、5%から試してみるのもいいと思います。

MEMO
摂取量にもよりますが、5%ほどあればどんな人でも効果は感じられるはずです。

5%はCBDオイルの効果をしっかりと感じるための最低ラインです。

性別・体格によってCBD摂取量は異なる

また、性別や体格によってもCBDの効果を感じられる摂取量は変わってきます。

「欧米産のコロナワクチンの量が日本人にとって多すぎるのではないか」、と話題にもなっている通り、体の大きさによっても効果を感じられる成分量は違ってくるのです。

例えば、わたしは15%のCBDオイルに強く効果を感じて今でも利用していますが、華奢な体型の女性であれば、同じ量を摂取する必要はもちろんありません。

逆に、体の大きな人は、高濃度のものをより多めに摂取する必要があるかもしれません。自分の体に合わせて適切な量を調整してください。

CBDオイルで感じられるCBDオイルの摂取量は、性別・体格・年齢によっても様々です。

1つの目安として、わたしがCBDオイルをよく購入しているNaturecanと言うCBDブランドのウェブサイトには、年齢・性別・体格を考慮したオススメの摂取量について測定することができます。

CBD摂取量の目安

CBD摂取量の目安

※かなり大雑把な計算であるのと、メールアドレスを登録しないといけないのでご注意ください。

体のサイズや年齢の高さといった部分だけではなく、どれほど深刻に症状に対して悩んでいるか、と言うことも摂取量に寄与します。大事なのは、自分で効果があると感じられているかどうかと言うことです。

わたしも、ストレスがひどい時や興奮して寝付けない時は、より高濃度のCBDオイルを多めに摂取しています。

Naturecanを知ってからは、値段が安いこともあり20%のCBDオイルを服用できています。寝付けない夜やストレスが溜まっている日に大事に飲んでいます。

キヨキヨ

MEMO
現在、CBDオイルがもっとも安く買えるのはNaturecanです。

品質もよく、5%以上の高濃度のCBDオイルが相場の半額以下で購入できます。購入するときは、クーポンコードを忘れずに!

高濃度CBDオイル40%の効果がヤバい

高濃度CBDオイル40%の効果がヤバい

CBDオイルとリキッドはどちらが効果が高いのか?

CBD製品には、オイルとリキッドがあります。

では、CBDオイルとCBDリキッドではどちらが効果があるのでしょうか?

濃度も製品によって違うので、飲むオイルと吸うリキッドを簡潔に比較することは難しいです。

その中でも、リキッドというものは、VAPEで吸って水蒸気としてすぐに出るので、短期的な効果になります。

対して、オイルは口から摂取するものなので、時間をかけて体内をめぐっていきます。すぐに効くというより、じわじわと効いていくものです。

睡眠改善などであれば飲むタイプのCBDオイルの方がいいですが、日常生活でリラックスしたいのであればVAPEでリキッドを吸う方がいいです。

MEMO
高濃度のCBDオイルを舐めると、効きすぎてしまってリラックスするので集中できなくなります。夜はオイル、朝はリキッドを使うのがオススメです!

次に、CBDオイルとリキッドの効果を感じられる適切な服用方法について解説します。

CBDオイルの正しい摂取方法!舌下で摂取する

CBDオイルの効果的な摂取方法として、舌の下にオイルを直接なじませる方法(舌下摂取)があります。舌には粘膜があるので、そこから体に吸収させるのです。

ただ口に含ませる(経口摂取)でも良いのですが、舌下に入れてゆっくりなじませてあげる方が効果を感じられています。

CBDオイルの使い方(舌下摂取)

CBDオイルの使い方(舌下摂取)

「15-30分で効果が現れ4時間ほど効果が持続する」とも言われていますが、濃度によって効き目は違いますので参考までにどうぞ!

CBDリキッドの正しい吸い方とは?

CBDリキッドの効果的な吸う方法は、肺に数秒間吸い込むようにしてあげることです。

タバコのようにぷかぷかとなんとなく吸い込むだけでもいいのですが、より効果を感じるために肺の中にすーっと吸い込むような感じです。

CBDリキッドをVAPEで吸う

CBDリキッドをVAPEで吸う(イメージ)

正直、CBDオイルやリキッドで正しい方法が公式的に発表されているわけではなく、なんとなく我流で効果が良かった方法を紹介しています。

自分に合った方法もあると思いますので、ぜひいろんな形で試してみてください。こんな方法は良かったと言う意見があればぜひコメント欄で教えてくださいね。

キヨキヨ

安全かつコスパ最強のCBDブランドはNaturecan!

最後に、わたしが利用しているCBDオイルのブランドをご紹介します。イギリス発祥のNATURECAN というブランドです。

マイプロテインの創業者のひとりが始めた会社ということで、世界的にも注目されているCBDオイルの会社です。

わたしが、NATURECANを利用してる理由・・・それは、値段が安いからです!(超大事)

使ってみるとわかりますが、CBDオイルは本当にいいです。とにかく、イライラしたときにもよく眠れます。下手な睡眠導入剤なんかよりも害がないし、オススメです。

しかし、問題は値段が高いこと。わたしが初めて購入したCBDオイル15%は、楽天市場で22000円しました・・・。高いですね。

hemptouchというブランドで、新宿の伊勢丹などでも置いてあるほど、良質で認知度の高いブランドです。しかし、高い。

同じ15%のCBDオイルでも、hemptouch と NATURECANだと、約半額ほど違うのです。内容成分はほとんど同じなので、効能として何か変わるものではありませんでした。

安さの理由は、海外展開してるからだと推測できます。さすが、世界一安いプロテインブランドとして有名だったマイプロテイン出身の経営者だけあって、NATURECANも高品質で値段も安いです。

専用のクーポンコードを入力すると、15%オフになります!

MEMO
初めてのCBDオイルでオススメ濃度は15%です。濃度が弱いと体が慣れてきてしまうので、15%- 20%あたりがきちんと長く効き目があるので推奨します。

YouTubeの動画でも、NATURECANについてご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です